<   2010年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧   

4/25 岐阜県某所 春物カミキリを求めて   

2010年 04月 27日
今回虫採りに熱中しすぎて写真が少ないです。最近写真が少なくてすいません・・・。

今日は岐阜でヒラヤマコブハナカミキリという木の洞に依存するカミキリがターゲット。
出てはいるようですが、果たして採れるのか・・・。

家を6時に出発し、現地に7時半過ぎに到着。はええ・・・。
下見に来た時の情報を元にアカメガシワの洞をチェックしていきます。

最初の場所はシラホシキクスイが出たアカメガシワ?の材を採った場所。
まずは葉を見て材の樹種を確認。
その葉は・・・
b0178466_19141410.jpg
あー、もうニレ科っぽいな、これ。
道理でシラホシキクスイが出ちゃうわけだよ・・・。んで、もうこれでトラニウスが出る確率はゼロorz

まだ時間が早く、気温も8度ほどしかありませんが、樹種も分かり、このまま待ってるのもヒマなので早速洞の確認に。
蚊取り線香の煙で虫をいぶし出します。
さて、出てくるでしょうか・・・?

・・・洞の上部から煙が出てきました。これで洞の内部に煙が充満していることになります。
煙なら自然と洞から出て行ってあとには残らないっていうのがいいですね~。

さて、煙とともに這い出てくるものは・・・

いませんでしたorz

洞の内部で寒くて動けないかもしれないと思い、入口あたりを携帯のライトで照らしてみましたが、赤い姿は拝めず・・・。

気温が上がってからまた見ることにして、場所を移動。

次の場所は急斜面にあるアカメガシワ。
今日は前回と違い蚊取り線香片手なので登るのがキツい・・・。

下見に来たときに羽脱口らしきものを確認していますが、どうなのか・・・。

・・・。

・・・・・・。

う~ん、何も出てこないなあ~・・・。
洞の内部だけでなく、その周りも見ましたが、いませんでした。

その後、周囲の洞も確認しましたが、ヒラヤマはおらず・・・。

今度は前回雪で行けなかったところを歩いてみることに。
小規模な谷ですが、地図で確認すると広葉樹林マークが多く、アカメガシワがある可能性は高いです。

その谷を歩くと、少ないながらアカメガシワが見られますが、ほとんどが谷側にあるため確認できません。
こりゃロープが必要なわけだ・・・。
尾根側にある木はチェックしましたが、ヒラヤマは不在。

このころからちらほらとスギタニルリが目につくように。
スギタニルリは採集依頼があるのでここから少し蝶採集。

スギタニルリは地面すれすれを飛ぶので採りにくい・・・。
とまってるのが見つけられりゃいいんだけど、小さくてなかなか分かんないし、一度飛び立つとすぐには止まんないんだよな~。
父も苦労してましたw

俺は採集しながら撮影も。
b0178466_1915291.jpg
スギタニルリシジミ Celastrina sugitanii (Matsumura, 1919)

スギタニルリとタダルリは、裏面が灰色がかっている、後翅裏面の斑紋がV型になるなどの点で区別できます。実物を見るとそんな注意しなくてもすぐに分かるもの。

このあと、シダに止まった個体が翅を開いたので開翅写真を撮ろうと思い近づいたところ、飛び立ってどこかへ行ってしまいました。
この個体は外縁の黒帯が太く、メスのようでした。
このときはあー、どっか行っちゃったな~、くらいしか思わなかったのですが、帰宅してから調べたところ、メスはなかなか吸水せず、採りにくいことが判明。
う~ん、惜しいことをしたな・・・。せめて写真だけでも採りたかったorz

スギタニを採集しながら最初に見た洞のところまで来ましたが、ヒラヤマはいませんでした。
う~ん、いい洞だと思うんだけどなあ・・・。

スギタニをある程度採集したので、今度はギフチョウのポイントへ行くことに。
しかし、移動してすぐに、通行止めの看板が。
「落石および法面崩壊の危険性」だそうです。確かに走ってるときに大き目の石とか結構落ちてたな・・・。

予想外のハプニングで時間が出来たので帰りに寄る予定だった土場へ行くことに。

b0178466_19155570.jpg
ここにはもしかするとビャクシンカミキリがいるかも・・・なんて思っています。
まずは広葉樹の材の確認。
すぐに材上を歩く1頭の虫が目に入りました。

b0178466_19174438.jpg
アトモンサビカミキリ Pterolophia (Pterolophia) granulata (Motschulsky, 1866)

今シーズンの土場での初カミキリです。こいつは成虫越冬するやつだったっけ?

次は針葉樹材。真昼間なのでおそらくはがれかけた樹皮の隙間などに潜んでいると思われます。
すぐに現れたのはヒメスギカミキリ。こいつも代表的な春のカミキリ。
ただ、数が多すぎるため人気?は今一つ。似たようなミドリヒメスギは人気あるのになあ~。
すでに標本が結構あるので採集はしませんでした。

しばらく探しましたが、ビャクシンは見つからずorz

土場の周囲を歩いていると花を掬っているカミキリ屋さんに会いました。
トウキョウトラを採りに来たそうですが、まだ早かったとおっしゃってました。

その人と話をしながら材を見て回るも、追加のカミキリは得られず。
その人も少しヒラヤマを探していたそうですが、見ていないとのこと。
この土場は昔から有名で、最近は乾燥していてあまりカミキリは集まらない?みたいですが、昔は一日でオオアオ50頭(!)なんていうときもあったそうです。昔はすげえなあ・・・。
見た目だけだと今でも結構虫集まりそうだったんで、機会があれば夏にも来たいです。
久々に他のカミキリ屋さんに会えたからうれしかったな~。花掬いや土場だとほかの人にあえて色々話できるのもいいですよね~。

材をみていたら昼になったので、昼食を食べて移動することに。
今度は下見のときによくポイントがわからなかった場所。
今日はまだ時間があるので自分の足で探すことに。
本来はこういう風に人に頼らずに自分の足だけで探すってのが理想だと思うけど、難しいなあ・・・。

車では入れない道があるので、そこを歩くことに。
最初の方は植林一色でしたが、次第に広葉樹も見られるように。アカメガシワもちらほら。
洞のある木もありました。
なんかこのころからちょっとヤケクソ気味になっており、線香はほとんど使いませんでした。
携帯のライトで照らしたりして確認しましたが、ヒラヤマは見つからずorz

道の終点にはこんなものが。
b0178466_19183945.jpg

クマ・・・なのか?
大きさは15cmくらい。
クマは5本足みたいだけどこれには3本しかない・・・。右側に微妙に4本目が写っているような気もするが・・・。ツメはあるみたいだしな~。
クマ以外だと何になるんだろ?
謎だ・・・。

結局ヒラヤマは採れず、もう一度土場へ行くことに。
またビャクシンを探すものの、確認できず。
近くのカエデも掬ってみましたが、ハチしか入りませんでした。

今回はなんというか、「惨敗」でした・・・。少しヒラヤマを見くびっていたかも・・・。
木曜に行けるならリベンジしたい!!天気が微妙ですが・・・。
ビャクシンも含め、がんばって採りたいです。
帰ってきたら37.4℃の熱があった(爆)

採集結果

アトモンサビカミキリ、コメツキsp
[PR]

by taiyaki-i | 2010-04-27 19:30 | 採集記

4/24 愛知県瀬戸市 春なカミキリ   

2010年 04月 24日
明日が待ち切れず昼から瀬戸へ行ってきてしまった(爆)
受験生だし、ホントはこの欲求を抑える術を手に入れないといけないような気がするが・・・。

カエデの開花状況や確実なアカメガシワの樹皮を見たり、あわよくばオオミドリの採幼でも出来ないかな~と思っていましたが、オオミドリは影も形もなしorz

カエデは8分咲きくらい?
瀬戸で今8分だとツジウスはどうなるんだろうか・・・。

アカメガシワはちゃんと見れました。
これで明日シラホシキクスイが出てきた木が本当にアカメガシワなのか調べれます。

カエデ以外にもウワミズザクラが咲いており、春なカミキリは採集できました。
b0178466_1950932.jpg

b0178466_19491598.jpg
ヒナルリハナカミキリ Dinoptera minuta (Gebler, 1832)

b0178466_19513517.jpg
ヒナルリハナの変異?

b0178466_19521987.jpg
キバネニセハムシハナカミキリ Lemula decipiens Bates, 1884

b0178466_19531167.jpg
ヒメクロトラカミキリ Rhaphuma diminuta diminuta (Bates,1874)


アカメガシワの枯死部にあった羽脱口。
b0178466_19534622.jpg
何の羽脱口でしょうか?

ここはアカメガシワが多くヒラヤマも生息しているはずですが、川の柵の向こうにあるのでチェックできずorz

今年は異常気象な春なのでそもそもカミキリはいるのか?カエデは咲いているのか?など不安はありましたが、ちゃんと見ることが出来たので一安心。
しかし、やはり4月末にしては・・・という感じでした。これからどうなるんだろ?
[PR]

by taiyaki-i | 2010-04-24 20:00

庭にて。(写真デカいです)   

2010年 04月 24日
b0178466_11532859.jpg
久しぶりにゴマダラの幼虫を見ました。脱皮直前のようです。
他にも5,6頭確認できたのですが、葉についているのはこの1頭だけで他は幹についていました。
b0178466_11553144.jpg
今の時期って、普通は緑のやつがいてもいいと思うんだが・・・。
今年はホント分からんな~・・・。
明日のヒラヤマも心配です。気温が15度くらいまでしか上がらんらしい・・・。

あと、激ボロのツマグロヒョウモンとアゲハの卵。
b0178466_1156211.jpg
b0178466_11564176.jpg
ツマグロは初見。アゲハはまだ成虫見てないのに卵を見つけてしまいましたw
[PR]

by taiyaki-i | 2010-04-24 12:01 |

今週末は   

2010年 04月 22日
ドピーカンのようです。

久々に晴れ・・・。俺にも運が向いてきたか?w

日曜に岐阜へヒラヤマを採りに行ってきます。1週間ほど遅いけど、ギフも飛ぶだろうな~。

久々のカミキリ採集っぽいカミキリ採集だからめっちゃ楽しみだー!!
こんだけ待ち遠しいと晴れるんかねえ?
途中でカエデとかも咲いてないかな~?(゚ ∀ ゚ )


ついでに近くであるカミキリが採れるかも・・・?
[PR]

by taiyaki-i | 2010-04-22 21:56 | 雑記

リンク   

2010年 04月 19日
ロットン虫採り放浪記

リンクを貼らせてもらいました。
岐阜のカミキリ屋、ロットンさんのブログです。

色々なカミキリが出てきて面白いです。
[PR]

by taiyaki-i | 2010-04-19 21:57 | 雑記

今週は   

2010年 04月 18日
昆虫採集ではなく釣りに行ってきました。

晴れていて暖かかったのですが、ものすごい風ww
釣果はメバル多数とその他諸々。
カレイが釣りたかったな~。

昆虫採集はどうだったんでしょうか?
ロットンさんはヒラヤマ採れたかな~?
[PR]

by taiyaki-i | 2010-04-18 17:44 | 雑記

そういえば   

2010年 04月 14日
この前の採集記を書いている間に結構カミキリが出てきました。

4/11

アカメガシワからシラホシキクスイカミキリ

ツクバネガシからトゲヒゲトラカミキリ

タンナサワフタギからホソハナカミキリ

4/13

ヤナギからヒトオビアラゲカミキリ×2

タンナサワフタギからホソハナカミキリ

ホソハナは初採集です。シラホシキクスイは2頭目。
シラホシキクスイってアカメガシワ食うのか・・・?ニレ科じゃなかったと思うけど・・・。
採ってきた木がアカメガシワじゃなかったのか?
それだと本来の目的のトラニウスは出ないかなあ~・・・。
[PR]

by taiyaki-i | 2010-04-14 22:42 | カミキリ

4/11 愛知県某所 材折採集   

2010年 04月 14日
今日は最初雨が降っており、写真が撮れなかったこともあり、帰宅後撮影のものしかないので、味気ないですがほぼ文章のみの採集記をお楽しみください。

今日のターゲットはタカオメダカカミキリ。この時期は秋に羽化した新成虫がブナの小枝の中に入っているので、枝を折ってそれを取り出す、という採集方法です。
とは言っても本来は冬の採集法で、今はもしかすると出てきているやつもいるかも・・・。

家を6時に出発し、現地には8時ごろ到着。
予報では1日中曇りだったのですが、めちゃくちゃ雨が降ってましたorz
早速林内へ入り、採集開始。地面に落ちている枝を折っていきます。

最初のころは枝を折っても新しかったりで食痕すら出ませんでしたがしばらくして、ある木の下の枝を折ると、食痕が現れました。
さらに折っていくと、小さな穴の中に動く脚・・・。
b0178466_0114887.jpg
タカオメダカミキリ Stenhomalus nagaoi HAYASHI,1961(帰宅後撮影)

おお、採れた・・・。さて、取り出して・・・


ぶちゅ


ん?「ぶちゅ」って何なん?
うおあっ、取り出すときに枝で腹を潰してしまった!!
けど奇跡的に生きてるし後肢が1本取れただけで表は大丈夫だ!!
画像の個体の腹部がなんだかおかしい?のはそういうことです。

よかったよかった・・・。タカオメダカ、無事?初採集。

にしてもちっちゃい・・・。5mm弱。父はこんなの見つけられんと言っていましたw

その後、同じ枝を折っていくと死骸が2体出てきました。
形のいい方をキープすることに。

また、すぐ近くにある枝を折ると、カミキリの幼虫が出てきました。
ブナケシカミキリってヤツか?

他にも腐朽した枝もあったので、崩してみるとコルリのオスが。
b0178466_013557.jpg
トウカイコルリクワガタ Platycerus takakuwai takakuwai Fujita,1987(帰宅後撮影)

愛知のコルリは以前はキンキコルリだったのですが、2008年だったか?に分類が変わったときにトウカイコルリになりました。実感湧かねーよww

また、表面が黒くなった太めの枝を真っ二つに割ると、さっきとは違うカミキリの幼虫が出てきました。脚があるのでハナカミキリかネキのようです。
何に化けるかな~( ゚ ∀ ゚ )

また歩いて今度はカエデの白枯れの材があったので脚でゲシゲシやると簡単に崩れました。
崩れた破片をかき分けると・・・。
b0178466_0144752.jpg
ルリクワガタ Platycerus delicatulus delicatulus Lewis,1883

真っ黒のルリは初めてです。シックでカッコ良いですね~。

にしても珍しい日だなー、ルリ系の成虫がこんな短時間で採れるなんて・・・。
同じ材からは幼虫も3頭出てきました。

その後、場所を変えたり他のカミキリの場所を見てみたりしましたが、成果は得られず。
最初の場所で採ったものが今回の成果となりました。
ま、タカオメダカ採れてルリも採れちゃったし、上出来かな~。

しかし、本来タカオメダカはもっと簡単に採れる種類みたいなので、入っていそうな枝を見分ける能力をつけたいです。

採集結果

タカオメダカカミキリ、トウカイコルリクワガタ、ルリクワガタ、カミキリ幼虫
[PR]

by taiyaki-i | 2010-04-14 00:23 | 採集記

今日は   

2010年 04月 10日
先週採ってきたツクバネガシの材からトゲヒゲトラが出てきていました。

う~ん、トゲヒゲも入るのか…。
食痕は全部キュウシュウチビトラのものだと思ってたけど、トゲヒゲの方が多いかも…。
ちょっと心配です。
[PR]

by taiyaki-i | 2010-04-10 11:20 | カミキリ

カエデが…   

2010年 04月 07日
今日、学校の帰り道にある植木のカエデで花が咲いていました。
いっつもってこんな早かったっけ?
来週・再来週くらいには里山でトゲヒゲトラなんかが出てきそうです。ホント早いなあ…。

ツジウスは今年のピークはいつくらいになるんだろ?
さすがにGWで遅いってことはないと思うけど…。
[PR]

by taiyaki-i | 2010-04-07 17:26 | 雑記