宣伝とか大雪とか   

2014年 06月 28日
ご無沙汰です。

6月は20日ごろまでほぼ調査でした。俺頑張った…!笑
その調査の様子を、北大の研究林のブログで取り上げてもらいました!
良かったら見てください(^^)

一昨日、昨日は大雪山へ高山蝶を見に行っていました。
b0178466_11383989.jpg

バキ、ダイタカ、アサヒ、今出てるやつ全部見れたぜ( ̄▽ ̄)b

b0178466_1139172.jpg
ウスバキチョウ Parnassius eversmanni daisetsuzanus Matsumura, 1926

b0178466_11392962.jpg
ダイセツタカネヒカゲ Oeneis melissa daisetsuzana Matsumura, 1926

b0178466_11394918.jpg
アサヒヒョウモン Clossiana freija asahidakeana (Matsumura, 1926)

バキだけはあんまとまらんくて証拠写真しか撮れんかった(T_T)

ついでの虫採りは河川敷にて。

b0178466_11401368.jpg
エゾカミキリ Lamia texor (Linnaeus, 1758)

b0178466_1140397.jpg
ヤマナラシモモブトカミキリ Acanthoderes (Psapharochrus)clavipes (Schrank,1781)

いよいよ北海道も夏の虫のシーズンに入ったような気がします。
ヤマナラシモモブトを採った場所では1頭だけですがオオイチも目撃。
射程距離に入ったのに慌てすぎて振り逃げ(T_T)

約2週間後、7月8日からはオオイチとかカミキリとか狙って1週間くらい道北・道東をぐるっと回ってきます!
今から超楽しみ( ̄▽ ̄)
[PR]

# by taiyaki-i | 2014-06-28 11:42 | 雑記

はや2週間   

2014年 05月 17日
北海道へきてはや2週間が過ぎました。
早いものです。

調査や論文漁りの合間を縫って、虫採りにもちゃんと出かけています。
ていうか遊ぼうと思えばいくらでも遊べるけど、いざ東京に戻ってさあ卒論!ってなったときにそのツケが回ってくると思うと迂闊に動けない( ̄▽ ̄;)
あと金。笑

11日は旭川へエゾヒメギフ採集に、それ以外にも時間を作ってオサトラを仕掛けたりしていました。

b0178466_21551221.jpg
エゾヒメギフチョウ Luehdorfia puziloi yessoensis

割と暖かい日本海側で掛けたトラップには・・・

b0178466_21555084.jpg
オオルリオサムシ Damaster gehinii gehinii (Fairmaire, 1876)

まさか20頭以上のオオルリがこの時期から採れるなんて思ってなかった( ̄▽ ̄)
嬉しいけど、嬉しいけど一カ所でそんないらないw

千歳周辺でも今日4頭採れてます。
今年はどうやら春が早い年のようで、そのせいかも。
それ以外にも勇払原野でセスジアカガネとか採れました。

採集記は時間ないんでパス( ̄▽ ̄;)
たぶん北海道での虫採りは採集記書かないです、ネット使える場所も限られてるし。

まさかこんなに簡単にオオルリ採れると思ってなかったから、シーズンめいっぱい使って近場でオオルリ採る予定だったけど、この調子なら5月中には近場の個体は抑えられそう。
時間あったらニセコとかにも行けるかな・・・?あとお金。笑
[PR]

# by taiyaki-i | 2014-05-17 21:57 | 雑記

北の国から   

2014年 05月 06日
お久しぶりです。
今、俺どこにいると思います?
北海道です( ̄▽ ̄)(タイトルで分かる)

卒論研究で院試の時期を除く5月から9月まで、約4か月北海道生活です。

北海道といえば、オオイチにオオルリオサ、アイヌキン、ジャコウカミキリ、エゾ、カラフトトホシハナ・・・。
挙げ出したらきりがない。

まあ研究で来ているので論文読んだりちゃんと調査したりしなきゃいけないんですけど、時間の許す限りは北国の虫と触れ合いたいと思います。

今週末は旭川までエゾヒメギフを狙いに行く予定。
オサトラも順次仕掛けていこうと思っています。
まずは千歳周辺のオオルリとセスジアカガネかなー
[PR]

# by taiyaki-i | 2014-05-06 15:41 | 雑記

半島マイマイ探し   

2014年 03月 23日
学会のあと実家に帰省して、東京に戻るついで?に伊豆と房総でマイマイを探してきました。
採集記を書こう!と思ったのですが、デジカメにSDカードを挿れ忘れていたため写真が取り出せない(取り出せるけどケーブル探すのがめんどくさい)ので、結果だけ書いておきます。

イズマイマイ・・・10頭
ボウソウマイマイ・・・ボウズ

イズマイマイは最後の最後にヤナギの洞から出てきました。
普段だったら絶対に探さないほど奥の方の隙間に入り込んでいました。
たぶん今まで採れてなかった場所はちょっと洞の中探しただけで諦めているのに見つけれてなかったんだろうな・・・(>_<)

ボウソウマイマイはやっぱり厳しい。ほんと運ゲーだわこれ笑
[PR]

# by taiyaki-i | 2014-03-23 19:49 | オサムシ

3/13 広島県 学会のついでに   

2014年 03月 19日
昆研の後輩は東南アジアに行ってトロピカルな虫と触れ合っているようですね。
日本の虫の方が好きでも、写真とか見てると一回くらい行きたいなーって思うわ( ̄▽ ̄)

自分は14日~18日まで、広島で行われた生態学会大会に参加してきました。
せっかく広島行くのに学会だけではもったいない。
ということで、前日入りしてモンクロベニを探してきました。

学会前日の前日の夜、横浜駅。
いつもの遠征なら夜行バスで行くところ。
なんですが、夜行列車・寝台列車が少なくなった現在、せっかくサンライズ瀬戸出雲という素晴らしい列車が走っているので今回は寝台特急で広島へ向かいます。

b0178466_1102517.jpg

b0178466_1104459.jpg


サンライズ!寝台特急!高まる!(((o(*゜▽゜*)o)))

b0178466_111553.jpg

今までさくらと北斗星は乗ったことあったけど、個室は初めて( ̄▽ ̄)

予想以上に広い!
虫採り用の荷物と学会用の荷物があるのでリュック2つにスーツケースというわけわかんない荷物量になってますが、ベッドにまで進出してくることもなく、非常に快適。

室内灯をつけていると窓に反射して外の景色が見にくいんだけど、灯りを消すと外の景色も見えて夜中の車窓を見ながらゆったりビール飲むとかお洒落ーとか思いながら過ごしていました笑


翌朝は6時半ごろ岡山駅着。
もちろん快眠でしたよ( ̄ー ̄)
ここからサンライズは出雲と高松に別れていってしまうので、ここで降りて新幹線に乗り換え。

b0178466_1113721.jpg

素晴らしい旅だった!ありがとうサンライズ!
寝台列車はやっぱり無くならないでほしい。

広島には8時前着。
ちょうどレンタカー屋のオープンに合わせて着くから時間の無駄が無い!

ちなみに今日は午後2時くらいまでは雨予報。
まあ材採だし、気温高いし、大丈夫、うん、たぶん・・・。

車を走らせ、目的地へ。

b0178466_1115662.jpg

モンクロベニは雑木林の伐採地に依存するカミキリ。
幼虫は伐採地の粗朶に入り成虫越冬するということなので、伐採地を歩いて落ちている材を探します。
ただ、モンクロベニが好む伐採地は限定されているらしく、良い伐採地が見つかればそこそこ採れるだろうけどもし見つからなければ・・・。
まあそうなったらモンクロベニよりは採りやすそうなアカネキスジトラにシフトします( ̄▽ ̄)

伐採地を歩いてみると、笹薮の中に伐られた木が置かれています。
その一つを割ってみると、中に食痕が。

b0178466_1121171.jpg

これがモンクロベニ・・・?なんか違うような・・・。もっと食い荒らしてる印象。
そもそもこれがコナラ材なのかすらわかっていません( ̄▽ ̄;)

しばらく探してみましたが見つからないので移動することに。
モンクロベニの場合は一つの場所で狙うよりもできるだけ多くの伐採地を周った方が採れる確率は高いだろう。

粗朶もあるし、

b0178466_1122838.jpg

成虫採集ならこれくらいの場所なのかなーって感じなんだけどね。

b0178466_1124365.jpg


b0178466_113199.jpg

ここはコナラじゃなくてクリが多かった。
クリじゃだめですよね。

b0178466_1131683.jpg

こっちは新しすぎ。
来年・再来年あたり萌芽が良い感じに出てきて成虫採集にいいかも。

何か所か伐採地を周りましたが、予想外のアクシデントで1時間ほど動けなかったこともありボウズのまま15時すぎに。
さすがにここまで来るともうモンクロベニを狙う気力は残っていません。

採れるかどうか分からないけど、近くにアカネキスジトラの産地もあるので最後にそこへ行くことに。

車を停めて遊歩道のようなところを歩いてみると、エゾエノキがちらほら。
ケヤキとは明らかに違うし、よく見るただのエノキ?よりも樹皮が白く目立ちます。
事前に葉がエノキに比べ鋸歯が目立つという区別点は調べていたのですが、確かに地面に落ちている葉を見るとエノキとケヤキを足して二で割ったような感じ。
上を見て枝が折れているようなところのちょうど下の地面を見ると、ちゃんと落ち枝があります。
落ち枝も白く、すぐにエゾエノキの落ち枝であると分かりました。

折ってみると早速食痕が出ました。
食痕に沿って枝を割っていきますが、出たのはキマワリの幼虫。
まあ予想していたこと。

別の材を折ってみるとまた食痕。
意外と個体数密度高い・・・?

慎重に割っていってみると食痕の中に空間があり、そこから脚が。
え、こんな簡単に採れるもんなの?

b0178466_1133273.jpg
アカネキスジトラカミキリ Cyrtoclytus monticallisus Komiya, 1980

残念ながらすでに息絶えていましたが、完品なので採れたことにします( ̄▽ ̄)
中国~近畿地方にのみ生息するため、モンクロベニほどではありませんが東京にいてはなかなか採りに行けない虫。

写真で見たときはなんかキスジトラみたいで採集意欲湧かないなーって感じだったけど実物全然違う!
これはかっこいいわ。

b0178466_115562.jpg

入っていた材はこんな感じ。
トラカミキリらしい材部の食痕。

もっと粘りたかったのですが、午前中の雨で靴がずぶ濡れ、雨上がりの気温低下で足の冷えが限界だったため食痕のある材を少しだけ確保して終了。
材は学会が終わって帰省してから解体します。

しかし、こんな30分強で採れるとは・・・。
モンクロベニとの落差もあるけど、俺の中だとだいぶゆるげー・・・( ̄▽ ̄)

夕飯は広島駅でお好み焼き食べました(^^)

b0178466_1154082.jpg

広島はお好み焼きとカープともみじまんじゅうに染められてた。笑


今回はモンクロベニは採れなかったものの同じく東京にいては採りに行きにくいアカネキスジトラを採れた?ので良しとします( ̄▽ ̄)
モンクロベニは今度は5月に行こう。できれば今回の採集が下見として活かせる来年に・・・!
ちなみに広島の主目的の生態学会ですが、こちらも興味深い発表が多くモチベーションが上がりました。
とりあえずもっとフィールド出なな( ̄▽ ̄)


採集結果

アカネキスジトラカミキリ

P.S.

名古屋に帰ってきて、今日とってきたエゾエノキ材を割りました。
結果幼虫2頭、うち1頭直撃。

b0178466_10593089.jpg

トラカミキリ類の幼虫だとは思いますが、アカネキスジでもこの時期幼虫の個体っているんだろうか。
中国地方でエノキ類っていうともう1種思い当たるトラカミキリがいるんだよね。もっと平地の方に多いイメージだけど。
[PR]

# by taiyaki-i | 2014-03-19 11:07 | 採集記