<   2013年 09月 ( 4 )   > この月の画像一覧   

日本産オサムシ図説   

2013年 09月 30日
買いました。
b0178466_10224180.jpg

やばい。
亜種の分布域とか細かく載ってやばい。
知らん間に亜種増えててやばい。
2012年に新種記載されてたとか初めて知ったわ笑

これならどこ行けばどの亜種が採れるか、どこで採ったのがどの亜種なのかすぐ分かるので重宝しそうです( ̄▽ ̄)
[PR]

by taiyaki-i | 2013-09-30 10:23 | 雑記

どやあ   

2013年 09月 23日
b0178466_1146133.jpg
b0178466_11462577.jpg
ダイコクコガネ Copris ochus Motschulsky, 1860

b0178466_1146351.jpg
b0178466_11464633.jpg

( ̄▽ ̄)
[PR]

by taiyaki-i | 2013-09-23 11:48 | その他の虫

9/18 長野県 苦行!徒歩往復20km   

2013年 09月 20日
8月末、後輩から一通のメールが。

「コブ叩きをしてみたいんですけど、どこか良い場所ありませんか?」

どうも合宿で初めてコブを見てコブの魅力に取りつかれたやつがいたりとかで、2年何人かでコブ叩きに行きたいらしい。
とりあえず日帰りで行けるところということで富士山周辺のフジ・セダカポイントを教えてあげました。

そして数日後。

「行ってきたんですけど、一頭も採れませんでした」

うーん、一人ならまだしも複数人で行ってあの場所で1頭も採れないってことは無いと思うんだけど…(゜_゜)
俺も行きたい場所があったので、今度は俺も一緒に行くことに。
まああそこならさすがに…

17日

18時半に大学で合流。
今回は俺と後輩の2年がトシとdazai39の二人。
今回のターゲットはアカガネカミキリとタダコブ×フジコブのハイブリッド。
一昨年に荒川沖さん、take3さんと一緒に行った場所です。
目的地周辺までのルートとして遠回りしつつも高速で近くまで行く方法とおそらく最短距離で下道を60kmほど使う方法があります。
前者は後者に比べ70kmほど道のりが長くなるため、ガソリン代&高速代節約のため最短距離で行ってみることに。

そして高速を降りて下道を走って15kmほど行ったところで電光掲示板にまさかの文字が。

「(目的地)方面土砂崩れ通行止め」

ぐは(^ρ^)
台風(^ρ^)

すぐに引き返して遠回りルートに変更。
うわーガソリン代と高速代の無駄だー(T_T)
予定通り行けば車中泊する場所でムラサキシタバ採れたかもなのに…。

ちなみにこの後も台風に悩まされます。

高速に乗って、0時前に近くのSAに到着。
深夜割を使うためにここで4時前まで寝ることに。

18日

朝3時半に起床。
言うてそんながっつり寝れなかったけど笑

まずは朝のうちにアカガネを狙います。
5時前にポイント周辺着。

b0178466_10291449.jpg

朝焼けきれい!

明るくなるのを待ってから歩き始めます。

b0178466_1029368.jpg

木が多いエリアに入ってすぐ、ちょっと高い位置ですがナナカマドの枯れ枝がありました。

b0178466_10295089.jpg

叩いてみると、早速アカガネが。

b0178466_1030543.jpg
ホンドアカガネカミキリ Plectrura (Phlyctidola) metallica yoshihiroi TAKAKUWA, 1984

やっぱりカッコ良いかわいい!

その後すぐにトシの網にも落ちた様子。

一昨年は道沿いを中心に叩いていたので今回は林内も叩いてみることに。

林内でも一応は落ちます。

b0178466_10302560.jpg

けど、歩きにくいし道沿いの方がよく落ちるみたい。
最終的に俺3頭、トシ5頭、dazai39が1頭という結果。
まあ初めての2人も採れたし、俺は3頭採れれば十分よ( ̄▽ ̄)

エゾリンドウが咲いていました。

b0178466_10304055.jpg

花びらが開かない種類らしい。
マルハナバチは無理矢理中に潜りこんでいました。

まだ時間は7時。
コブ叩きには十分すぎるほど時間が残っている…と思ってた、ここまでは。

山を下りて、コブのポイントへ。

1時間ほど車を走らせ、ポイントの林道に入ろうとすると…

大雨のため通行止め

また台風かよちくしょおおおおおおお!!!!!!!!!

採れるエリアまでそれなりに歩く必要がありそうなので、近くで良さそうな環境がないか探してみることに。
が、結局いい場所は見つからず、林道歩きを敢行することにしました。
最初の予想では片道6kmほど。
まあ6kmなら…6km「なら」ね。

目的の場所は一昨年も採れた沢沿い。
歩き始めると最初は植林帯でしたが1時間ほどで広葉樹林帯が出現。
このあたりから枯葉があれば叩いて行きますが乾燥しているせいかコブは落ちてきません。

最初は6kmくらいで沢に着くかと思ったのですが予想以上に距離があるようでなかなか現れません。
そのうちトシはこのあたりで探していますと若干グロッキー気味( ̄▽ ̄)

トシと別れてすぐ、ミヤマハンノキ?の枯れ枝があったので叩いてみるとやっと本日1頭目。

b0178466_10311976.jpg
コブヤハズカミキリ Mesechthistatus binodosus binodosus (WATERHOUSE, 1881)

これはただのタダコブかな。若干寸詰まりな気はするけど。

さらに歩いて行くと一昨年のポイントではありませんが沢が現れました。

b0178466_10313378.jpg

ヤマブドウやキイチゴの仲間が多く、コブがいそうな雰囲気だったのでここでも沢に入ってみることに。
突撃する前に昼食を食べようとリュックをおろすと、なぜかリュックにコブがついていました笑

b0178466_10314419.jpg

いつくっついたんだろこいつ?笑

昼食を食べ終え、まずは手前にあるヤマブドウのブッシュを叩いてみることに。
ルッキングだとめんどくさそうだったので一番密集しているあたりを叩くと落ちてきました。

b0178466_10315419.jpg

ここでは他に追加1頭。

さらに歩き続けて沢を2,3個超えるとやっと目的の沢に到着。

b0178466_1032857.jpg

気付いたら10kmほど歩いていました。
すでに足が痛い( ̄▽ ̄;)

時間もあまりないので早速突撃。
ヤグルマソウの枯葉から落ちてきました。

b0178466_10322548.jpg
b0178466_10323516.jpg

枯葉の方ピントあってないけど…

ルッキングでも見つけれた!

b0178466_10325086.jpg

どこにいるか分かりますか?

b0178466_1033361.jpg

やっぱりこの場所は個体数が多い!
ただ、入口に近い方と比べるとどうもタダコブらしい個体が多いというか、あんまり微妙な個体がいないというか…。

本当はもう少し奥まで行きたかったのですが集合時間が迫っているのでここで引き返すことに。
dazai39も最初に俺が突撃した沢の周辺にいるみたい。
もう少しだけ頑張って奥までくればよかったのになー( ̄▽ ̄)

帰り道は行きに通り過ぎた沢にも突撃していきます。

b0178466_10332034.jpg

やっぱりいる。

集合場所より少し奥の沢でdazai39と合流。
コブは採れていない様子。
沢の中に入ったか聞いてみるとちょっとは入ってみたけど採れるか採れないかよく分からないのであまり熱心に探してはいないとのこと。
奥の方まで入っていってみると、1頭だけでしたが採れました。

b0178466_1034576.jpg
左側・帰宅後撮影

こいつが一番ハイブリっぽい気がする!
寸詰まりだし白紋もなんかフジコブっぽさがあるし…。
植生的には奥の方の沢とあまり変わんないし、手前側で個体数が少ないのは雑種崩壊が起きてるんだろうか…?

トシは先に車に戻っているようなので速足で戻ります。
この先戻る途中は何も採れず。
車に戻ると文字通り筋肉が凝り固まって脚が棒のようになっていました笑
膝曲げると筋肉が伸びるのがすごい分かるw

結局2年二人は坊主で俺が11頭。
ほんとなら車横付けで採れるような場所なんだけどなー。
コブ初心者の2人にとってはなかなか厳しい採集だったか( ̄▽ ̄)
俺も歩いてるとき苦行だ…って思ってたしw

頑張って歩いて坊主じゃかわいそうなので1頭ずつあげました。
ちなみに通行止めは俺らが車に戻ってきたのとほぼ同時に解除されてましたよん\(^o^)/

最後に少しだけとある虫を探しに行きましたが場所も時期も微妙だったのでいませんでした。
また春にでもリベンジかなーこいつは。


アカガネは3人とも採れて良かった(^^)
割と簡単に採れる場所として今回この場所を選んだわけですが、コブの方は台風のせいで予想外に厳しい採集になってしまいました。
まあ俺は採れたから満足だけど( ̄▽ ̄)
それに最後の一番ハイブリらしい個体が採れた沢なんか歩かなきゃ見なかっただろうし!
歩いて良かったこともあったかな笑
今度同じ場所へ行くことがあったら、もっと手前の方を一生懸命探索してみる必要がありそうです。
沢に沿って奥まで行ってさらに林内に入っていくって感じで見て行けば採れるかな?
出来ればあの林道沿いでフジコブもしくはフジコブベースのハイブリが採りたい!ていうかいてほしい!


採集結果

コブヤハズカミキリ、アカガネカミキリ、オオセンチコガネ
[PR]

by taiyaki-i | 2013-09-20 10:39 | 採集記

9/1~3 北海道 北海道遠征?   

2013年 09月 05日
7月末に研究室への配属がありました。
希望している研究室は学科で一番人気のある研究室だったのですが、無事に配属が決定!\(^o^)/
早いうちから調査の手伝いとかに行って感覚をつかみたいと思っていたところ、北海道の昆虫の調査に一緒に行かないかとのお誘いが!!
北海道!(゜▽゜)
これは行くしかない!
ということで二泊三日の北海道遠征?に行ってきました。

1日

8時半の飛行機に乗るため、4時半起きで羽田へ。
個人的に仕掛けるトラップ用のコップとかあるから荷物が多い…(´Д`;)
そしてまさかあれを持って電車に乗るとは思わなかった( ̄▽ ̄;)

空港で合流し、いざ北海道へ!
気付いたら新千歳に着いてました笑
飛行機はえー( ̄▽ ̄)

北海道の天気は曇り時々雨といった感じ。
傘を差さなければいけないほどの雨が降るときもありますが、行動中は降っても霧雨がほとんど。
3日間ともそんな感じでした。

今日は調査地の下見とかだけ。
まあ調査地まで空港から結構距離あるので、それだけで半日使っちゃいます。
北海道だとほんと距離感とか方向感覚機能しないわ…(-_-;)
地図上で見たら近そうなのに実は100kmくらい離れてるっていうね笑

下見中にはキタキツネが見れましたー(´▽`)

夜は回転寿司(*^^*)

b0178466_7593713.jpg

ネタ大きいしうまいのに安い!

そして工場夜景が激アツ( ̄▽ ̄)

b0178466_802883.jpg

工場夜景ハマる人いるの分かるわ笑
要塞感ハンパない!

2日

今日はいよいよ調査のピットフォールトラップを仕掛けます。
たぶん俺も自分の調査でピットフォールを掛けることになると思うので、どんな感じでやっているのか、時間はどれくらいかかるのかなど知っておきたいところ。

b0178466_805889.jpg

こんな草っぱらを車で入っていったりしました。

b0178466_811672.jpg

やっぱね、個人的な趣味でコップ埋めてくのとは違うね、時間も労力も。
これを一人でやろうと思うと色々と工夫が必要だな…

時間はだいたい5時間くらいかかったのかね。
いやーまさかトラップ仕掛けるだけでそんな時間かかるとは思わなかった( ̄▽ ̄;)
俺らはまだ趣味の延長として頑張れるけど、これをド素人がやろうとするとたぶん途中で心折れる人もいるだろうな笑
けどトラップ掛ける間隔だったり使ってる誘引剤も分かって良かった!

この場所の近くにも15個コップを埋めておきました。

トラップを掛けたので調査としては明日の回収まで虫が落ちるのを待つだけ。
ということでここからは俺の個人的なトラップ設置の時間なのであります( ̄▽ ̄)

時期は外れていますが事前にオオルリオサのポイントを調べておいたので、また千歳まで移動。
やっぱし移動なげー笑

移動途中にワレモコウがかたまって生えている場所があったので少し寄り道。

b0178466_814290.jpg

ゴマはいませんでしたが、どうもスジグロシロとは雰囲気の違うシロチョウが飛んでいたので採ってみるとエゾヒメシロでした。
北海道特産種の蝶は初めて採ったかも!

トラップは2カ所に30個と15個仕掛けました。
雨だったんで写真はなし!

夜はスープカレー!

b0178466_82438.jpg

初めて食べたんだけどうまかった!
ほんとグリーンカレーとか並みにサラサラ!
今回は札幌じゃないんだけど札幌はスープカレーとかジンギスカンの激戦区でうまい店がいっぱいあるらしい!
もし調査で北海道なら札幌からは遠そうだけど、食べに行きたい(゜▽゜)

3日

早いものでもう最終日。
調査のトラップも自分のトラップも、何が入っているのか楽しみであります。

やっぱり回収は全然時間かかんない!
夜も雨が降っていたようでしたが、それでも色々と入っていました。

自分で仕掛けた方にもイシカリクロナガやセダカが。

b0178466_822556.jpg

クロナガが普通種なのは分かるけど、セダカ普通種疑惑あるぞこれ笑
右下にいるのがセダカです。

さて次は一番期待度の高い千歳!
オオルリは入ってたら奇跡だけど、オオルリがいるような環境なら他のオサだって…。

と、その前にちょっと寄り道。
2年前の北海道旅行のときに見つけたゴマのポイント。
気温が20度と低く小雨も降っていましたが、1頭だけ見る事が出来ました。

b0178466_824458.jpg
ゴマシジミ Maculinea teleius ogumae (Matsumura, 1910)

ボロなので採集はせず。
ゴマもベストな時期に採りに来たいもんだ( ̄▽ ̄)

無事ゴマも見れ、今度こそ千歳へ。
まずは15個だけ仕掛けた方から。

トラップを見に行ってみると、腐肉が入っているものだけ見事に荒らされています。
たぶんキタキツネの仕業だろうな…。
ちゃんと一味振りかけといたんだけど、量が足らなかったか…。

残されたコップの中をのぞいてみるとゴミムシやセンチ、シデムシに混じってクロナガがちらほら。
そして、クロナガとは明らかに違う大型のオサムシが1頭…

b0178466_84218.jpg
エゾマイマイカブリ Damaster blaptoides rugipennis (Motschulsky, 1861) (帰宅後撮影)

すいませんね、なんかオオルリを期待させるような書き方で。
けどエゾマイマイも初採集だからめっちゃ嬉しいんだよ!

もっと前胸緑色してると思ってたけど、意外と赤っぽいんだな。
それともこいつの方が特殊?

てかこれで今年オキマイマイとエゾマイマイ採れたから、マイマイ全亜種制覇じゃん!じゃん!!(((o(*゜▽゜*)o)))
これでマイマイ日本地図が作れるぜ( ̄▽ ̄)
完全版には福江の巨大マイマイとか入れなきゃだけど笑

次は30個を仕掛けた場所。
今回トラップを掛けた数が最も多く、環境も下草やリターの多い林なのでどんなオサが入っているのか楽しみです。

見ていくと早速クロナガやセダカが。
シデムシなども他の場所に比べてなんだか多いような笑

オサを取り出しながら回収していくと、アオゴミ大の大きさですがゴミムシとは雰囲気の違う個体が入っていました。

b0178466_843948.jpg
ヒメクロオサムシ Leptocarabus opaculus opaculus (Putzeys, 1875)(帰宅後撮影)

おおおヒメクロオサ!
艶消し感がいいね!

ここではヒメクロオサに加えキタクロオサも採ることが出来ました。
いやーオオルリ採れなくてもこれだけ採れれば満足だわ(´▽`)

b0178466_845428.jpg

イシカリクロナガが大半だけどセダカ3、ヒメクロ4、キタクロ2採れた!
いやー前に北海道来たときは何とかイシカリクロナガとセダカが採れた程度だったのに、今回は5種類も採れてしまった( ̄▽ ̄)
これで調査の時期をオオルリのシーズンに合わせれば…うへへww

ちなみにこの遠征でピットフォール以外にも別のトラップも仕掛けまして。
こんなのがねー採れちゃったわけですよー( ̄▽ ̄)

b0178466_852423.jpg
ダイコクコガネ Copris ochus Motschulsky, 1860

いやーカッコ良い!もう最高。

b0178466_8625.jpg

b0178466_87518.jpg

この重量感!この角!
はんぱねーわ。
分かってはいたけど深いとこまで潜ってたね。
20cmくらいかな?
掘るの大変だったけど、その分出てきたときの嬉しさは格別!
1ペア採れたしオスでかいし、もうこれだけで北海道来た甲斐あったって言えるわ(主目的忘れてる)笑


今回は色々調査のこと勉強できただけでなく、北海道のオサや蝶、ダイコクまで採れて大満足でした!
天気が悪いのにこの成果は俺的にはなかなか( ̄▽ ̄)
来年はぜひ北海道で調査がしたい!
そして調査で行くついでに今度はカミキリとかも…笑
どんどん夢が膨らんでいくー(*゜▽゜*)
いやそんな理由だけで調査地北海道にしようとしてるわけじゃないからな!


採集結果

ダイコクコガネ、エゾマイマイカブリ、ヒメクロオサムシ、キタクロオサムシ、セダカオサムシ、イシカリクロナガオサムシ、オニクワガタ、エゾヒメシロチョウ
[PR]

by taiyaki-i | 2013-09-05 08:23 | 採集記