<   2011年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧   

明日は…   

2011年 05月 13日
ツジウスを採りに行ってきます。

今年は行けそうにないかな〜とか思ってたけど、先輩に無理を言って連れてってもらえることになりました。
もうだいぶ出ているようだし、天気も良さそうなので、楽しみです。

今から期待度はマックス!!!

来年は俺も後輩を色々連れてってあげないとな〜。
[PR]

by taiyaki-i | 2011-05-13 10:24 | カミキリ

最近、   

2011年 05月 12日
ネムだと思って採ってきた材から大量にキボシが羽脱してきている・・・。

やっぱりネムじゃなくてクワ採ってきてたのか・・・。
まあムネホシシロの確立はちょびっと上がるけど、アオスジ欲しかったな~。
灯火で頑張るか~。
[PR]

by taiyaki-i | 2011-05-12 09:20 | カミキリ

今日は   

2011年 05月 08日
全都新入生歓迎フェスティバル、通称新フェスがありました。
まあ東大やら農工大やらが模擬店出したり大縄やったりしてワイワイしようじゃないか!という企画。

俺ら地シスはワッフルを作りました。
結果・・・完売!!!
いええーーーーい!!!!

ワッフル売るのも他の店のもの食べるのも楽しかったです。
ちなみに1個50円という価格破壊の値段で販売したため完売したにも関わらず赤字orz
まあ楽しけりゃいいのさw

そして俺は初お台場。
b0178466_22405833.jpg
フジテレビすげーw
芸能人は見れませんでした。

帰りにフジテレビを観光して帰りました。
遠くにスカイツリーが。
b0178466_22412981.jpg
初めて見た・・・。
[PR]

by taiyaki-i | 2011-05-08 22:41 | 雑記

5/4 東京都八王子市 リベンジ花掬い   

2011年 05月 05日
ギフ採集が本来2日間の予定が1日で終わったため、高尾に花掬いに行ってきました。
ホント俺って馬鹿だよな・・・w

前日の疲労もあるため前より少し遅めに出発し、8時半ごろ高尾山口に到着。
バシロらしき蝶が飛んでいました。東京都産のバシロも欲しいな~。

b0178466_14572541.jpg
今日もケーブルカーは使いません。

道沿いでは低いところはカエデは散りかけ、ミズキの仲間が咲きかけ、少し標高を上げるとウワミズザクラが咲いていました。
b0178466_14574849.jpg
個人的には特定の場所以外はカエデよりもウワミズザクラの方が成績が良いです。
まだ時間が早いので掬いません、ていうか高すぎて掬えません・・・orz

だいたい前と同じくらいの時間でケーブルカーの駅に到着。
ケーブルカーの駅のすぐ近くに満開のウワミズザクラがありましたが、ケーブルカーの駅周辺は採集禁止だし、人が多すぎるので掬えませんorz
時間になったらいっぱい集まってるんだろうなあ・・・。

まだ花掬いには早いので、フチグロヤツボシを探してみることに。
b0178466_1458936.jpg
ホオノキはいい感じです。

葉裏にカミキリの姿が無いか探しますが、自分の網が届きそうな範囲では見つかりません(届かないとこでも見つかりませんがw)

新たに羽脱孔の空いたハリギリを見つけました。
b0178466_14582693.jpg
こんなに見つかるとナカネアメイロじゃない気がしてくる・・・。

結局フチグロヤツボシは見つからないまま山頂に到着。
b0178466_14585218.jpg
雲はかかっていませんが霞んでいました。黄砂?

そろそろいい時間なので、フチグロヤツボシも探しつつ、花も掬うことに。
山頂付近ではカエデの花はいい感じ。

歩きながら掬っていきますが、入るのはヒナルリハナばかりでたまーにトゲヒゲトラやキバネニセハムシハナが混じるくらい。
高尾山よ、お前の実力はこんなじゃないはずだ・・・w

タラノキがあったのでネジロを探してみましたがいませんでした。
時期的にはいいはずなんだけど・・・。

歩けど歩けどフチグロヤツボシはいないし、花掬いでも目ぼしいものは採れない・・・。
そんな中、一際虫が飛び交うカエデを発見。
手前の木に蔓がぶら下がっており掬いにくそうですが、何とか網を伸ばしガサガサ。

手繰り寄せて中をのぞくと、明らかにいつものとは違うカミキリが。
b0178466_14591743.jpg
トガリバアカネトラカミキリ Anaglyptus (Anaglyptus) niponensis BATES,1884

よっしゃ!やっといいカミキリが入りました。出会ったのはこれが2回目。

さらにはシロトラも。
b0178466_14593633.jpg
シロトラカミキリ Paraclytus excltus BATES,1884

普通種ですが、亜硫酸で〆たことがないので確保。

さらに掬うとキンケトラも入りました。
b0178466_14595170.jpg
キンケトラカミキリ Clytus auripilis BATES,1884

キンケもカッコ良いよな~。黄色いトラカミキリは大好きです。

掬える部分が少ないため、これ以上は入りませんでした。
もっと掬えれば粘れたんだけど・・・。

その後歩いていると都のレンジャーの人に遭遇。
あまり人の多いところでは網を振らないでね、とのことでした。
レンジャーの人に採集頑張ってね、って言われたのがなんかすげえ感動したw
レンジャーのイメージって個人的に特保でもないのにここは虫採っちゃダメ!っていう人ってイメージがあったから・・・。

その後再び山頂まで歩いてみたら人が多い多い!!
人で渋滞してました。特にトイレ付近。

曇ってきたのでまだ1時半くらいでしたが帰ることに。
帰り道には踏みつぶされたエサキオサが。
エサキまだ持ってない・・・。
この後は地面も注意していましたが見つかりませんでした。

帰りは農工大のトラップを見に行くことに。
アニマルにコップを抜かれたことと、自分がトラップを仕掛けるのにかかるおおよその時間が知りたかったので林床のトラップを5個から10個に増設し一味唐辛子を振りかけておいたのですが果たして・・・?

着いてみるとどうやらアニマルの被害は無いようです。
一味が効いたのか、単なる偶然か・・・。

コップの中を見てみると、入っているコップにはアオオサが3,4頭ほど。
しかしエゾカタビロは入っていません。
やっぱもっと開けた場所じゃなきゃダメなのかな?
アオオサは全部で21頭でした。
親に送る分も含めてアオオサはもう十分です。
って言ってもこれからも少しずつは採ってく予定。
親がアオオサって季節によって色が多少違うんじゃないか?と言っていたのでそれの確認のためです。


今回はギフ採集に行った直後の疲れがたまっている時でしたが成果を上げることができたのでうれしいです。
やっぱ高尾山はいいね~。
もうちょっと人が少ないと歩きやすいし良いのですがw
でも逆に考えればこれだけ有名だから開発されないってことなんでしょうね。


採集結果

トガリバアカネトラカミキリ、シロトラカミキリ、キンケトラカミキリ、カントウアオオサムシ
[PR]

by taiyaki-i | 2011-05-05 15:19 | 採集記

5/2,3 新潟県某所 男4人新潟ギフ採集   

2011年 05月 05日
今年もギフのシーズンがやってきた!!
・・・まあ1か月くらい前にすでに来てるわけだけどww

今までは名古屋にいたため比較的容易にギフ採集に出かけられていたのですが、東京に住むとなるとそうはいかない!!
ギフはお預けかな~と思っていたのですが、昆研の活動で新潟にギフ採集に行けることに。
何でも新潟は岐阜並みにギフが多いらしい。
新潟のギフか~・・・。どんなだろう?

今回のメンバーは俺と昆研の先輩の荒川沖さん、take3さん、ヤナギハシさんの4人。
新潟は遠いため、前日の9時に農工大を出発。
ちょうど農工大に着いたときに地シスの皆が帰ってくときで皆遅くまで新フェスの準備してんのに俺何やってんだろ・・・って罪悪感にとらわれた( ´ ・ ω ・ ` )

高速道路を走り、3日の午前1時半過ぎに最寄のSAに到着。ここで車中泊です。
もう寝れないのは慣れた(笑)から、4時ぐらいからはiPodで音楽聴いてた(爆)

5時過ぎにSAを出発し、まだ時間が早い(てか早すぎ)けどとりあえず採集地の環境を見に行くことに。
採集地に到着すると・・・
b0178466_1357281.jpg
雪、雪、雪・・・・・・。
ちょっと雪多くね?
一応歩いてみることに。

雪の無いところにはカタクリが。
b0178466_13572899.jpg
でも花が無い・・・。
ふきのとうもありましたがちょうど食べごろサイズでギフチョウに適した花が咲いた状態には程遠い・・・。
自分が食べるためにちょっとだけ採りました。

ちなみに雪の上にはテンがヒョコッと顔を出していました。

本来この場所はGWにちょうど良いらしいのですが、まだ全然ギフのシーズンという感じではないため、もっと早い時期に出るはずの場所へ行くことに。

1時間ほど走り、着いたのは小さな谷。愛知にあるギフ産地の一つに少し似ています。
愛知だと谷底をギフが飛ぶんだけど・・・。

歩いてみると、最初に見つけたのはカタクリ。
b0178466_13575215.jpg
今度はちゃんと花が咲いています。やっぱカタクリきれいだな~。

さらにはショウジョウバカマ。
b0178466_13581681.jpg

そしてギフの生存に欠かせないもの、食草であるカンアオイも発見。
b0178466_13583192.jpg
ここはどんなカンアオイになるんだろ?

まだ時間が早いので、今度は対岸へ行くことに。
ていうかそっちが本当のポイントらしい。

対岸もだいたい似たような環境。
今度はネットを持って採集開始。
谷沿いの道をひたすら歩きます。

道が上下に分かれていたので最初下の方へ行くとすぐ行き止まり。
戻ろうとすると葉の上にカミキリが。

b0178466_13585362.jpg
タケトラカミキリ Chlorophorus annularis (FABRICIUS,1787)
キンケトラカミキリ Clytus auripilis BATES,1884

自己2頭目。この後上の方の林道へ行ったら小規模な竹林がありました。
どうやらそこが発生源のようです。てかタケトラってこんな早くから出るんだ・・・。

コータスさんからキンケトラとのご指摘をもらいました。
確かによく見たらキンケだった・・・。ぬか喜びorz


上の方の林道はずっと奥まで続いており、しばらく行くと谷の斜面を登り始めました。
b0178466_135910100.jpg
こういうとことかよさそうなんだけどな~。

登り始めてからはスギ林で少し暗めだったのですが、(たぶん)30分くらい登るとそこにあったのは・・・

b0178466_1359316.jpg
すっげえ~・・・。カタクリの群落です。
保護してるのは見たことあるけど、保護してない完全に野生?のやつは初めて見ました。
時間になればここにも来るかな~( ゜ ∀ ゜ )♪

その後少し登るとピークに出ました。
その斜面にもカタクリがたくさん。なんだこのカタクリの量ww

分岐があったので俺は下る道を歩いていると、どうやら荒川沖さんがギフを採ったらしい。
でも羽化不全だったようできちんとしたのが採れたら逃がすと言っていました。
ギフってなんか翅がクシャってなってるような羽化不全多いんだよな~。

その後ヤナギハシさんもギフを採集。
くっそー、何で俺の前には姿を現してくれないんだ・・・。

ここでこれまでギフが採れている場所を整理すると、どうやら分岐した道の中でもピークにある道で採れているらしい。
俺が歩いているのはピークから少し外れた道。
ならピークを歩けば・・・。

そう思い他の人がギフを採った道を歩くと、2,3m先から蝶が飛び立ち、こっちに向かってきます。
あれは紛れもないギフチョウ。
網を振り一発でネットイン。

b0178466_13595781.jpg
ギフチョウ Luehdorfia japonica (Leech, 1889)

ふぅ・・・。やっと採れた・・・。
新潟県産初採集です。
結構大きいし黒帯も太目。てっきり日本海側は基本的に黄色部分が増える傾向があると勝手に思い込んでいましたが、やはり平地だと?黒帯も太くなるんですね。

荒川沖さんに会ったので採れたことを報告すると計3頭採れて2頭羽化不全だったから1頭確保したとのこと。遭遇率すげえww
荒川沖さんは他にカミキリも採っており、見せてもらいました。

荒川沖「これなに?」

タイヤキ「ん・・・アカネ・・・じゃない!これどこで採りました!?」

荒川沖「向こうの方のスギ林にいたよ~」

タイヤキ「これ・・・ビャクシンですよ!!」

そういえばここ新潟だったあーーーーっ!!!!
ギフのことばかり考えていて完全に忘れてました・・・。
ビャクシンは東海地方にいてはなかなか採りにくい種類。
スギ材の移動とともに本来生息していなかった場所の土場でも見つかるようになったこともある種類ですが、おそらくここはもとからいた場所。
そうだよねー、新潟ならビャクシンいるよねー・・・。
後で場所を教えてもらうことに。

その後行きに見つけたカタクリの群落などを見て回りましたがギフは現れず・・・。
再びギフのよく出る道に行きますがここでも出てきません。

いないな~と思ってリュックの紐を直していると目の前をギフが。
急いで追いかけましたが林の中へ・・・。
いきなりすぎるよ・・・。

少し歩いて後ろを振り返るとさっき採り逃がした場所にまたギフが。
しかもさっきの個体とは違うやつのようです。
しかし走り出した時にはもう遅く、また林の中へ・・・。
もうちょっとタイミング良く出てこようぜw

しかしこの場所が蝶道になっていることは分かりました。
しばらくこの場所で粘ることに。

でもまあそういう時に限って出てこず、やっぱダメかと気を抜いた途端現れて林の中に入ってくワケで・・・。
しかし今度は林床に着地するのが見えました。

そこで林内に入るとカタクリの近くにギフが。
しかし木やササが邪魔で網が振れない!
仕方なくギフを飛ばすとさらに奥へ。

追いかけると沢に出て少し広めの空間。
ここはすごくいい環境な気がする・・・!

さっきのギフもこちらへ向かってきたのでネットイン。
俺の感じではここがちょうどギフがUターンする場所。

ギフを三角紙にしまうとまたギフが。
こいつも焦らずネットイン。これで3頭です。

なかなかいい場所を見つけることができました。
さっき道で見た2頭が採れたんだと思います。
ってことは次はもうない?

しばらく待ってみましたが、ギフは現れず12時に近づいたので戻ることに。
そういえばマガタマハンミョウが採れました。
マガタマハンミョウはハンミョウのくせに飛べないやつ。道教えの名がなくぜww
まあハンミョウが飛べるくせに足速くてハンデありすぎなんですけどw

その後皆と合流してもう昼だしいったん車に戻ることに。
俺と荒川沖さんが途中でビャクシンがいた場所へ。

と別れた直後、遠くにギフが急いで走り、ネットイン。
殺した後に気付いたのですが、後翅が1枚鳥にかじられたのか無くなっていました。
殺す前に確認すればよかった・・・。

ビャクシンについて詳しく話を聞くと、スギの伐採木上をヒメスギが這い回っており、まわりを見てみるとその倒木についていた枯葉にいたんだとか。
これがその伐採木。
b0178466_1405259.jpg
ここだけ日当たりが良かったので、ヒメスギが好んで集まってくるのでしょう。
他にも伐採木はありましたがヒメスギがいたのはこの木だけでした。

ビャクシンは夜行性なので、今は樹皮下に隠れているはず。
しかし、ビャクシンが隠れられそうな隙間はありません。
ここで目についたのは木の上に積もった枯葉。
こういうとこの中にも隠れてるんじゃないのか?

慎重に枯葉をどけると、そこにはビャクシンが。しかもデカい!!
b0178466_1402771.jpg
ビャクシンカミキリ Semanotus bifasciatus (MOTSCHULSKY,1857)

いよっしゃああーーーっっ!!!!!
やったやった、ビャクシンだーっ!!
カッコ良いな~、デカいな~、前胸フサフサだな~w

ヒメスギと同じく早春にのみ出るカミキリ。
産地は結構局地的らしいです。

荒川沖さんも2頭見つけたようですが、1頭は逃がしてしまったとのこと。

調べられるところは調べたし、他の2人を待たせても悪いので、下ることに。
とりあえず採れてよかったあ~。

昼食を食べた後は2番目に行った場所へ行ったのですが曇ってきてギフは飛びそうもなく、すでに全員がギフを採っていたためあまりやる気も出ず、荒川沖さんの提案である水生昆虫の生息地を見に行きましたがよく分からず、そのまま帰ることに。

帰りは渋滞に巻き込まれ、最寄のICについたのは午後7時半ごろ。
外で夕飯を食べ、8時半ごろ農工大に到着。

荒川沖さん、take3さん、長距離の運転お疲れ様でした、それと昼飯と夕飯おごっていただいてありがとうございましたm(_ _)m


今回は本来の予定では1週間以上前に行く予定だったのが天気の都合で延期になり、GWの採集になったのですが、もし予定通り行っていたらどうなっていたことか・・・。
今回ギフが採れた場所もまだまだ出始めだったようです。
春に寒い日が続いたからというだけでなく、雪の影響も大きいのでしょう。
今年は去年以上におかしくなるか?


採集結果

ギフチョウ、ビャクシンカミキリ、タケトラカミキリキンケトラカミキリ

P.S.採ったふきのとうは天ぷらにしておいしく頂きました。
b0178466_14125231.jpg
ちなみに天ぷらを自分だけで作ったのは初めてです。
最初の天ぷらがふきのとうってなんかいいねww
[PR]

by taiyaki-i | 2011-05-05 14:14 | 採集記

色々あって   

2011年 05月 04日
もう遅いかもしれませんが、4/30の採集記は消させてもらいました。
自分勝手ですみません・・・。

これから気を付けます。
[PR]

by taiyaki-i | 2011-05-04 22:59 | 雑記

今日の夜から   

2011年 05月 02日
新潟にギフ採集に行ってきます。

天気も良いみたいだし、きっと採れるはず!!
新潟ってギフ多いらしいし。
[PR]

by taiyaki-i | 2011-05-02 07:07 | 雑記