<   2013年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧   

新歓採集   

2013年 04月 27日
今日は昆研の新歓採集でした。

今年は去年以上に人が多いです。
なんで?笑

デジカメのケースが壊れててウエストバッグの中にいれっぱだったからいちいち出すのめんどくて写真は撮ってない(´・_・)
新しいの買おう…。

虫はそんないなかったけど、ムカシトンボが採れました。
俺はいらないから一年にあげるつもりだったけど忘れて持って帰って来ちゃったよ笑

そんで帰るときに駅に網忘れてくるっていうねww
あー採りに行くの金の無駄だー(´Д`)

採集記は二年の誰かが昆研のHPにアップしてくれると思うのでそっち見てください( ̄▽ ̄)w

来週も新歓採集ってことで山梨にヒメギフ採りに行きます。
[PR]

by taiyaki-i | 2013-04-27 19:18 | 雑記

’13石垣島採集記まとめ   

2013年 04月 02日
1,2日目

3日目

4,5日目

一応まとめも作っておきます。
[PR]

by taiyaki-i | 2013-04-02 12:17 | 採集記

3/26~30 沖縄県石垣島 4,5日目   

2013年 04月 02日
29日

明日の朝の飛行機で帰るため、実質今日が最終日。

前日の疲れで日が昇るまでぐっすり…していたかったのですが、そういうわけにも行きませんでした。

午前3時過ぎ、雨と風の音で起こされる。

b0178466_10524949.jpg

なんか…台風並みに風あるんだけど。
しかもどんどん雨強くなってくし。

もう一回転がって起きたらまさしくバケツひっくり返したような雨。
これ午前4時ね。

もう寝れんわこれ(´・_・)
雷も鳴るし若干恐怖を感じる笑

というわけで、ネカフェに行くことに。

ネカフェに行く…

い け な い

道路がひどいところでは4,50cmほど冠水しています。
この中進んでってなんか車にトラブルでもあったら…(((゜Д゜;)))

近くにあったコンビニで夜明けまで時間を潰すことに。
マンガ読んでたらいつの間にか雨も風も止んでいました。

コンビニに来ていたイツホシシロ。

b0178466_10532291.jpg
イツホシシロカミキリ Olenecamptus bilobus nipponensis DILLON et DILLON, 1948

朝飯ゆしどうふー(^q^)

b0178466_10534138.jpg

今日も屋良部へFITを見に行きましたが何も入っておらず。

今日は平地での採集。
まずはイシガキケブトハナ狙いでクサギがありそうな場所を探していきます。

最初はこんなとこ。

b0178466_1054849.jpg

畑と畑の間には小規模な区分け林があるようなところです。

近くに落ちている枯葉を叩くとヤエヤマタテスジドウボソが落ちてきました。

b0178466_10543758.jpg
ヤエヤマタテスジドウボソカミキリ Pothyne formosana chocolatoides BREUNING et OHBAYASHI, 1966

よっしゃ!
こいつも前来た時は枯れたススキの中にあった蛹持ち帰って羽化させただけだったからなー。

その他ハヤシサビなども落ちました。

イシガキリンゴがいないか区分け林の中のタブノキを見ていると腿の太いケルシウムみたいな影が見えました。
まあケルシウムなら一通りこのあたり調べてから採ればいいか。

さっきの写真で奥の方に見える林へ向かう途中のススキの株を叩くとタテスジドウボソが2頭追加できました。
肝心の林はクサギも無くビーティングも微妙(´・_・)
けどクジャク見た!
ほんとに野生化しているとは…。

最後にさっきケルシウムがついていたタブノキをチェック。
すでにケルシウムはどこかに行ってしまったようでしたが、まだこの木にいるなら掬えば入るはず。

いたあたりを中心に掬うと、予想通りカミキリが入りました。
にしてもケルシウムにしては腿が太すぎるような…?

網の中を覗き込むと、そこにいたのはケルシウムなんかではありませんでした。

b0178466_1055552.jpg
ヤエヤマモモブトコバネカミキリ Merionoeda (Ocytasia) formosana iriomotensis OHBAYASHI et N.OHBAYASHI, 1965(帰宅後撮影)

まじかww
もっと自然度の高い場所じゃなきゃ採れないと思ってたけど、こんな場所にいるんかいww
とりあえずこいつも採りたかったやつなので嬉しいです(´▽`)
つかんだら脚もげたけどw

さらに掬うともう1頭採れました。
写真の左のやつね。今度は脚もげることも無く無事に毒ビンへ( ̄▽ ̄)

この近くでもう一カ所回りましたがクサギは見つからず。

そろそろ今日のメインの採集地、石垣島北部へ向かいます。

けど途中で寄り道してカタモンビロウドの幼虫探し。

b0178466_10553155.jpg

カラムシはある。んだけど、カタモンビロウドの食痕は見つからず。

ここは蝶が多く、ツマベニや大き目のセセリを目撃。
タイワンアオバみたいな白紋のないやつとコウトウシロシタみたいなのがいたような。
セセリはどれもなかなか止まらなかったので採れませんでした(´・ω・`)

が、クロテンシロチョウとスジグロカバマダラを採集!
クロテンシロチョウは近年石垣島に定着したらしい。
スジグロカバマダラも石垣島じゃモンシロ並みにいるとか聞いていながらこれまで出会えなかった種類。
蝶も充実してるなあ(´ω`)

北部到着!

b0178466_10555129.jpg

ここでの狙いはイシガキウスアヤ。
前回は全く採れなかった場所ですが、天候の差があることを信じて…

と、歩き始めてすぐ、ブッシュを目指して草地を歩いていると、目の前に小型のタテハが止まっているのに気付きました。
後翅は綺麗な青色。アオタテハモドキ。

しかし網を持っていない!
アオタテハモドキはどこかへ飛び去ってしまいました。

まあ一頭いたんだからまた会えるだろ。
ということで叩き棒にネットを付けておくことに。

再び草原を歩いていると、今度は黒いアゲハ。
飛び方はジャコウで白い紋が見える。
ベニモンじゃないかー!∑(゜Д゜)

急いで追いかけてネットイン。
やっと採れたよベニモン…。

よく見てみるとこの地域はベニモンが多いらしく、何頭も飛び回っています。
でも三角紙もそろそろ尽きそうだし一頭だけでいいや。
場所とるしね笑

ベニモンも採れたし真面目にビーティングします。
ススキを叩いたら早速落ちてきました。

b0178466_10561477.jpg
イシガキウスアヤカミキリ  Bumetopia sakishimana ishigaki HAYASHI, 1966

お、今回はちゃんと採れるや。

広葉樹の枯葉を叩けばワモンサビ。

b0178466_1056388.jpg
ワモンサビカミキリ Pterolophia (Hylobrotus) annulata (CHEVROLAT, 1845)

ススキからはイシガキヨナグニゴマフも落ちてきました。

b0178466_10565719.jpg
イシガキヨナグニゴマフカミキリ Mesosa (Mesosa) yonaguni subkonoi Breuning,1964

ブーメはこんなとこに多いみたいです。

b0178466_10572132.jpg

ススキが枯れて倒れたけど地面には着いてないみたいな。
横になってるから叩きやすいしね( ̄▽ ̄)
多くいるっていうよりはむしろ採りやすいって言った方が正解かも。

一通り叩き終わって車へ戻る途中、再び目の前にアオタテハモドキが。
今はちゃんと網持ってます。

以前本島で採った時の経験から止まったところでゆっくり網を近づけていきます。
数回逃げられましたがなんとか採集。
ごめん写真撮ってないわ…。

本島で採った時は一度網の枠に当たって後翅の一部が欠けてしまったのですが、今回は大きな欠けもなく採集することが出来ました(´▽`)
しかしアオタテハじゃなくてただのタテハモドキってのはどこにいるんだ?
あれも全く縁がないんだけど。

結局ブーメは5頭採ることが出来ました。
その他にサビカミキリの仲間が何頭かとドウボソ。
ドウボソは採った時タテスジかなって思ったけど家帰ってから確認したらどうもイシガキシロスジみたいだ( ̄▽ ̄)

あと、一応イプロカ狙いでヘクソカズラの枯れ蔓を少し確保。
蔓絡まりすぎでいちいち食痕あるか調べるのめんどかったから枯れ蔓まとめて引きちぎってきた( ̄▽ ̄)
イプロカ出るといいな( ̄▽ ̄)

場所を移動して次はギンネムの材採です。
ギンネムの部分枯れでフトカミキリが採れるらしい。
前回も挑戦しましたが良い材が見つからず、適当に採ってきた材からはカッコウムシとケルシウムが1頭ずつしか出ませんでした。

前来た時よりは材採のセンスも多少なりは向上してるはず。
何本かギンネムの部分枯れを割っていると、フトカミキリらしい坑道が出現。
ナタで慎重に割って行くと…

b0178466_10581089.jpg

お、出た!
大きさは3cm弱。
何になるのかなー楽しみだなー( ̄▽ ̄)

その後同じような幼虫を3頭追加。
まあこれでいいや。

家に帰ってから見てみたら木屑で坑道に蓋がされていました。

b0178466_10582911.jpg

うまく羽化まで行ってくれるといいなー(゜▽゜)

石垣島最後の夕食は明石食堂のソーキそば。

b0178466_10585123.jpg

ソーキがとろける!うまい!
てか今まで八重山そばとか沖縄そばの総称がソーキそばだと思ってたけど、ソーキってのは豚のスペアリブなんだな。
今回の石垣遠征で飯食うとこ調べてて知ったわ笑

この日はドミトリーに泊まります。
材を宅急便で送ってからドミトリーへ。
もう今日は灯下巡りはいいや。疲れた。

30日

ほんとのほんとに最終日。
レンタカーの返却時間までぐっすり寝ていたいのですが、そういうわけにも行きません。
屋良部に仕掛けたFITを回収しにいかないといけないのです。

というわけで、朝5時半にドミトリーを出発。
レンタカー返却の8時までにFITを回収して、荷物の整理もしないと。

簡単に言うと、FITの成果はゼロ。
なかなかうまく行かんね(´・ω・`)

色々と改良の余地があるとも感じました。
とりあえず衝突版をクリアファイルで作ったんだけど、それを支柱に留めるのに4点じゃ足らなかったな。
真ん中でも留めて衝突版がへたらないようにしないと。
雨対策の屋根も何かしら支えるものが必要か。

時間があったので市街地へ戻ってからコンビニに寄ったらシモフリナガヒゲが来ていました。

その後は荷物の整理とかして8時まで猫と戯れてた(=^エ^=)笑

b0178466_11065.jpg

犬派だけど猫もかわいい(´▽`)

さよなら石垣島。

b0178466_1104846.jpg

この時期にもまた何回も来たいし、別の時期にも来たい!


今回は前回と違って気温も高く、天候もそれなりに安定していました。
天気予報は曇り時々雨だったけど、いい方向に外れてくれて良かった( ̄▽ ̄)
おかげで色々と八重山らしいカミキリが採れました。
ムネモンウスアオは採れたけど、まだヤエヤマヒオドシとマツダクスベニがな…。
ムネモンウスアオとこの2種じゃ採集難易度に結構な差がある気がする。
今度行くときは曇りじゃなくて晴れが良い笑

あと虫じゃないけどヤギ汁も食ってみたいわ( ̄▽ ̄)


採集結果

1日目

イツホシシロカミキリ、サキシマヒラタクワガタ

2日目

イツホシシロカミキリ、ヒメカミキリsp、ヤエヤマアヤモンチビカミキリ、ハヤシサビカミキリ等のサビカミキリ、イシガキリンゴカミキリ、イワサキキンスジカミキリ、ヤエヤマカラスアゲハ、ミカドアゲハ、ナミエシロチョウ、タイワンキチョウ、イシガケチョウ、ルリタテハ

3日目

ムネモンウスアオカミキリ、イワサキキンスジカミキリ、イシガキリンゴカミキリ、オモトウスアヤカミキリorサビアヤカミキリ幼虫、ウスイロコノマチョウ、ヤエヤマカラスアゲハ、ミカドアゲハ

4日目

ヤエヤマモモブトコバネカミキリ、ヤエヤマタテスジドウボソカミキリ、イシガキシロスジドウボソカミキリ、イシガキウスアヤカミキリ、イシガキヨナグニゴマフカミキリ、ワモンサビカミキリ、ハヤシサビカミキリ、イシガキシロオビサビカミキリ、シモフリナガヒゲカミキリ、イツホシシロカミキリ、ケルシウムsp、シロオビアゲハ、ベニモンアゲハ、アオタテハモドキ、リュウキュウアサギマダラ、スジグロカバマダラ

5日目

シモフリナガヒゲカミキリ

書き忘れてるのもあるかも。
[PR]

by taiyaki-i | 2013-04-02 12:14 | 採集記

3/26~30 沖縄県石垣島 3日目   

2013年 04月 01日
28日

朝4時ごろに起きて、そこからだらだら。
天気は曇りです。

b0178466_2044483.jpg

6時ごろは少しだけ雨が降っていましたがすぐに止みました。
まずは屋良部へ行ってFITの確認。

またカンムリワシ。

b0178466_2045569.jpg

FITには何もなし。

今日は於茂登に登る予定ですが、せっかく屋良部に来たし屋良部も登ってみることに。
一応目的はあったりする。

林道沿いの登山道入り口から歩くことたぶん15分もかからず山頂到着。

b0178466_20452341.jpg

とある材があれば採って帰りたかったのですが、見つかりませんでした。

再び林道に戻ってくると、カミキリがふわふわ飛んでいます。
あの飛び方はリンゴだな…。

b0178466_20454262.jpg
イシガキリンゴカミキリ Oberea ishigakiana MATSUSHITA, 1941

いえーい2頭目( ̄▽ ̄)

さらにイヌビワの折れた枝を発見。

b0178466_2046019.jpg

樹皮下は食痕だらけ。

b0178466_20461931.jpg

粗いしイツホシシロかな?

虫が活動しそうな時間になったので於茂登へ向かいます。

b0178466_20464087.jpg

崩落現場まで来ました。

b0178466_2047721.jpg

片手で木をつかみながらまだ人に踏み固められておらず滑りにくい部分を登り、なんとか越えることが出来ました。

b0178466_20472492.jpg

ここからはムネモンウスアオを狙うため、目に付くヤンバルアワブキをひたすら掬っていきます。

と同時に登山道沿いの石起こしも。
大き目の石をひっくり返すと、探していたものがいました。

b0178466_20474688.jpg
タイワンサソリモドキ 

欲しかったんだよねこいつ( ̄▽ ̄)
予想以上にでかい笑

ウスイロコノマが飛んでいたので採集。

b0178466_2048699.jpg
ウスイロコノマチョウ Melanitis leda leda (Linnaeus,1758)

こいつも本島で網持ってない時に見つけて帽子で採ろうとして逃げられたっけ( ̄▽ ̄)

倒れたヤンバルアワブキにはしっかりと樹皮下をチェックした跡がありました。

b0178466_20483579.jpg

まだ入ってなかったみたいだけど。
来年調べれば出てくるかもねえ。

登山道沿いのヤンバルアワブキを掬い続けて最初に入ったのはイワサキキンスジ。

b0178466_2049468.jpg
イワサキキンスジカミキリ Glenea (Glenea) iwasakii KANO, 1933

やっぱそう簡単にムネモンウスアオは採れないよなあ…。
別の木を掬っていくとまた網の中にカミキリの姿が。

まあどうせイワサキキンスジだろ。

あれ…?
でもなんかこっち向いてる顔の色がなんか青っぽいような…。

b0178466_20492615.jpg
ムネモンウスアオカミキリ Pareutetrapha magnufica caeruleithoracica TAKAKUWA, 1984

おう、採れたわ。(真顔)

ちょっといきなりすぎて実感湧かない笑

ほんとイワサキキンスジだと思って採集記にも
「こんなクソみたいなスイーピングでムネモンウスアオなんか入るわけなかった」
とか書こうかなwwなんて思ってたし笑

写真撮ってケースに入れてからやっと嬉しさが込み上げてきました。
いや、やっぱ嬉しいわ。
嬉しい!(((o(*゜▽゜*)o)))
もっと苦戦すると思ってたけど、こんなに早く採れるなんて…。

これがそのヤンバルアワブキ。

b0178466_2049511.jpg

周囲の木に比べこのヤンバルアワブキだけ背が高くなっているようです。
そういう木に集まるのかな?

またしばらく歩くと、さっきムネモンウスアオを採った木と似たような状態の木を発見。

b0178466_20505626.jpg

すげえ分かりにくいけど一応奥にヤンバルアワブキがあります。

手前の木に邪魔されながら樹冠部を中心に掬える場所を掬っていくと、またカミキリが入ったようです。
網の中をのぞくと…

b0178466_20501674.jpg

おいまじかよ。
2頭目採れちまったぞ。
いいのかこんな簡単に採れてw

まあ曇りだから活動が活発になってるっていうのはたぶんあるんだろうけど、こう続けて採れるとは…。
なんとか1頭くらいは採りたいなって感じだったし笑

このまま3頭目採れちゃったりする!?(゜▽゜)

なんて甘いことはなく、ここから先は掬っても掬っても入らず。
イワサキキンスジはいるんだけどね。

なんとなくイワサキキンスジとムネモンウスアオは好む木の状態が違っているように感じました。
あ、この木はイワサキキンスジしかいないなって感じる木はイワサキキンスジが数匹いたし。

もうこの時点でイツホシシロとイワサキキンスジで生かしておく用のケースが埋まりかけてたのでイワサキキンスジはリリースです。

結局ムネモンウスアオの追加は無いまま山頂付近へ。
まあこれが普通だろ。

山頂付近にもヤンバルアワブキが数本まとまって生えていたので見ていくと、交尾中のカミキリがいました。

なんかイワサキキンスジにしてはデカいような…。
でもこんな場所だし、まさかムネモンウスアオなんてこと…

あった。

b0178466_20514125.jpg
b0178466_205233.jpg

うきゃー、ペ ア だー!(((o(*゜▽゜*)o)))
メスでか!

これで4頭になってしまいました。
メスも採れたしもう十分ですお腹いっぱいです笑

めちゃくちゃいい気分で山頂到着!w

b0178466_20523786.jpg

行きでムネモンウスアオが採れたので、山頂でもたっぷり時間を使うことが出来ます。
やっぱ登ってきたからには狙わないと、オモトウスアヤ。

特保の範囲で採集してしまわないように場所を選んで枯れたリュウキュウチクを調べていきます。

最初は枯れて地面に横たわっているものを調べていたのですが、全く食痕すら見つけられません。
よく竹藪を見てみると、立ったまま枯れているタケがいくらかあることに気付きました。
そのうちの一つを折ってみると…

b0178466_2053287.jpg

お、食痕。

これがオモトウスアヤのものなのか、それともサビアヤか…。

慎重に割り進めていきますが、幼虫を傷つけてしまいました(つД`)

b0178466_20532188.jpg

ああ、せっかくの幼虫が…。

けどまだ時間あるし、良さそうな材もたくさんある!

写真が無くて申し訳ないのですが、その後幼虫を4頭確保することが出来ました。
3頭は2cm弱と大き目で、残り1頭は1cmくらい。
大き目の幼虫はサビアヤかな?
小さいのが気になる。
餌用のリュウキュウチクも確保し、帰宅後無事に4頭とも移し替える事に成功。

幼虫採れたし、そろそろ下り始めます。
今思えばもう少し山頂にいてビーティングもすれば良かったかも笑
オモトウスアヤの成虫出るの5月ごろって勘違いしてたけどもうこの時期から出てるんだね…。

行きで4頭も採れていい加減になっていたのか、下りではムネモンウスアオは採れませんでした。

車に着いたところで昼ごはんに食べてなかったじゅーしーかまぼこを。

b0178466_20534490.jpg

相変わらずうまい(^q^)

まだ時間があるので嵩田林道でトラニウス狙いの材採&スイーピング。
でもこっちもスイーピングはいい加減。
何より疲れた笑

材はアカメガシワとカラスザンショウが確保できました。

夕飯はゆらてぃくのグルクンから揚げ定食+らふてぃー!

b0178466_2054591.jpg

さすがに1人じゃ石垣牛には手出せなかったw
グルクンうまかったよ!(^^)

食事のあとはやっぱり灯下巡り。
自販機には何も来てなかったけど、道路を歩いていたサキシマヒラタ♂が2頭採れました。

b0178466_2054265.jpg
サキシマヒラタクワガタ Dorcus (Serrognathus) titanus sakishimanus Nomura, 1964

あとゴキブリが湧いてた。
この日だけなんで?

それと於茂登付近で轢かれたセマルハコガメを見つけました。
まだ轢かれて1時間も経ってないような新鮮なの。
できれば生きてるやつに会いたかった…(T_T)

採集結果はあとでまとめて書きます。
[PR]

by taiyaki-i | 2013-04-01 20:55 | 採集記

3/26~30 沖縄県石垣島 1,2日目   

2013年 04月 01日
※今回の採集は、デジカメを修理に出してしまっているため全てiPhoneで撮ったものになります。画質も粗く見にくいとか思いますがご了承ください。

事の発端は1月。
春休みの予定も色々入って逆に何もない日が暇すぎるなこれ、とか思ってたとき。

色々予定はあるけど、そういえば虫採り行く予定は帰省中以外なんも考えてないんだよな…。
正直近場でマイマイは去年頑張りすぎてもう採り終わった感あるし、無駄に採ってスペースとるのもやだし。

そう思いながら手帳を見ていると、ちょうど3月末は予定がない。
3月末でカミキリ、なんかあったっけ?
どうせ一度しか行かないんなら遠く行きたいな。
あ、そうだ、石垣行こう。

こんな感じでなんかするっと決まった石垣遠征。
ぶっちゃけ2月中はあんま実感湧かなかったし、石垣島行くぜひゃっほう!みたいにテンション上がることも無かったですw
タイ旅行終わってからは石垣採集を楽しみに生きてきたけど笑

26日

そんなこんなでやってきました石垣島出発日。
天気予報はずっと曇り時々雨と微妙。
この時期の八重山の天気予報は外れることが多いということを信じて、羽田へ。

b0178466_10253621.jpg

初羽田!(゜▽゜)

昼過ぎ発の便でまず那覇へ行って、石垣に着くのは6時ごろ。

飛行機乗り継いで、新石垣空港に到着!

b0178466_1026048.jpg

南ぬ島(ぱいぬしま)石垣空港って言うらしいです。

ここからレンタカー屋さんの車に乗って市街地へ。
しかし新石垣空港、アクセスが悪い!
市街地から30分てなんですか馬鹿野郎。

車を借りてホテルに着いたのは7時過ぎ。
ツアーの関係でホテルは今夜だけです。明日から宿無し。

b0178466_10261417.jpg

今回の石垣島はちゃんとあったかい!笑
2年前、大学合格祝いで来たときは天候不順の年で気温も20度行くか行かないかくらいだったんだよな。
当然虫もあまりいなくて、なんとか普通種を採ったって感じ。
今回はそのリベンジでもあります(`・ω・´)

記念すべき石垣島遠征最初の食事は「味処 岩」の八重山そば。
ごめん写真撮るの忘れた…(´・_・)

ここ、泊まったホテルから近いっていうのもあるんだけどなんか蝶屋が集まる場所らしいんだよね。
行ったときは来てなかったんだけど、店の人が最近の迷蝶のこととか色々教えてくれました。
もちろん八重山そばもうまかった(^^)

夕飯のあとは灯下巡り…の前に、港近くの公園へ。
もう暗いけど街灯の明かりを頼りに犬糞探し。
ヨツモンエンマを狙います。

しばらく探すとそこそこの状態のものを発見。
ひっくり返すといました。

b0178466_10263025.jpg
ヨツモンエンマコガネ Onthophagus (Gibbonthophagus) proletarius Harold, 1875

あーぼけぼけ(´Д`)
iPhone画質良いけど接写とか微妙だからなー。

このヨツモンエンマ、前に来たときもこの公園で採ったのですが、酢エチで殺していたので今回は亜硫酸で〆てみたいのです。
たぶん紋がはっきりするはず!( ̄▽ ̄)

もっと探したかったのですが、やっぱりこの時間じゃ街灯の周りしか探せず断念。
灯下巡りに出発です。

自販機を見ていくと、中でケルシウムが死んでいました。

b0178466_10264755.jpg

ケルシウムもあんま持ってないからなー。

次の自販機にはサイカブト(タイワンカブト)の頭が。

b0178466_1027470.jpg

サイカブトも欲しい!

さらに自販機を調べていくと、やっと生きた虫に会うことが出来ました。

b0178466_10271812.jpg
サキシマヒラタクワガタ Dorcus (Serrognathus) titanus sakishimanus Nomura, 1964

よっしゃ、サキシマヒラタ!
前は灯下巡りしなかったこともあって見ることの出来なかった虫です。
オスも採れるかな?(゜▽゜)

もう10時半を過ぎているので、そろそろ引き返すことに。
行きに見た自販機をまた見ていきます。

サイカブトの頭が転がっていた自販機の周りをライトで照らしていくと、二つ並んだ自販機の隙間にカミキリの影が見えました。

あ、イツホシシロ!

でも手が届かない…!
裏に回れば届くけど木があるしな、ハブがいたらどうしよう…。

出来る限りライトで照らしてチェックしてから、木と自販機の隙間へ入り素早くイツホシシロをつかむ!

b0178466_10273843.jpg
イツホシシロカミキリ Olenecamptus bilobus nipponensis DILLON et DILLON, 1948

よっしゃ!
こいつも前は採れなかったから採りたかったやつ!
カッコ良いなー(´▽`)

しかしいきなり初日で前採れなかった虫が2種類も採れるとは…。
これが天気の差なのか!?

27日

朝5時に起床。
外はしとしと雨。でももう出発です。
なぜならまだカミキリの活動しない時間のうちにFITを仕掛けるため。

前回もFITを仕掛けた屋良部岳へ向かいます。

屋良部林道を走って行くと、目の前の木にカンムリワシが!

b0178466_1028675.jpg

前回は1,2回しか見れなかったけどこんな早くに見れるとは…!
ちなみにこのすぐあともう1頭見れた(´▽`)

カンムリワシにも出会えFITを仕掛ける場所に到着したは良いのですが、雨が本降りに…。
しかもFITの受け皿に入れる水を買うのを忘れた!( ̄□ ̄;)

この雨じゃどうせ仕掛けられないし、いったん市街地に戻らないと…。
うう、ガソリンの無駄だ…(´;_;`)
それに早朝に雨降るならホテルで朝ご飯食べてから出発すればよかったorz

水を買って再び屋良部に着くころには雨も上がっていました。

b0178466_10282572.jpg

一応レインコートを来てFITを仕掛けていきます。

全部で10個、今回はクリアファイルを使ってみました。

b0178466_10284350.jpg

アカマダラセンチ採れるといいけど。

せっかく屋良部に来たので屋良部林道を歩いてみることに。
天気は曇りですが雨雲はもうなさそうです。

b0178466_1029430.jpg

しばらく歩いていると、アカメガシワの葉上にちょこんと乗っかる甲虫が。

b0178466_10293817.jpg
ミドリナカボソタマムシ Coraebus hastanus CASTELNAU et GORY

よっしゃ!
天候が良くて虫の発生も順調だとこうも色々採れるのか…!

アカメガシワをチェックしてミドリナカボソを追加しながら歩いて行くと、今度は枯葉付きの枝がありました。

b0178466_1030140.jpg

シイやタブノキみたいな分厚くて堅い葉っぱじゃないからカミキリも集まりそう!
叩くとちゃんと落ちてきました。

b0178466_10302069.jpg
ヒメカミキリsp

すいませんね、まだ詳しい同定してないもんで(- -;)

ヤエヤマアヤモンチビも落ちました。

b0178466_10305194.jpg
ヤエヤマアヤモンチビカミキリ Sybra (Sybra) flavostriata flavostriata HAYASHI, 1968

こいつは前回大量に採れたけど1頭目だから採っとく。

次にアカメガシワの葉上で見つけたのはイワサキクサゼミ。

b0178466_10312326.jpg
イワサキクサゼミ Mogannia minuta Matsumura, 1907

中学生のころに本島で採って以来の久々の再会。
ほんとちっちゃいねえ。

手で葉を引き寄せてもまったく動かなかったミドリナカボソ。

b0178466_10314730.jpg

今回は気温が高いこともあってか林道を多くのヤエヤマカラスが飛んでいました。
近くに飛んできたので採集。

b0178466_1032689.jpg
ヤエヤマカラスアゲハ Papilio bianor okinawensis Fruhstorfer, 1898

車へ戻りつつ木を見ていると、とある木に長いアンテナのカミキリがついているのが見えました。
ケルシウム…にしてはアンテナが長すぎるな。
なんか白い紋も見える。

b0178466_10323931.jpg
イツホシシロカミキリ Olenecamptus bilobus nipponensis DILLON et DILLON, 1948

やっぱりイツホシシロ!
よく見るとこの木だけ何頭かついています。

葉にネットをかぶせて揺さぶりますがなかなか落ちません。
結構がっしりつかまってんだな…。

それでもネットの枠を使ってなんとか落としていきます。
この木だけで5,6頭採ることが出来ました。

b0178466_10331719.jpg

イヌビワかな?

いやー、灯火で1,2頭採れるかなって思ってたイツホシシロがこんなに採れるとは…。
今回は色々運が良さそうだ( ̄▽ ̄)

車に戻るとオオヒゲブト狙いの人がいましたが採れていないようです。
まあこの天気じゃな…。それに今年はピーク3月中旬だったらしいし。

次は於茂登に行きます。
の、前にちょっと寄り道。

b0178466_10334490.jpg

前来た時に地味なカミキリがたくさん落ちてきた道。
まあ大半がヤエヤマアヤモンチビだったんだけどw

それでもオビレやらバリエーションも豊富だったので、それを期待して今回も来てみました。

クワが数本生えていたのでキボシがいないか見ていると、ゴマダラがついていました。
ビーティングネットで頑張ってつついてみますがなかなか落ちません。
そうこうしていうるうちにゴマダラは木の裏側に回ってしまい、落下…。
斜面だから採りに行けない(つД`)

まあゴマダラならしっかり木見てればまた採れるだろう、たぶん…。

歩きながら枯葉を叩いて行きますが、どうも前回のようにカミキリが落ちない。
前回は雨で枯葉も濡れてる中やってて今回は葉は乾いてるからそれが原因か?

それでもハヤシサビなんかが落ちてきてくれました。

b0178466_10343894.jpg
ハヤシサビカミキリ Ropica loochooana hayashii BREUNING, 1958

まあビーティングはまた別の場所でしっかりやる予定だしな、こんくらいにしとこう。

ここからまた移動して、於茂登へ。

まずは於茂登の麓の道へ行ってみます。
たぶん奥の方にムネモンウスアオの採れるヤンバルアワブキがあるはずっていう道。
ネットの情報と地図から見つけた道なので、当たっているかどうかは行ってみないと分かりません。

車を停めた近くのタブノキにはイシガキリンゴの食痕がありました。

b0178466_1035345.jpg

少し歩くと、道が半分崩落していました。

b0178466_10352952.jpg

数日前に大雨あったっぽいからな…。こわ(゜Д゜;)

道沿いに生えているヤンバルアワブキやアカメガシワをスイーピングしながら進んでいくと、1時間ほどで行き止まりに。
確かに大きなヤンバルアワブキが生えています。

b0178466_10355331.jpg

逆光(´・ω・`)

樹冠部分を中心に届く範囲を掬ってみると、網の中にカミキリの影が。

b0178466_10362067.jpg
イワサキキンスジカミキリ Glenea (Glenea) iwasakii KANO, 1933

よっしゃ!イワサキキンスジ!
普通種のはずですが、これも前回は採れなかった種。
本州にはいない感じのカラーリングが良いよね(´▽`)

てか今回の採集、なんか彩りにあふれてる…!(*゜▽゜*)
前回はサビカミキリばっかだったからな…。

この後時間をおいてまた掬うとイワサキキンスジを2頭追加することができました。

於茂登岳に登るのは明日の予定ですが、どのあたりにヤンバルアワブキがあるか下見をしたかったのでそろそろ引き返すことに。

行きは気付かなかったのですが、帰り道が分岐していました。
なんとなく分岐した方を行ってみることに。

だんだん下草が多くなり、これ以上さきに進むのはちょっとハブが怖いな…と思ったぐらいで堰堤に出ました。

b0178466_10364569.jpg

ちょうど花があります。

花の周りをアオスジっぽい蝶が飛んでいましたがなんか雰囲気が違う。
あれは…ミカドだ!

持っているのはカミキリ用のネットだけですが、飛び方はゆるやかだったので狙いを定めて網を振ります。

あ、外した(´・_・`)

けどもう一頭。

げ、またスカッた…!(゜□゜;)

まじかああああこんなチャンスをををを(´Д`;)

いや、でもきっとまた戻ってくるはず!
次こそは外さない。

しばらく待っているとやっぱり戻ってきました。
今度こそ、今度こそ慎重に…!

よし、入った!

b0178466_10371478.jpg
ミカドアゲハ Graphium doson perillus (Fruhstorfer, 1908)

やっとミカド採れた…。
本島行ったときに目の前にとまったのに外したのはショックだったな笑
あのときまだ一応蝶メインだったし。

この後ミカドとヤエヤマカラスを1頭ずつ追加。
ちょうどここだけ開けてて花もあるから蝶が集まるんだろうな。
快晴ならもっとすごいはず。

ミカドも採れたし、今度こそ於茂登岳へ。

けど道沿いのタブノキを見ながら超ゆっくり車を走らせてたら食痕があったからまた道草w
車から降りてみてみると1頭だけですがついていました。

b0178466_10374888.jpg
イシガキリンゴカミキリ Oberea ishigakiana MATSUSHITA, 1941

よっしゃ!初採集!
いやーなんか前採れなくて今回こそはって思ってたやつがどんどん採れてくなあ笑

今度こそ、今度こそほんとに於茂登岳w

b0178466_10381970.jpg

ヤンバルアワブキを掬いながら登って行くと、川沿いに出たあたりで登山道が崩落していました。

b0178466_10384722.jpg

一応迂回路っぽいのが出来てる。

b0178466_10391482.jpg

けどこれが朝の雨でぬかるんでるせいもあるのか滑る滑るw
頑張れば行けそうだったけど今日はここで引き返して、残りの時間は嵩田林道を歩くことに。
夕方だからトラニウス飛ばないかな?

登山道を下っているとサキシマキノボリトカゲが。

b0178466_10394138.jpg

トラニウス狙いでスイーピングしながら嵩田林道を歩いていると、網に重量感のあるカミキリが入りました。

b0178466_1040773.jpg
タイワンゴマダラカミキリ Anoplophora macularia (THOMSON, 1865)

やっぱり落ちてきたか( ̄▽ ̄)

テリハノブドウにはイワサキキンスジの食痕。

b0178466_10404247.jpg

探してみるとなんとか写真が撮れそうな位置にいる個体を見つけることが出来ました。

b0178466_1041887.jpg

結局トラニウスには会えず、もう6時を回ったので市街地へ戻ることに。

戻る途中でまたカンムリワシに遭遇。

b0178466_10413922.jpg

今日の晩飯はのりば食堂のゴーヤチャンプルー定食( ̄▽ ̄)

b0178466_1042196.jpg

食事の後は灯下巡りをしましたが気温が低かったため何も採れず。
今日から2日間は車中泊。
ただ座席倒すだけじゃ脚がむくみそうだったのでこんな感じにしました。

b0178466_10434770.jpg

軽だけど結構快適だよこれ( ̄▽ ̄)

採集結果等は最後にまとめて書きます。
[PR]

by taiyaki-i | 2013-04-01 10:45 | 採集記