<   2013年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧   

5/5 山梨県・長野県 新歓ヒメギフ採集   

2013年 05月 06日
毎年農工大の昆研の新歓採集は高尾や狭山など近場に行っています。
ただ、時期もあってあんま虫がいない。いても普通種ばっか。
まあ普通種ばっかって感覚は俺とか子供の頃から虫採ってたやつだけだろうけど笑

でもせっかくだったらなんか変わったやつが採れりゃいいよな。
俺が部長だからこういうときだけ職権乱用です( ̄▽ ̄)

27日は高尾でしたが、今回は山梨・長野でヒメギフ採集。
候補としている場所は、何年か前に昆研で行ったらしい場所と俺が昔ヒメギフ採りに行ってた場所の2地域。
場所的にはどちらも個体数が多いところ。
天気もドピーカン。
不安なのはこれまで若干気温の低い日が続いているようなこと…。

朝6時に大学に集合。今日は1年は1人、2,3年が4人。
まずは昆研で行ったという場所を目指して車を走らせます。

ネットで調べた限りだとこの周辺に広く分布しているらしい。
まあ少し歩いてみて飛ばなかったら移動の繰り返しかな。
それで一頭も見なかったらもう一つの場所に移動と。

まだ気温があまり上がっていないので、網で下草などをゆすりながら歩いて行きます。

b0178466_1634731.jpg


b0178466_1655527.jpg

こういうとことかいそう!

コツバメはたくさん飛んでいました。

b0178466_1641539.jpg
コツバメ Callophrys ferrea (Butler, 1866)

環境的には良さそうなのですが、ヒメギフは飛びません。
道沿いのサクラを見たらまだ蕾が多かったので時期が早いと判断、標高を下げてみることに。

次はこんなとこ。

b0178466_1643743.jpg

ギフとヒメギフが同じような環境を好むなら絶好の場所だと思います。
ただ俺、サトのヒメギフって採りに行ったことも無いんだよな…。
昔行ってたのは完全にヤマなんだよね。

もう時刻は11時近くになっており、ヒメギフが飛ぶ時間帯。
しばらく歩きまわってみますが、やはり見つけられません。
うーん…おかしいな…。
いくら広く分布しているとはいえポイントが点在しているのか、時期が早いのか、ドピーカンつっても最高気温15度前後じゃ気温が低すぎるのか…。

俺が昔行った場所の近くにはここより発生時期の早いポイントもあるようなので、午後はそっちへ行くことに。

しばらく車を走らせます。

その移動途中、一度だけヒメギフらしき蝶が飛んでいるのを見かけましたがそれなりに車の往来の多い道で急には停まれず、引き返してきたときにはどこかへ行ってしまっていました。
しばらくその周辺で粘ることも考えましたが、時間も時間だしこのままそれらしいのを見つけるたびに停まってたら本来の目的地で採る時間が無くなる可能性もあったため移動。
あとで地図見た感じだとこの場所は例年4月下旬くらいの産地なのかな…?

12時半ごろ目的地に到着。
斜面の向きの関係か日当たりがイマイチな気もしますが、歩けそうなところがここぐらいだったので歩いて行きます。
時間的にここがラストかな。
あんま遅くまでいると帰りの渋滞が…。

b0178466_1662393.jpg

飛んでそうな環境なんだけど、なんだけど…(´・_・)

ヒメギフは見れないまま歩いていると、足元から急に数頭のハエが飛び出しました。
飛び出した場所を見てみると、動物の糞が。
ピンセットで糞をどけてみると、スズキコエンマやクロオビマグソが。
久々に見たので数頭ずつ採集。

その後なぜか道端にあった人糞からもスズキコエンマやクロオビマグソ、あと黒いマグソを採集。
いくら人があんま来ない道だからこんな道端でしなくても…。
まあ糞が増えてありがたいですけど( ̄▽ ̄)笑

結局ヒメギフは見つかりませんでした。
帰りは案の定渋滞にはまりましたよ、ええ。
2時過ぎに現地を出発して府中に戻ってきたのは7時過ぎ。
そんでレンタカー返してそのままくらやみ祭り見に行くっていうねww


ある程度厳しい予想はしていたものの、それ以上に厳しい採集でした。
何頭も見れんくても1頭くらい採れるだろって思ってたからな…。
ちょっと一つの場所にいる時間が短かったってのもあるんだけど(-_-;)
あとから色々言ってもしょうがないけど、ずっと最初の場所周辺で粘ってたら採れてたのかな笑
こうやって採れないとリベンジしたくなっちゃうぜ( ̄▽ ̄)
もっと情報収集して来年も行こうかな笑


採集結果

スズキコエンマコガネ、クロオビマグソコガネ他糞虫
[PR]

by taiyaki-i | 2013-05-06 16:08 | 採集記