<   2011年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧   

明日の夜から   

2011年 05月 26日
大学の実習で群馬に行ってきます。

大学の実習は土曜の昼に最寄駅集合なんだけど、オサのトラップ仕掛けたいもんで。
初野宿です。
雨だしもともと寒いとこだし、過酷な初体験になりそう・・・。

ま、なんとかなるさww
[PR]

by taiyaki-i | 2011-05-26 22:00 | 雑記

寒いよ   

2011年 05月 24日
昨日今日と激さむ・・・。

そんな中でも羽脱してくるムネホシシロとカナメモチにしがみつくルリカミキリ・・・。
b0178466_1928147.jpg
何もこんな寒い時に姿を現さなくても・・・。
もっと奥まったとこにいるとか、少しでも寒さをしのぐ方法はあるだろ?

ムネホシシロは今日羽脱したのでとうとう10頭目です。
こんなに出てくれるとは・・・。嬉しいねえw
[PR]

by taiyaki-i | 2011-05-24 19:28 | 雑記

昨日の羽脱カミキリ   

2011年 05月 22日
昨日も初めて見る種が羽脱していました。

まずは、キイロメダカ。
b0178466_22353798.jpg
キイロメダカカミキリ Stenhomalus nagaoi HAYASHI,1961

奈良のカゴノキから。アセビ・カゴノキにつくそうです。
なんか見た目が南方系っぽいww
でも生息地は東北南部以西。

そして、石垣のタブ?シイ?から初めての羽脱。
b0178466_2236628.jpg
ヒゲナガヒメカミキリ Ceresium longicorne PIC,1926

『日本産カミキリムシ』によるとこいつも東北南部以南とのことですが、九州以北ではあまり多い種では無いようです。
南西諸島特産じゃないけど、とりあえず石垣島の材から(ヤエヤマアヤモンチビを除いて)初めてカミキリが出てきてくれて良かった良かった。
タブだと思って採ってきたけど、ヒゲナガヒメが羽脱したからシイかも。
なんか樹皮の感じも違うし。昨日見たタブよりザラザラしてるっていうかゴツゴツしてるっていうか・・・。

どっちも写真悪くてすいませんねえ・・・。何せちっこいもんでw
[PR]

by taiyaki-i | 2011-05-22 22:43 | カミキリ

5/21 東京都高尾山&某所 初夏の高尾山、そして・・・   

2011年 05月 22日
今日も高尾山です。これで3回目。裏高尾を合わせると4回目です。
今日の目的もフチグロヤツボシ。まあ出てるんじゃないか?

いつもと同じ時間に家を出発し、今日もケーブルカーを使わず徒歩で登ります。

途中、あまり目立たないけど花があったので掬ってみると、なんとトガリバアカネトラがどっさり。

b0178466_1341638.jpg
トガリバアカネトラカミキリ Anaglyptus (Anaglyptus) niponensis BATES,1884

ぜんっぜん目立たない花なんだけど・・・。
こんなんです。
b0178466_13412668.jpg
ハイノキ科・・・なのかな?

なんかパッと見全然ダメそうなのでも実はめちゃくちゃカミキリ集まってるって花、結構あるよな~。
ヤマボウシとか、今回のやつとか・・・。

トガリバカネトラ以外はシロトラだけでした。

一方のホオノキはというと、食痕らしきものはあるものの、主は見つからorz
フチグロヤツボシの食痕って、ルリカミキリ的な葉脈をかじった痕で良いんかな?

ミズキの花ではカラカネハナが。

b0178466_13414224.jpg
カラカネハナカミキリ Gaurotes (Paragaurotes) doris BATES,1884

もう出てるんだ、ていうか高尾にいるんだ・・・。

道を歩いているとエサキオサも発見。

b0178466_13415899.jpg
エサキオサムシ Carabus albrechti esakianus (Nakane, 1961)

東京来てカントウアオ以外のオサムシ初めて見たかも・・・。
嬉しい初採集です。ルイスとエサキって分かりにくいって思ってたけど、実物見ると大きさとかだいぶ違うな~。

時間がたち暑くなってくると、花を掬ってもカミキリはフタオビヒメハナしか入らなくなってしまいました。
暑すぎて虫がいない・・・!

早々に見切りをつけて下りました。
行きにトガリバアカネトラを大量ゲットした花も掬ってみましたが、今回はトガリバアカネトラが2,3頭入ったのみ。
暑いからゴールデンタイムがずれていたようです。
そういえば2度目にツジウス採りに行った時もこんなだったな~。

山を下りて駅に着いたのが13時前。
このまま帰るには惜しい・・・。

そこで、ホシベニカミキリを探しに行くことに。

電車で移動し、やってきたのは都内某所。
自分で調べてここならいるだろうと思っていた場所ですが、いるという情報を頂きました。

タブを見ていくと、さっそく枝に赤い虫が。

b0178466_13425141.jpg
ホシベニカミキリ Eupromus ruber (DALMAN,1817)

いよっしゃああああーーーっ!!!
地元でも探してたけどなかなか見つからなかったやつがここに・・・。
ていうか見つかるの早いよ・・・。まだ1本目だぞ!?
地元での苦労は何だったんだろう・・・?w

羽脱孔もありました。
b0178466_1343843.jpg

その後も順調に採集数を増やしていったところで事件が。
ふと毒ビンを見ると、全然ホシベニが死んでいない!!
そしてお互いにかみ合ってアンテナやら脚やらがバラバラに・・・orz
これじゃあソボリンゴの二の舞じゃねえかよ・・・!

急いで個別にケースに移し替え、損傷がひどいものはリリース。
家に帰る前に気付いてよかった・・・。

ホシベニって枝だけじゃなくて葉も後食するんだな~。
b0178466_1343262.jpg

ちなみに葉を後食しているのが確認できたのはすべてメスでした。
雌雄で食う場所が違うのか?

結局損傷個体はすべてリリースするできるほどたくさん採れました。
でも家に帰って酢エチで〆たら入れてる時間が短くて今日(22日)の朝見たら生き返ってて、結局3分の1くらいはアンテナ切れたorz
なんか・・・馬鹿だよねw

そしてこのことから小型の毒ビンを多めにもつことを決めたのだった・・・。
で、今日むし社へ行って毒ビン用の小型ケースを買ってきたのである・・・。

採集結果

トガリバアカネトラカミキリ、シロトラカミキリ、カラカネハナカミキリ、サビカミキリsp、ホシベニカミキリ、エサキオサムシ
[PR]

by taiyaki-i | 2011-05-22 13:45 | 採集記

キボシチビ   

2011年 05月 20日
ムネホシシロに続き、またまた狙っていたカミキリが羽脱していました。

b0178466_1922275.jpg
キボシチビカミキリ Sybra (Sybra) flavomaculata BREUNING,1939

カラーリングがカッコ良い!
こういうシックな感じの好きなんだよな~w

野外では珍しいですが、材採では比較的簡単に採集できるそうです。
初採集。奈良で採ってきたモミから出てきました。ちょうどテープのとこに羽脱孔があったから出てきたって分かったけど、完全に保護色だから探すのが大変でしたww

ムネホシシロも2頭羽脱。こんなコンスタントに羽脱するとは・・・。
でも正直言うと一気に出てくれた方が色々まとめてできて嬉しかったりするw

さらにクワからはムツボシタマムシ、奈良のカゴノキからはクロオビトゲムネ(暫定)が羽脱。

b0178466_19224679.jpg
ムツボシタマムシ Chrysobothris succedanea E.Saunders, 1873

ムツボシタマは以前土場で見つけたものの逃げられ、ずっと探していたやつです。
カッコ良いなあ・・・。

ムツボシタマ、クロオビトゲムネ共に初採集。

今日は昼の弁当タダ飯でしかも余ったの持って帰れたし、虫もいいのばっか羽脱してるし、最高だな~ww
明日高尾行く予定だけど、何も採れないかもw
[PR]

by taiyaki-i | 2011-05-20 19:24 | カミキリ

そういえば、   

2011年 05月 19日
いつの間にかこのブログも3年目に突入していました。
これもこのブログを見てくださっている皆様のおかげです。
最近はアクセス数も増え、嬉しい限りです。
まあ、その分書く内容もできるだけ詳しく書きつつぼかす努力をしなければならないわけですが・・・。

これからもタイヤキの虫ブログをよろしくお願いしますm(_ _)m

あと、今日もムネホシシロが1頭羽脱しました。
ムネホシシロであると確認できていた幼虫は1頭だけだったので、嬉しいです。
このまま10頭くらい出てくれんかな~( ゜ ∀ ゜ )♪
[PR]

by taiyaki-i | 2011-05-19 16:17 | 雑記

昨日と今日も   

2011年 05月 18日
ルリカミキリを探していました。

b0178466_21333112.jpg
ルリカミキリ Bacchisa (Bacchisa) fortunei japonica (GAHAN,1901)

昨日は3頭、今日は5頭採集。

そして今日の帰りがけ、網をしまっているときふと足元を見ると、下草に妙なコガネムシが。
触角がデカいからセマダラコガネ?でも模様は無いし雰囲気違う・・・。
まさか・・・

b0178466_2134189.jpg
ヒゲブトハナムグリ Amphicoma pectinata (Lewis, 1859)

初めて見た・・・。オオヒゲブトハナムグリのようにカラフルではないですが、こっちもなかなか乙な虫。
触角と体、脚のバランスがカッコ良い!!

さらに今日は家に帰ってからも嬉しい悲鳴が。
帰宅して材を調べていると、クワの材にいつも見ているキボシやサビカミキリとは違う細長めのカミキリが動いているのが目に入りました。
こっ、こいつは・・・。

b0178466_21341544.jpg
ムネホシシロカミキリ Olenecamptus clarus PASCOE,1859

いよっしゃああああああーーーーーっっっ!!!!!!
カッコ良いぜ・・・!触角長いしこの白い部分の質感がたまんねえなww
ていうかシロカミキリ初採集だよ~・・・。
にしても良かった出てくれて・・・。幼虫は確認してたけどちゃんと育ってくれてるかずっと心配だったからなあ・・・。
今冷凍で〆ている最中です。

これからも何頭か出てくれると嬉しいです。
[PR]

by taiyaki-i | 2011-05-18 21:37 | カミキリ

ルリ探し(クワじゃないよ)   

2011年 05月 16日
ここのところ気温が高かったのでルリカミキリが出てきているのではと予想し、発生が確認されているカナメモチを調べてみました。

朝調べると、食痕が。
b0178466_234710.jpg
やはりすでに発生しているようです。

成虫は見つからなかったので、昼にもう1回見に行くと・・・
b0178466_231137100.jpg
久々の再会です。

網を持っていなかったので枝を手繰り寄せて採ろうとしますがあと少しのところで逃げられるorz
やっぱ敏感だな・・・。

その後無事ゲット。
b0178466_2311501.jpg
ルリカミキリ 

さらに1頭を追加し今日はおしまい。
明日はちゃんとネットを持っていきます。

家に帰ったらエゾナガヒゲがクワの葉を後食してくれていました。
b0178466_2312318.jpg
葉脈にもかじった後がありますが、蝶の幼虫のようにボリボリ齧っているみたいです。
野外だとどういう風にかじるんだろ?
[PR]

by taiyaki-i | 2011-05-16 23:12 | カミキリ

フェモラータ   

2011年 05月 15日
今日確認したら羽化していました。

b0178466_22222837.jpg
フェモラータオオモモブトハムシ Sagra femorata

とりあえず羽化してくれて良かった・・・。
最初管理方法間違えてたからな~。

まだ腹も膨らんでおり、動き出すまでは2,3日かかるかも。
色もなんだか緑っぽいです。

もう1頭羽化確認済みです。
まあ自分から動き出すまでそっとしておきましょう。

ちなみにエゾナガヒゲも1頭出てきました。
折れたとこに蛹室があったんかな?
[PR]

by taiyaki-i | 2011-05-15 22:23 | その他の虫

5/14 長野県伊那市 ある意味奇跡?なカエデ掬い   

2011年 05月 15日
今日は待ちに待ったツジウス採集の日です。
平日ずっと天気が悪かったのですが、週末は晴れ。雨上がりで一番いい時のはず!

朝4時に農工大に集合。と言っても俺と荒川沖さんの二人だけですが。
b0178466_9143849.jpg
車がいない・・・。
荒川沖さんの車で農工大を出発し、7時すぎに現地到着。
b0178466_915392.jpg
もちろん天気は晴れです。
・・・寒いけどw

去年もここで会った人や別の場所で会った人もいたので挨拶して話をし、7時半すぎに移動開始。
歩き続けて20分ほどで、一番下のポイントに到着。

なんと俺のことを知っている人が!
そしてその中にはロットンさんがいらっしゃいました。
メールなど色々させてもらっていますが、会うのは初めてです。
とても気さくで優しい方でした。

さらに歩いて一番上のポイントに到着。
すでに7,8人がいました。

俺らが到着してすぐ、飛翔中のピニボラをある人がゲット。
この時間で採れるって・・・今日すごいことになるんじゃないか?

ちなみに歩いてくるときもちょっと掬いましたがヒメクロトラのみでした。

まだ時間が早いので周りの人たちと談笑。
平日にも採れているし、昨日もまあまあ採れたようです。

・・・談笑。

・・・寒いから談笑。

・・・寒いよお(泣)

パーカー着てるのに寒い・・・。
風もだいぶあります。
もちろん誰からも歓声は上がりません。
一応掬ってはみるものの、ツジウスはおろかカミキリ自体が入らないという有様。
良くてたまーにニセハムシハナ系やヒメクロトラが入るくらい。

こんなに寒かったら虫採れないぞ・・・。
今の時刻は9時半ごろ。
う~ん、下のポイントまで戻るか~。

下る途中もカエデを掬っていきますが、ヒメクロトラやニセハムシハナ系が入るだけ。それも少ない・・・orz

そのまま歩いてロットンさん達がいるポイントに到着。
ロットンさん達もほとんど採れていないとのこと。

一番風も無いしここで粘ることに。

風は無く花も咲いているのですが、やはり何も入りません。
一応ナガタマが1頭入りましたが。

一緒に掬っていた人の話によると乾燥しすぎているのではないかとのこと。
昨日はちょうど雨上がりで湿気があり、かつ放射冷却がなく気温も上がったのですが、今日は夜も晴れていて気温が下がり、乾燥しているのです。
1日違いだったか・・・。

結局昼過ぎまで何も採れず、下ることに。
まさか何も採れないとは・・・。去年だって数頭はいいの採れてるんだけどなあ・・・。
他の人も言っていましたが、こんな状況ある意味奇跡です。
自然は分からんなあ・・・。

ていうか採れると思って亜硫酸先に用意しちゃったから1セット無駄になった・・・orz

まだ時間があるのでロットンさんに教えてもらったエゾナガヒゲのポイントに行くことに。
エゾナガヒゲはニガキに入るカミキリで、鳥の糞に擬態していると考えられている変わったカミキリ。
カミキリで鳥の糞に擬態するってめずらしいよな~。

ニガキの写真を撮るのを忘れてしまいましたが、新芽をかじったら本当に苦かったです。
しかも苦味が残るし・・・。

ポイントには多くのニガキの枯れ枝や立ち枯れがあります。
ニガキは生きているときは黒っぽい樹皮に覆われているのですが、枯れると樹皮がはがれて白い材部が見えるようになります。

ニガキの枯れ枝には樹皮下に食痕が。これがエゾナガヒゲの食痕か?
ある材には材部への侵入孔もありました。

石にぶつけて折ってみると、侵入孔の先に広めの空間が。
b0178466_9155016.jpg
なーんかヒゲみたいなのが見えるぜ・・・?

この状態からさらに木を崩して取り出すのは危険すぎるのでピンセットでつまんで取り出そうとすると、ヒゲだけ切れてしまったorz
うあああああorz

なんとか出せないか材をトントンしてみると、案外簡単に出ました。
最初からこうしてれば・・・。

b0178466_91691.jpg
エゾナガヒゲカミキリ Hirtaeschopalaea nubilus (MATSUSHITA,1933)(帰宅後撮影)

よっしゃあああーーーっ!!!!
初採集です!!大きさは1cm強。

ホントカッコ良いなあ・・・。
この模様がたまんないねww
ヒゲが短めなのでこの個体はメスなのでしょう。オスはもっと長いみたいです。
材から出した個体はヒゲが丸まっているというのは本当のようです。
帰ったら後食させないと・・・。

鳥の糞に擬態しているんでしょうが、若干ニガキが枯れて白と黒がまだらになった状態に擬態しているように見えなくもない?

蛹室は材部へ侵入したすぐのところに栓がしてあり、そこから材の外側へ向かうように作られていました。
b0178466_9202711.jpg
蛹室の先端を少しだけかじって羽脱するものと思われます。
実際、侵入孔から少し離れたとところに羽脱孔があるというパターンが多く見られました。

その後幼虫も発見したため材を確保。
b0178466_9204544.jpg
若干黄色がかっています。

このあとヒメギフが採れないかとポイントへ移動しようとしたのですが、道が工事中だったため断念orz
結局そのまま帰路につくことに。

帰りは談合坂付近で渋滞に巻き込まれ、8時ごろ農工大に到着。


今回は何かしら採れるはずと思っていたカエデが全くの不振で完全に想定外でした。
それでもエゾナガヒゲが採れたので来た甲斐がありました。
また、ロットンさんたちにも会え、色々話をすることができたので嬉しかったです。
本当にありがとうございました。
ロットンさんたちは日曜まで粘る人が多いみたいです。採れてるといいけど・・・。


採集結果

エゾナガヒゲカミキリ、ナガタマムシsp

P.S.写真少なくてすいません・・・。だって虫いないんだもん・・・。
[PR]

by taiyaki-i | 2011-05-15 09:25 | 採集記