カテゴリ:採集記( 148 )   

4/27~29 新潟県 残雪のギフ採集 前編   

2012年 04月 30日
四月ももう終わりで、ついにGW。
去年のGWは何してたかって考えると、新潟にギフチョウ採集。
あのころは関東方面の情報が何も無くて、新潟とかギフいんの?みたいな感じだった笑
去年は一カ所でしか採れなかったし、新潟のギフがもっと欲しい!!
ということで、今年も新潟にギフ採集に行ってきました。

27日

今回も夜行バス。
俺一人だったら東京で車借りて行ったけど、今回は父も来るということで、新潟への往路だけ夜行バスを利用。

新宿は霧雨でした。

b0178466_1642170.jpg

チャリ漕げる程度の雨だったから良かったけど、本降りだと府中まで行くのにバス使わなかんのか・・・(´・ω・`)

いつもはほとんど寝れない、行きの夜行バスだけど、今回は3,4時間寝れた!(^0^)

28日

5時ごろ長岡駅に到着し、父と合流。
マックで朝食をとり、とりあえずギフのポイントへ行ってみることに。
ちなみに初朝マック!
美味いけど、もうちょいハンバーガーデカくできんかね?w

この日は夜から霧が出ており、朝ご飯食べてる間にやっと晴れてきたという状況。
移動中の高速からは山沿いに残る霧が。

b0178466_1643457.jpg

ポイントの麓も霧の中。
そして残雪多い。

ポイントである山からは雲海(霧だから霧海?)も見えました。

b0178466_1644776.jpg

残雪はこんな状況。

b0178466_16442244.jpg

雪も若干多そうだし、桜が・・・。
一応この場所、例年なら4月中旬に発生するとこなんだけどな・・・(- -;)

まだ早そうなので、もう少し平地へ移動することに。

平地に移動すると、雪もほとんど融けていていい感じ。

b0178466_16443571.jpg

気温も7時半で、10度近くあります。
ちなみに今日は25度まで上がる予定。

ここはちょうど尾根に道が作られているため、ギフがこの道に上がってきそう。

下見のために車を降りてみると、ショウジョウバカマやカタクリも咲いています。

b0178466_16451012.jpg

カタクリの写真を撮ろうとすると、
「上!上!」
と父の声。

見上げると、地面から2mほどの高さをゆっくりと飛ぶ・・・ギフチョウ!?

えええええっ!!!???∑(@Д@)

ちょっ、まっ・・・。

こんな時間にギフが飛ぶなんて思ってないから、当然網も持ってなくて、ギフは林の中へ。
まだ7時半だよ!?
いくらあったかいつってもさあ・・・。
次からは下見でもちゃんと網を持とう笑

また飛ぶかもとしばらく見回りましたが、さすがにこの時間に飛ぶのは稀らしく現れないため、一度別の場所を下見。

b0178466_16452795.jpg

少し開けすぎているのか、なんか微妙な感じだった(・.・)

元の場所に戻って、目を付けていた林内のギャップを見てみると、ギャップ内を黄色っぽい蝶がヒラヒラと飛んでいます。
早速ギフ発見だぜっ!!

こっちに向かってきたので、慌てず一振りでネットイン。

b0178466_16454769.jpg

ギフチョウ Luehdorfia japonica (Leech, 1889)

よっしゃあっ!!!
今年初ギフ!!
スレの無い綺麗な個体です。

やっぱりギフはええのう(´ω`)

b0178466_1646090.jpg

尾状突起もちゃんとあります。

こんな感じの場所。

b0178466_16464739.jpg

まるでギフ採集者のためにギャップを作ってくれてるみたいだ笑

こういうとこから上がってきそうじゃん?(^ー^)

b0178466_16472455.jpg

写真を撮って後ろを向くと、藪の奥にまたギフが!

慌てて藪をこいで網を振るも、足場の悪いところだったため振り逃がして尻もち(´・ω・`)

道路の反対側の藪へ行ってしまいましたが、こっちが道路へ出ると向こうから出てきてくれた!
さっきスカって焦ってたからか、ここでもスカるorz

今度は向こうもスピードアップしたけど、うまいこと道路上を飛んでくれたため、追っかけてネットイン。
ふう・・・。

どうもこのあたりがギフが上がってくる場所らしい。
父も別の場所で1頭採ったようです。

ここでこのままねばりゃ良いものの、実はここも地元のポイントみたく谷に沿って飛んでる個体が多くて、尾根に上がってくるのは一部なんじゃないかとか思っちゃったもんだから・・・(´・ω・`)

道を外れて谷を下りてみるものの、下りる途中の藪で1頭目撃しただけ。
さらに隣の尾根に登ったら羽脱孔のたくさんあいたスギがあったから、ビャクシンに少し浮気してみるも採れず。

元の尾根に戻ったら、例のギフが上がってくる場所にいた父は、3頭追加していましたorz
目撃数はさらに多いらしい・・・。

もう11時前だしそろそろ移動したいので、後1頭採るまで粘ることに。
速攻で採れたよww

車に乗って出発する寸前にさらに1頭見つけて追いかけましたが、またしてもスカって藪の中へ/(^0^)\
結局この場所は俺3頭の父が4頭。
大人しくじっとしてればもうちょい数行けただろうに・・・。

次もこの場所とだいたい同じ時期に記録のある場所へ行くことに。
今度は尾根では無く、開けた谷です。

着いて早めの昼食を食べていると、遠くを飛ぶ黄色っぽい蝶の姿が。
飛び方ギフだけど、なんか大きいような・・・。

とりあえず網を持って確認に行きましたが、見失ってしまいました。
見つけた瞬間にすぐ走り出してりゃ絶対採れたのに・・・(´・ω・`)

昼食を終え、行動開始。
まずはさっきのギフ(仮)が飛んできた方向の山の道を歩きます。
が、薄暗いスギ林でカンアオイも見つからず、ギフにはあまり良さそうに見えなかったので、反対側の山沿いを歩くことに。

歩き始めてすぐにギフを発見しネットイン。

b0178466_16481572.jpg

交尾嚢付きのメスでした。
と言うことは、ちょっと遅めか・・・。

カタクリにはちょうど良いようです。

b0178466_1650597.jpg

カンアオイもありました。

b0178466_1649353.jpg

ここのはコシノカンアオイらしい。

この後はフラフラと飛んでいたオスを1頭採集しただけ。
暑過ぎ?
25度ほどあるようです。
いくら遅めつってももうちょい飛ぶだろ・・・。

今日の暖かさで羽化しているかもと今度は例年この時期に発生するポイントへ行ってみますが、まだ林床が雪に覆われており、発生は見込めず。

少し平地の方に戻ってみてもなかなか良い環境が無く、今日のギフ採集はこれでおしまい。
とは言うものの、まだ3時過ぎでだいぶ時間があります。

そこで、信濃川の河川敷でマイマイを探してみることに。
すでに越冬明けしている個体がほとんどだとは思うけど、地元じゃギフ採集のついでにオサ掘りでオオオサとか出してるし、もしかしたら・・・。

河川敷に到着して、ヤナギの根元のゴミを崩すと、いきなりマイマイ!(@0@)

b0178466_16512214.jpg
コアオマイマイカブリ Damaster blaptoides babaianus Ishikawa, 1984

ふーん、やってみるもんだなあ。
前胸の色は鈍い赤紫色。2年目の個体か?
父も2頭出してました。

しかしその後追加は得られず、最初の3頭のみ。
洞とかも探ってみたけど出なかったし、こいつらは越冬っていうよりただ単に昼間だから休んでただけか?

あとあったかくなるとノイバラもどんどん増えてくるし暑いからやっぱやらない方が良いw
冬だったら藪こぎしたりピッケル振り下ろしててちょうどいいくらいだけど、意外と暑いわ、この作業。

マイマイ探しを終え、車中泊をする米山SAへ。
米山SAからは日本海が。

b0178466_16514187.jpg

そしてあれは柏崎刈羽原発?

b0178466_16515522.jpg

デジカメの夜景モード的なのが分かんなくてこんなのしか撮れなかったけど、プレミアムオートってモードにすると夜景とかの判断までしてくれるらしい。
全自動より細かく分けといてもらって自分で選ぶ方が良いなあ(・ω・)
全部機械に決められるのが癪ww

今日採ったギフを展翅してから夕食を食べ、カーナビでテレビ見たりしながら過ごして、10時ごろ就寝。
やっぱ一日中虫採ってりゃ疲れるワケで、すぐに眠ることが出来ました。

後編に続く!!
[PR]

by taiyaki-i | 2012-04-30 16:53 | 採集記

4/15 東京都八王子市 なんだかすごい新歓採集   

2012年 04月 17日
今日は一年生の新歓採集です。
最近は一年なんて、数人しか入らないのが普通になってました。
けど、なんか今年は違う!ヤバい!今年すごい!w
サオリにもいっぱい来てくれたし、部室の見学にも結構来てくれてるし!
今年の虫研はなかなかすごいことになりそう(^ω^)

8時に府中駅に集合。
この時点で一年は5人∑(゜Д゜)
おかしいおかしいww
ちなみに一年以外は3人(´・ω・`)
俺、荒川沖さん、ヤナさん。

この人数の相手を出来るだろうかと不安を感じながら(笑、高尾駅へ。
場所は去年と同じあたりです。

高尾駅で一年2人、2年1人と合流。
結局、先輩4人で一年7人という、もうなんかわけわかんない状況にw

ここからは去年と同じく採集地まで3km強歩きます。
何もいないとこをバス使わずに歩くのはめんどいけど、新入生と色々話できるし我慢我慢w
カミキリやりたいってやつがいて良かった!!(^∀^)

色々と話をしながら歩いて、目的地に到着。
道が分かれていたので、分岐点を集合場所にして別々の道を行くことに。

俺と一年3人が他の人と別行動。

モミが多いので、材割でヤマトシロオビトラを狙います。
まだ材の中にいてくれてもいいはず!w

しかし新歓らしからぬ地味な採集だww
でもこんくらいしかカミキリ屋にはすることが無い!
ヒラヤマ狙えそうな樹洞もそんなには無さそうだし・・・。

モミが多い場所があったので、林内で材を物色。
食痕の入っている材は多めでした。
割ってみると、早速幼虫が。

b0178466_1533895.jpg

あーもう今日デジカメ忘れたからクソな写真しか撮れんわ(´・ω・`)
写真撮る気も失せてるので、いつも以上に少ないです。

とりあえずキボシチビじゃなくて、ハナカミキリでもない!
でもヤマトシロオビだったら成虫だしな・・・。
メディオ?

しばらくすると、今度は一年がカミキリの蛹を出しました。

b0178466_15335211.jpg

んー、なんだろこいつはw
前胸見る限りではハナカミキリっぽい。
大きさ的にはツヤケシハナか?

その後もキボシチビやハナカミキリ亜科の幼虫は出るものの、目的のヤマトシロオビトラは出ず(´・ω・`)
結局昼過ぎまでやったものの、出ませんでした。

ちょうど折り返し地点では道の脇まで広葉樹林があり、洞のあるアカメガシワも。

b0178466_1534851.jpg

これ、木屑出てるけど、もしかして・・・?

他にも何本かあったので調べてみましたが、いませんでした。
気温がちょい低めか?

帰りも樹洞を探しながら歩きましたが、特に良い樹洞も無く、集合場所まで戻ってきてしまいました。
けど、ホオノキが結構あったし、フチグロヤツボシには良い道かも!
歩いてみて良かったかな(^ω^)

まだ集合時間までだいぶあるので、近くでスギカミキリを探すことに。
スギカミキリ欲しいってのもあるけど、一年になんかいい虫採らせたいww

少し駅の方へ戻ると畑の脇に一本だけ立っているヒノキが。
近づいて見てみると、羽脱孔がぼこぼこ!
ヤニもダラダラです。
樹皮のはがれた部分や根元を見てみますが、いません。
うーん、今年のっぽいやつもあるんだけどな・・・。
さすがにもう遅いってことは無いだろうし。

この木では見つからず、周囲を見回すと、少し遠くに良さげな場所が。
その場所まで行ってみると、ヒノキが数本あり、内2本に羽脱孔がたくさん!
これは絶対いる、いなきゃおかしい!

樹皮の隙間などを探すと、早速一年が発見!!
とりあえず採れて良かった(´ω`)

その後他の一年1人も採集。
あれ?俺が採れない・・・w
まあ一年に採ってもらえればそれが一番なんだけど、やっぱ俺だって欲しいぞ!w

若干焦りながらも丹念に調べると、やっと見つけることが出来ました。

b0178466_15342517.jpg
スギカミキリ Semanotus japonicus (LACORDAIRE, 1869)

やっと教科書通りの採り方で採れたw
今までは羽脱寸前の羽脱孔の中にいるやつを引っ張り出してたからな・・・。

俺が今まで採った中では一番小型かな?
つってもまだ2頭しか採ってないけど笑

その後はさらに俺が1頭見つけたのみ。
この1頭はまだ採れていなかった一年にあげました。
しかし、一カ所で計4頭か・・・。
これがきっと普通なんだよねw

虫屋の一年は他に樹皮下にいたチビタマも採集。
俺はもうチビタマはいいや・・・。
種類分かんねえしww

時間になったので別行動をしていたヤナさん達と合流し、帰路に着きました。


今回は新歓採集と言うことで初めて一年生と一緒に採集に行きました。
あんまというか、ほとんど虫採れなかったけど、楽しんでもらえたかな?(´・ω・`)
とりあえず俺に着いてきてくれた人にはスギカミキリを採ってもらえて良かった(´ω`)
今度の新歓採集は来週の狭山。
こっちこそ目ぼしい虫はなんも採れない気がするけど、とりあえず行くw
つか予報雨じゃん(´・ω・`)


採集結果

スギカミキリ
[PR]

by taiyaki-i | 2012-04-17 15:34 | 採集記

3/31~4/3 新潟県佐渡市 今季最後の大勝負!後編   

2012年 04月 04日
2日

b0178466_17475150.jpg

今日も晴れてる!( ^ ∀ ^ )

で、車中泊の結果はと言うと、たぶん寝れた。
知らない間に近くの店の電気が消えてたし、10時前に寝る体制に入ってだいぶ時間経ったかなってころに携帯見たらすでに4時前だったし。
ただ、だいぶ寒かったのと起きてる時間の方が長かったような気がして寝れたのかどうか記憶があやふやww
まあ大丈夫だろw
結果が全てさ!w

4時前に起きていったんエンジンかけて車内をあっためたり、テレビで天気予報見たり。
で、またうとうとしながら6時くらいまでは寝てたかな?

ちなみに今回の車中泊で、俺はシートを完全に倒すよりも、普通に車が走ってて助手席で寝るときくらいの倒し加減の方が寝れることが分かりました。
なんかね、腰が安定する?

車中泊の用意を片付け、朝食を食べて6時半ごろ出発。
とりあえず昨日雪で十分に探索できなかった最初のポイントへ行くことに。

晴れたおかげで山もくっきり!( ^ ω ^ )

b0178466_17504821.jpg

道が分岐しているので、昨日行かなかった方へ。

b0178466_17483140.jpg

んー、松はあるけどちょっと斜面が急だし、乾燥してそうかな?

なんとか1頭だけ・・・。

b0178466_17495387.jpg
サドマイマイカブリ Damaster blaptoides capito (Lewis, 1881)

今度はホントに昨日の場所。

立ち枯れの樹皮をはがすと早速お出まし。

一日経って若干見慣れてきても相変わらずカッコ良いっす!!w

b0178466_1750873.jpg

泥の付き方からして新子じゃねえな・・・。

b0178466_17503023.jpg

その後さらに2頭追加し、ここでの成果は昨日今日合わせて8頭に。

・・・でまあこっからどうすっかってことなんだけどw
この周辺はだいぶ周ったしちょっと移動したいんだけどどっち行くかなー。

しばらく考えてせっかく佐渡来たんだから佐渡らしいものが見れる方面に行くことに。
あとガソリン代も考えてww

で、やって来ました佐渡金山。

b0178466_175155.jpg

有名らしいよ?
俺は佐渡の情報集めるまで知らんかったけどw

これは銀の採掘抗跡らしい。

b0178466_17511862.jpg

道遊の割れ戸。

b0178466_17513387.jpg

これ金とかの採掘で崩してってこうなったんだってさ!
へー、すごいんだねww

俺はその隣にあるこっちの方が印象に残ったかな?

b0178466_17515352.jpg

土砂崩れで露出した坑道。
この穴で金が掘られてたんだなー・・・。

入ることのできる坑道もあったけど、金かかるっぽいからやめたww

ちなみにこの付近で採集に適した場所は見つかりませんでした。
俺観光しちゃってんじゃんww

再び移動。

次に来たのは山の中腹を走る林道。
ホントは走りながら良い場所あったら停まるって感じで行きたかったけど、途中積雪で通れ無さそうな場所があったので、その手前で車を停めることに。

周囲はスギ林と畑。
写真は無いorz
今回も安定した採集地の写真の無さよww

まあスギでも何とかなるかもと思いスギ林に入ると、そこにもマツの立ち枯れや切り株が。
マツ林を潰してスギ植えたのか?
まあ何にせよ俺にとっちゃ好都合w

切り株の樹皮をはがすと、マイマイとは違うフォルムのオサが。
サドクロにしてはデカいぞ・・・?

b0178466_17522451.jpg
サドアオオサムシ Carabus insulicola sado Ishikawa & Ujiie, 2000

よっしゃあっ!!!

サドアオまで採れちまった!
サドマイマイだけでも十分だけど、できればサドクロとサドアオも採っときたかったんだよな( ^ ∀ ^ )

ちゃんとサドマイマイもいました。

b0178466_17524322.jpg

2頭同時!でも別々の場所で越冬してた。

b0178466_17531425.jpg

ここではさらにサドアオ1頭とサドマイマイを2頭追加。

現在の時間は1時半。
車を返すのは5時半。
まだ4時間あるけど、最後に虫採り以外でちょっと行きたい場所あるし、移動時間も含めるとあと1,2カ所が限界か・・・。

とりあえず移動して別の場所へ。

傾斜もほとんど無く、材もなかなかありましたが、すでに調べられてるのが多い・・・。
それでも調べ残されてた材から4頭採集。

この4頭目が、記念すべき30頭目のサドマイマイになりました。

b0178466_17533335.jpg

30採れればもう十分だー( ´ ∀ ` )

さて、もう3時過ぎだし、こっからは帰りながら良い場所あったら降りるって感じでいいやw

1カ所だけ途中で調べてみたのですが、ここは出ず。

よし、じゃあ車返す前に普通に観光しよう!w

佐渡って言ったら思い浮かぶのはやっぱトキだよな!!
というわけで、トキの森公園へ。

b0178466_17535597.jpg

ここでは隣接する佐渡トキ保護センターで飼育されているトキを観察することができます。

まずは資料館から。

b0178466_175431100.jpg
b0178466_1755070.jpg
b0178466_17552091.jpg

資料館を見終わったら、いよいよトキの観察スペース!

トキは神経質な鳥らしく、驚かさないようにゲージから20m離れた通路から観察することが出来ます。

b0178466_17554339.jpg

うおー、トキがいっぱいだーww

b0178466_17562717.jpg
b0178466_17564361.jpg
b0178466_1757095.jpg
b0178466_17573632.jpg

体の半分が灰色なのは、繁殖期の羽色らしい。

順路の最後のゲージには、ニッポニアニッポン以外のトキが。

b0178466_1758377.jpg

クロトキ。

b0178466_17582041.jpg

ムギワラトキ。

b0178466_17585196.jpg

ハタダトキ。

いやー、トキも見れて満足満足( ^ ω ^ )
いつか野生で見られる日が来るといいけどねえ・・・。

もう5時前なので、ガソリンを入れて車を返しに行きます。
俺の下手な運転に付き合ってくれてありがと!

b0178466_1759283.jpg

ちなみにガソリンは167円/Lでした。
たっけーよ・・・。

無事車を返し、両津港へ。

帰りはフェリーで。

b0178466_17594717.jpg

夕飯は、両津港の売店で海藻うどんなるものを食べました。
わかめ、めかぶ、それにながもという3種類の海藻が乗ったうどん。
旨かったー( ´ ω ` )

その後はフェリーの出航時間まで売店でお土産の物色。
試食しまくったww
ターミナルビル内の土産物店街みたいなのが時間遅すぎて閉まってたのは誤算だったな・・・。
開いてりゃもっと色んなもん試食できたのにww

そうこうしているうちに時間になったので乗船。

さらば佐渡、またいつか来るだろう、その時もよろしく!!

b0178466_180639.jpg

フェリーは新潟港まで2時間半。
フェリー内の食堂にはブリカツバーガーなるものがありました。
めっちゃ食いたかったけど、もうあんま金使いたくないし、さっきうどん食べたばっかなので諦めました( ´ ; ω ; ` )
次フェリー乗ったら食うぞ!w

転がってたらいつの間にか新潟港に着きました。
フェリーでゆったりも悪くないなあ^^

新潟港からは夜行バス。
帰りはよく寝れるww

翌3日、5時過ぎに新宿到着。
虫採りも楽しかったけど、それ以外のことも楽しかった!!
佐渡は虫採り以外で来るのもありかもねw
寒ブリ食いたいw


今回は初めて一人で離島、一人でレンタカーを借りて運転と不安もありましたが、楽しい採集旅行になりました。
ちゃんとサドマイマイ採れたし、トキも見れたし・・・。
今度佐渡行くならサドコブヤハズかね?
秋だったらまた違う寿司ネタが食えるな・・・w


採集結果

サドマイマイカブリ、サドアオオサムシ、サドクロオサムシ
[PR]

by taiyaki-i | 2012-04-04 18:04 | 採集記

3/31~4/3 新潟県佐渡市 今季最後の大勝負!前編   

2012年 04月 04日
正月からあっためてた一大イベントがとうとうやってきた!!
佐渡だよ佐渡!!
サドマイマイ!
あのマイマイらしからぬ独特なフォルム・・・。素晴らしいよね( ^ ∀ ^ )w
そんな佐渡へ、3泊4日もどき?の日程で行ってきました。

3月31日

今回も、前回の仙台と同じく夜行バスです。
0時過ぎに新宿を出発し、関越道で新潟へ・・・。
行きは別に寝れなくても何とかなるから結構起きてたかな?

途中の関越トンネル付近ではまだ1mほど積雪がありました。
もう4月だよ?

4月1日

6時半ごろ、新潟港に到着。
ここからジェットフォイル(高速船)で佐渡へ向かいます。

b0178466_926576.jpg

ちなみに船旅は初めて。
基本乗り物には強いけど、船はどうなんかな?

時間が来たので乗船。
テレビがあったので待ち時間も退屈せずに済みました。
JRの駅も改札外に待合室ありゃ良いのにw

中はこんな感じ。

b0178466_9262454.jpg

さらば本土!

b0178466_9263625.jpg

佐渡までは1時間強。
少し寝たり、景色見たりしていると窓に水滴が( ´ Д ` )
佐渡に近づくにつれ雨は強くなり、本降りにorz

おいおい、佐渡に上陸する前からこれかよ・・・。
確かに天気予報じゃ雨だったぜ?
でもやっぱ萎えるよねw

雨の中に佐渡島が見えてきました。

b0178466_9264971.jpg

さーてこんな天気でどうなる俺の佐渡遠征!?

佐渡の両津港に上陸した時は雨からさらにひどいみぞれに。
レンタカーの借りる時間まではまだ少し時間があるし、早く借りてもこんな天気じゃ萎えるから、寄り道しながらレンタカー屋まで行くことに。

売店でソフトフクレなるなんかうまそうな蒸しパン?があったので、小腹も空いてたし購入。
写真はない!
結構うまかったです。黒糖味のもっちりして密度の大きい蒸しパンって感じ?

その後土産物店でお菓子を試食。
なんかこの前の箱根で試食しまくって何かが吹っ切れたw

レンタカー屋について、無事車をレンタル。
一人で車を借りるのも運転するのも初めてです。
緊張する・・・。

雨はまだ降っている・・・。
一応昼過ぎには止むらしいけど。

とりあえず、最初の採集予定地へ向かうことに。

30分ほどで到着。
雨なので写真はありません。

一応雨は降っているものの、環境は良さそうなのでカッパを来て突撃。
上下とも持って来といて良かった( ´ ` )

ちなみに写真は雨だから無い!!すまん!

林内に入ると、マツの立ち枯れや切り株がちらほら。
樹皮下はフレークになっており、状態は良いようです。

調べ始めて数本目、すでに樹皮の無い立ち枯れの材部を調べてみると、黒い影が。

ついに出た!!
サドマイマイカブリ!!

いよっしゃあああーーーっっ!!!!

ムクロが未発達で普通のオサムシみたいな翅端、カタツムリの殻を砕く巨大化した頭部・・・!
んあーもうカッコ良すぎだぜっ!!!

ホント佐渡来て良かったよ・・・。

このサドマイマイカブリ、マイマイカブリの中では結構原始的な亜種らしい。
ムクロが発達してるほど進化してるんだってさー( ゜ 0 ゜ )
ムクロが未発達のエゾマイマイやキタカブリ、このサドマイマイなんかは♂の前肢付節が広がってたりと普通の?オサムシの特徴の名残があります。

このころから、雨がみぞれに変わったり雹が降ってきたりと天候が悪化。
でもまだ行ける!
手がかじかんでるけど何とかなるww

先客がいたらしく、良さそうな材は調べられているものが多かったですが、まだ残っていた材を調べさらに3頭追加。

雪めっちゃ降ってきてるし、てかうっすら積もってるし、もう耐えられん!w
これ以上やってたら前みたく風邪をひいてしまう・・・。

車の窓にも微妙に雪が積もっていました。
はあああ寒いっ!!

しばらく車の中で待ってみたものの雪がやむ気配はないので、もう少し平地の方で探すことに。

山を下りると雪も雨になり、さらには小降りに。
これなら何とかなるか?

適当な場所に車を停めて周囲を調べてみますが、なかなかいい材がありません。
遠くに見えるあそこはどうだろうか、とか思って車から結構離れたときに限ってまた雹降ってくるって言うねww
もう萎えるわ・・・。

ちなみに畑の畔にはツクシがたくさん生えていました。
佐渡でこんなに生えてるってことは東京じゃもう無理か・・・。
ホントにヤバいくらい生えてたけど、気候的にもテンション的にも日程的にも採る気は起きんかったw

車に戻り、再び移動。

もう雪はこりごりだ・・・。
何とか晴れてほしいぞ!

俺の願いが通じたのか、移動中に雪・雨は止み、雲に切れ間が。
そして次の場所に着くころには・・・

b0178466_927112.jpg

晴れたあ!!\( ´ ∀ ` )/

てことでいよいよデジカメの出番ですよっと!
まずはさっき採ったサドマイマイを・・・。

こいつがサドマイマイだっ!!

b0178466_9273252.jpg
サドマイマイカブリ Damaster blaptoides capito (Lewis, 1881)

どうだ、カッコ良いだろ!!
このマイマイらしからぬデカ頭、たまらんww

そして佐渡島での俺の相棒、キャロル!

b0178466_9274895.jpg

2日間よろ!^^

さて、晴れたことだしテンション上げて行こうか!!

ここは元々松林というか、遷移の段階として松林が終わって他の木が入ってきた感じ。
ここにもマツの立ち枯れなどが多くあります。

マツの立ち枯れの樹皮をめくってみると・・・

b0178466_928420.jpg

いたっ!

カッコ良いぜ・・・。

b0178466_9285162.jpg

前胸の色は青~紫。

1つの越冬窩に2頭入っていることも。

b0178466_929756.jpg

写真中央にあるのが越冬窩。

b0178466_9292217.jpg

そして根際の土を調べてみると・・・

b0178466_930144.jpg
サドクロオサムシ Carabus albrechti freyi Van Emden, 1932

よっしゃあサドクローーッッ!!!!

こいつも欲しかったんだよ!
そしてやっぱりクロオサのくせに銅色だw

こんなところから出てきました。

b0178466_9302047.jpg

ここではサドマイマイ7頭とサドクロ1頭を採集。
天気も良くなったし、虫も採れたし最高だね!( ^ ∀ ^ )

また少し移動。

小規模な崖があったので崩してみると・・・

b0178466_9304117.jpg

やっぱり出た!!

この後さらに1頭追加できました。

サドマイマイも2頭採集。

b0178466_9305956.jpg

ふきのとうも生えていました。

b0178466_93115100.jpg

浮気はしないよ!w

佐渡の海。

b0178466_9313750.jpg

この海にはたくさんの旨い魚がww

この後さらに別の場所で3頭採集し、今日のサドマイマイは計16頭に!
結構人が入ってるみたいだったし、まあこんなもんかね?

さて、虫採りのあとはメシだメシ!!
せっかく佐渡に来たんだし、なんか佐渡らしいもんが食いたいよな!

そう思って事前に色々調べたところ、佐渡産の魚を使ってる回転寿司があることが判明。
これは行かねば!

ということでやってきたのは「廻転寿司弁慶」。
佐渡産のうまーい寿司がリーズナブルに食べられるそうです。

店内はすでに満席で、15分ほど待ちました。

こちらがその寿司!

b0178466_9315754.jpg

佐渡産の天然ブリです。
奥に写ってるのはふぐ。これも佐渡産。

どっちもめちゃうま!
ちなみにブリは確か252円、ふぐは126円。
安い!!安いのに旨い!さすが地物!
他にも佐渡産のものはアジや真鯛、ヒラメ、タコなどなど。
みんな旨すぎて3,500円も使っちゃったよ笑

季節限定のネタもあるから、佐渡に来たらまた行きたい!!
寒ブリとかめっちゃ食いたいわーw

寿司を堪能したあとは温泉で疲れた体をリフレッシュ。
癒されるわあ( ´ ∀ ` )

で、温泉入ったらもう寝ます。
と言っても宿は予約してません。

冬だけど車中泊に挑戦する!

そのために防寒具も色々用意したのさ( ^ ー ^ )
この時期の虫採りのときの格好にさらに上はダウンジャケット、下はスウェット、さらにアルミの熱を逃がさないシート。
これでもちょっと寒かったw

俺は無事寝れたのか!?
後編へ続くー
[PR]

by taiyaki-i | 2012-04-04 09:33 | 採集記

3/19,20,21 宮城県 仙台日帰りもどき   

2012年 03月 22日
今回は仙台!!
目標はコアオマイマイ。
まさか1シーズンで二回も東北に行けるとはw
佐渡の計画してるときに夜行バス調べてて、あれ?東北って意外と安く行けるじゃんてことに気付いたんだよなww
だって仙台行くの、現地での電車の運賃とか含めて一万きってんだぜ?

19日

今回の仙台は夜行バスです。
初めての夜行バス、楽しみだ(^ ^)

0時過ぎに新宿を出発。
席間は狭いけど、居心地は結構良いw
コマ切れの睡眠だったけど寝ることが出来ました。
ま、俺ん中で車って自宅の布団の次に良く寝れる場所だからなw

20日

6時過ぎに仙台着。
うー寒い・・・。
雪ちらついてるし!∑( ゜ Д ゜ )

ここから最初の採集地までは徒歩。
20分くらいで着いた!

b0178466_1940341.jpg

なんかいい感じじゃん!?
ヤナギもあるし!

河畔林内に入ると、ヤナギよりもオニグルミ?が多い感じ。
オニグルミも朽ち方微妙なんだよな・・・。

ヤナギに洞はあまり無く、倒木を調べていくと、30分ほどで1頭目が。

b0178466_19421031.jpg
コアオマイマイカブリ Damaster blaptoides babaianus Ishikawa, 1984

よっしゃあっ!!
コアオマイマイ採ったぜ!
前胸赤いねーいいねー( ^ ∀ ^ )

何気にこれで本州のマイマイ亜種はすべて採集!
やったね!
そして離島の亜種が残されるっていうw

こんな倒木の朽ちた先端部から出ました。

b0178466_1944885.jpg

その後も朽ち木を探して歩きますが、地表から少し離れた高めの場所にあるものでは良い朽ち木が見つかりません。

今度は根元にたまったゴミを調べることに。

もう少し掘った後のものですが・・・。

b0178466_1945135.jpg

慎重に掘っていくと、本日2頭目のマイマイが!

b0178466_19452942.jpg

さらにもう1頭!コイツはデカい!

b0178466_19454517.jpg

ある程度探し終えたので、歩いてきたのとは逆方向の河畔林へ。
こちらの方がヤナギは多いです。

開始15分ほどで1頭採集。
しかし、この後悲劇が!!

樹皮下が硬めの材を調べようとした時のこと。
いつも通り鍬を材に振り下ろすと、高いとも低いともいえない異常な音が。

ん・・・?何が起こった?
あれ・・・あれ!?

b0178466_1946167.jpg

( ´ ; ω ; ` )

鍬大破orz

どうすんだこれええええwwwww
出来るのか!?この状態でマイマイ掘れるのか!?

とりあえず朽ち木を手で崩そうとしてみますが、少しでも硬い部分があるとめちゃくちゃめんどい・・・。

一応歩いて20分くらいのとこにホームセンターがあるらしいけど、どうすっかな・・・。
時間がなー・・・。
実はもうあと2時間くらいで別の場所に行く予定なんだよね。
往復40分のロスはなかなかきついぜw

行くかどうか悩みながら材を調べていましたが、やはり鍬が無いときついので、新しいのを買いに行くことに。

今まで使っていたのは安いやつだったので、今度はもう少し丈夫そうなのを買いました。
写真は撮るの忘れたw

再び河畔林に戻り、残された時間はあと1時間ほど。
最低でもこの場所で5頭は欲しいぞ!

若干焦りながら材を探すと、部分枯れを発見。
いてくれよ・・・!

New鍬で一撃で樹皮下の硬めの部分が割れました。
そしてその奥には長い脚が!
しかも2頭!うれしいぜw

b0178466_19461825.jpg

いてくれてありがとうw
執念と焦りのたまものww

計6頭、なんとか別の場所へ移動できる個体数になりました。
よっしゃ移動だ移動!

電車で40分ほどで次の採集地の最寄駅に到着。
20分ほど歩いて河川敷!

b0178466_19464484.jpg

畑!一面畑!
でもこの畑の奥には河畔林が残されているのです。

河畔林に突入すると、早速洞が。

b0178466_1947499.jpg

中を探ると、出てきました。

b0178466_19473451.jpg
コアオマイマイカブリ Damaster blaptoides babaianus Ishikawa, 1984

ふっふっふ( ̄ー ̄)
ここのはさっきの場所に比べて前胸が紫がかっています。
キタカブリの前胸みたいな金色がかった紫も良いけど、こっちの落ち着いた紫も良いね!( ゜ ∀ ゜ )

さらに部分枯れなどからポツポツ追加していくと、地上から2m弱の高さの木の又に引っ掛かったゴミの塊を発見。
調べてみると、早速1頭出現。

さらに調べていくと、ゴミの中に程よく朽ちた朽ち木が!!
これは・・・いる!!

慎重に崩すと、2頭同時に登場!

b0178466_19482213.jpg

この2頭の奥にはさらに2頭、4頭の集団越冬でした。
やた、東北で初めての集団越冬だ!
つってもまだ東北2回目だけどw

このゴミからはさらに何頭か追加することが出来ました。
良いねえww

なかなか大き目。

b0178466_1948437.jpg

キタアオ狙いで土を崩すと、クロナガが。
お?このクロナガ、ただのクロナガじゃないぞ!?

b0178466_1949447.jpg
トウホククロナガオサムシ Leptocarabus arboreus parexilis (Nakane, 1961)

うぇーい!
もう分かる!
腿節太いし、付節も幅広!

そして丘孔点列も、途中で途切れています。

b0178466_19492478.jpg

もう確実にトウホククロナガだね!
てか場所によっちゃ河川敷でもいるんだ・・・。
岩手じゃ河川敷のは全部タダクロナガだったんだけどなw

キタアオも出てきました。

b0178466_19494138.jpg
キタアオオサムシ Leptocarabus procerulus procerulus (Chaudoir, 1862)

まだ全然時間があるので今度は対岸へ行くことに。

そういえばアカガネ出てないな・・・。
仙台周辺は乾燥してるらしいから、それが原因か?

対岸でも出た出た( ^ ω ^ )

b0178466_1950030.jpg

最近木登りして洞調べることが多くなった気がするw

b0178466_19501536.jpg

この洞からは2頭出た^^

対岸ではマイマイ7頭、あとキタアオとトウホククロナガの追加も得られました。

さすがにもう時間です。
あー楽しかった( ´ ∀ ` )

で、駅に向かって歩いてったらあと2,300mってとこで電車行っちゃって待合室も無い無人駅で1時間風にさらされるていうねw

1時間何とか耐え抜いて電車に乗り、仙台駅へ。

やっぱ仙台って言ったら牛タン!

b0178466_19503494.jpg

牛タンうまーい!!

ずんだ餅も食べたかったけど、お土産用のしかなかったからやめたw
どっか普通に食えるとこないのかな?
と思って今調べたら普通に仙台駅にあった笑
マジかい!
今度仙台行ったら食べようw

こっからが地獄。
牛タン食べたのが8時すぎ。
バスの集合時間は10時半。
2時間やることねえええorz
仙台駅歩き回ろうにも足疲れてるし・・・。
今度から夜行バス使う時はPSP持ってくw


今回は初めて夜行バスを使っての遠征でしたが、何とか無事に終えることが出来て良かったです。
マイマイもいっぱい採れたしね!
1カ所目で6頭、2か所目で16頭、2か所目対岸で7頭の計29頭!
キタカブリの時も一日でこんくらい採りたかったぜ!w
夜行バスは今後も大いに利用させてもらおう(^ ^)

ボンドパック後のコアオマイマイ↓
b0178466_19515098.jpg
b0178466_19521248.jpg



採集結果

コアオマイマイカブリ、キタアオオサムシ、トウホククロナガオサムシ
[PR]

by taiyaki-i | 2012-03-22 19:54 | 採集記

3/12 東京都日野市、昭島市 往復30kmチャリの旅   

2012年 03月 13日
ちょっとした採集依頼があったので、まだ自分が持っていない地域のマイマイゲットも兼ねて、多摩川に行ってきました。
デジカメ修理中だから写真は無い!
一応携帯で撮ったけどめんどいからいいやww

朝7時半に自宅発。
晴れて空気が澄んでいたので、多摩川の堤防からは富士山や丹沢、奥多摩の山々が綺麗に見えました。

今日は、自転車で多摩川の上流に向かって移動していきます。
目標は昭島!
で、途中で良い河畔林があれば寄り道するって感じ。

サイクリングロードを走っていると、早速対岸に良さげな河畔林が。

対岸に渡り河川敷に入ってみると、大きなヤナギがちらほら。
木の根元には朽木が多くあります。

早速崩してみると、まずはカミキリとクワガタの幼虫が。
まだこの朽ち具合ではマイマイはあまり期待できませんが、カミキリの幼虫もターゲットに入っているため確保。

ある程度カミキリ幼虫を採集した後、別の朽木を調べると今度はマイマイが。
3,4頭のグループで越冬しているものがちらほら。
その他根返りなどから短時間で20頭ほど採集できました。

その少し上流で河畔林では5頭ほど。
人入ってたみたいだし、まあこんなもんかw
あ、あとアオオサ。
一応多摩川以西だから原名亜種か。

更に移動し、立川市へ。

ここの河畔林でも20頭くらい採れて立川のマイマイも採れたとか思ってたけど実は日野市だったww

そしていよいよ昭島に突入!!

あまり良い河畔林は見つかりませんでしたが、それでも何とか7頭採集。

あーなんか写真使えないと全然長い文章書けねw
つかそもそもオサ掘り自体、単純作業の繰り返しだから盛り上がりに欠けるww
今日あったかくて眠いしこれでいいや←おい


採集結果

ヒメマイマイカブリ、アオオサムシ、カミキリ幼虫
[PR]

by taiyaki-i | 2012-03-13 14:11 | 採集記

3/7 山梨県甲斐市・韮崎市 調子乗って山梨   

2012年 03月 08日
あったかいし、なんか俺今波に乗ってるから、調子乗って山梨まで来ちゃった!w
これでボウズだったら結構ヘコむww

6時ごろ家を出発し府中へ。
少しでも交通費を抑えるため、高尾までは京王線を使うのです。
もっと早く気づいていれば・・・!

高尾で中央線に乗り換え、9時ごろ最寄駅に到着。
中央線は景色良いし、ボックスシートだから乗ってる時間長くでも結構楽( ^ ∀ ^ )

しばらく歩いて河川敷に到着。

b0178466_14522475.jpg

あれ?もう少し河畔林が発達してるイメージだったんだけど・・・。
奥の方にちょびっとだけしか無いな・・・。

林ではありますが、どうもニセアカシアっぽい・・・。

b0178466_14524726.jpg

倒木は多いので根返りを調べていくと、シナノアオが。

b0178466_1453060.jpg
シナノアオオサムシ Carabus (Ohomopterus) insulicola shinano Ishikawa & Ujiie, 2000

ここのシナノアオはまあまあ赤いな・・・。
こっから長野方面に行くにつれて緑くなってく感じか?

シナノアオの追加やマイマイを期待しましたが、一向に出てきません。

そんな時こそ余計なもんが目に入るんだよなあww

ふとあたりを見回すと、エノキが結構多い・・・。
山梨、エノキ、オオムラサキ・・・。

よし、オオムラサキの幼虫探そうww

こんなことしてないで別の河畔林を探せばいいものを、誘惑に負けてしばらくオオムラサキの幼虫を探すことに。

オオムラサキは幼虫越冬で、エノキの近くの落ち葉(主にエノキ)について越冬します。
そのため、落ち葉めくりによって採集することが出来ます。

落ち葉を一枚一枚調べていくと、幼虫の姿が。
しかし、ゴマダラチョウの幼虫でした。

b0178466_14531813.jpg

ゴマダラチョウ Hestina persimilis japonica (C.Felder&R.Felder, 1862)

ゴマダラもオオムラサキと同じくエノキ食いで、落ち葉について越冬します。
区別点は背中の2つで一組の突起の数。
オオムラサキは4つですが、ゴマダラは3つしかありません。

オオムラサキの幼虫探してると、ゴマダラがガチでウザいww
まあ何かしら見つかるだけモチベーションは保てるけどなw

その後もしばらく探してみましたが、ゴマダラの幼虫すら見つけられず。
やっぱ雑木林が近くにないとダメなのか、それとも俺の腕が悪いだけか・・・。
前やったときもオオムラサキの幼虫は1頭しか見つかんなかったしなあ( ´ ・ ω ・ ` )

今度こそマイマイのいそうな河畔林を探して移動することに。
橋から対岸を眺めると、ヤナギのある河畔林が。
この時期はすでにヤナギが芽吹きかけていて若干緑色に見えるため、ニセアカシアと区別できます。
芽吹いてるのがヤナギ・・・だと思うw

しかし、ちょうど支流との合流地点であり、だいぶ遠回りしなきゃなんないっぽい。
・・・めんどいw
しかも今までいた岸にもヤナギのある河畔林が・・・。

どうする!?
対岸の河畔林の方が規模は大きそう。
けど歩かなきゃなんない。
たぶん行けば採れる。なんか直観でそう思う。

今まで採れなかったときって結構早い段階で萎えてたんだよな・・・。
もしそっから踏ん張ってたら採れていたのかってこと考えると、ちょっとくらい頑張んねえとなって思う。
だから歩く!!

おそらく採れるであろう河畔林に期待を膨らませ歩くこと約30分で到着。

b0178466_14533448.jpg

思ったほど時間かかんなかったww
けどこれ帰り、疲れ切った状態だとなかなかしんどいかも( ´ ・ ω ・ ` )

ニセアカシアが多いですが、ヤナギらしい木もいくらかあります。
ここはいる!絶対いる!

モチベーションを上げて探すこと約1時間、ついにその時が!

見つけたのは根元が柔らかく朽ちた倒木。
ピッケルを入れると、一撃でマイマイが!

b0178466_14535213.jpg
ヒメマイマイカブリ Damaster blaptoides oxuroides (Schaum, 1862)

よっしゃあっ!!
山梨県産マイマイ採った!

諦めずに頑張ってよかったぜ・・・w

こんなとこ。

b0178466_1454799.jpg

同じ倒木から2頭目!

b0178466_14542147.jpg

さらに、同じ倒木とすぐ隣にあった倒木から1頭ずつ追加。
いやー、採れてよかった、マジでww

根返りからも登場!!

b0178466_14543664.jpg

その他ヤナギの部分枯れやゴミ溜まりからマイマイ3頭とシナノアオ1頭を追加することが出来ました。
よく頑張ったぞ、俺ww


今回は最初アテにしていた場所が期待外れだったため、苦戦を強いられましたが何とか山梨県産マイマイを採ることが出来ました。
これで関東地方だけでなく首都圏の全都県のマイマイを採ったことになります。
さーてこれからはどんどんあったかくなるから、冬は雪に埋もれてた地域にも行けるなww
待ってろよ仙台&佐渡!!


採集結果

ヒメマイマイカブリ、シナノアオオサムシ、ヒメツノゴミムシダマシ
[PR]

by taiyaki-i | 2012-03-08 14:55 | 未分類

3/3 神奈川県厚木市 相模川リベンジ!そして・・・   

2012年 03月 03日
ちょうどスランプの時に行って何も採れなかった相模川。
そのリベンジを果たすべく、場所を変えて再チャレンジしてきました。

最寄駅には8時半ごろ到着。
ここから30分ほど歩き、目的地に到着。

b0178466_17334536.jpg

予想通りの河畔林!!さすがGoogle Earth、伊達じゃないww

主体はニセアカシアのようですが、エノキも多く、ヤナギはちらほら。
これは・・・採れる気がする!!

探し始めて1時間ほどで、エノキの部分枯れを発見。
朽ちた枝を割っていくと、そこにはマイマイの姿が!

b0178466_1734659.jpg
ヒメマイマイカブリ Damaster blaptoides oxuroides (Schaum, 1862)

出たっ!!

よっしゃあっ!!\( ゜ ∀ ゜ )/
リベンジ達成!
出てきてくれてありがとうw

こんなとこです。

b0178466_17342710.jpg

もっと朽ちてる範囲広くて柔らかいと集団越冬できるんだけどねえw

さらに、枝の付け根周辺が良い感じに朽ちている木を調べると、マイマイがうじゃうじゃ∑( ゜ Д ゜ )
集団越冬だわーい!!w

b0178466_17363584.jpg

この奥から続々と出てきましたw

今度はエノキの洞!

b0178466_17365020.jpg

ここは洞の底にたまったフレークや、内壁部分から出てきました。

立ち枯れを崩しても出てきます。

b0178466_17371531.jpg

この奥から、

b0178466_17373024.jpg

さらに出る!

なんだこれは!?
こんなにいるのか!
前来た時に採れなかった俺めっちゃクズじゃんww

ここまで採集開始からわずか2時間強。
集団越冬を3つも当ててしまい、予想外の大漁w
もっと苦戦して、一日頑張って10頭行けりゃいい方かなーとか思ってた・・・。

これ以上採っても標本にするのめんどいし、1つの地域でそんなにいらないし、もうやめよう・・・。
マイマイで採れすぎてやめるって初めてだぞたぶんww

帰り際に倒木から1頭追加して、俺の相模川リベンジはあっけなく終了したのでしたww


今回は短時間で集団越冬を3つも見つけるという、今までにない体験をすることが出来ました。
帰ってから数えたら31頭だったww
前回の場所が悪かったのか、今回の場所の環境が良すぎたのか、俺の腕が上がったのか・・・。
一番最後だといいんだけどねww
ニセアカシア主体で朽木が少なく、1つの朽木に集中していたのかもしれません。
これで佐渡遠征とか、行くかどうかまだ分からんけど仙台遠征とかの運が持ってかれてないか心配ww

ちなみに、今回の採集でマイマイが31頭採れたため、今シーズンの目標その2、「色んな地域のマイマイを採って計100頭を目指す!」も達成です!
いえあ!( ^ ∀ ^ )

だがまだ今シーズンのマイマイ採集は終わったわけじゃない!
佐渡遠征も残ってるし、春休み中にまだまだ行ける!
というわけで、今度は150頭を目指しますっ!!

採集結果

ヒメマイマイカブリ
[PR]

by taiyaki-i | 2012-03-03 17:44 | 採集記

2/18 三重県某所 (結果的に)自己犠牲な採集   

2012年 02月 21日
さあさあやってまいりました!!
なんか採り忘れた感があったスズカオサ!
ついにそいつを採る時が来たんだぜい!

今回のターゲットであるスズカオサはマヤサンオサの亜種です。
鈴鹿山脈沿いの丘陵地帯に生息しています。

スズカオサ以外にも採りたいオサがあるため、早めの6時発。
おかげで渋滞に巻き込まれることも無く、1時間強で到着。

さ、さ、さ、寒いっ!!
なんか雪降ってるんだけど!
そんで2、3cm積もってんですけど!
おかげで雪道運転できたのは嬉しかったけどww

車を停め脇道に入ると、杉林に豊富な朽ち木。
崩すと早速クロナガが。

b0178466_17215060.jpg
クロナガオサムシ Leptocarabus procerulus procerulus (Chaudoir, 1862)

オオクロナガであることを期待して持ち帰りましたが、どうもタダクロナガのようです。

朽ち木一杯な状況を見て一瞬ホンマイマイに心が動きかけたものの、今日の本命はスズカオサ。
崖を探して別の道に入ると、小規模な崖が。

b0178466_17223462.jpg

調べていくと、足下にたまっていく土の中に金属光沢のある物体。
うぉ・・・?

b0178466_1723109.jpg

うああああああorz
や、やってしまったああああ


クラッシャーしてしまったorz

とか言ってる間に親父に先に出された( ´ Д ` )

俺も何とか1頭目ゲット。

b0178466_1723595.jpg
スズカオサムシ Carabus (Ohomopterus) maiyasanus suzukanus Ishikawa & Kubota, 1994

クラッシャーしてしまった1頭目が悔やまれますが、目標達成です。
・・・はやっ!w

その後もう1頭追加、もう1頭クラッシャーorz

b0178466_1724303.jpg

今日クラッシャー率高いな・・・。
最近あんま崖掘りやってないから雑になってんのか?

ちなみに俺が頑張って2頭採る間に親父は6頭出していましたとさ。
俺はどうもエンジンがかかるのが遅い・・・。

こんな雪が積もってるほどの山でやるのは体力的にも厳しいし、そもそも丘陵地帯のオサなんだからこんな山じゃなくてもいいじゃんということで、移動。
ちゃんと?丘陵地へ。

目的地についても雪が降っていました。
積もってないだけマシw

崖を崩すと、早速スズカが。

b0178466_1725513.jpg

ここは濃いっぽい!

さらに調べていくと、大型のオサ。
おおっ!?

b0178466_17253739.jpg

( ´ ; ω ; ` )

俺の馬鹿あああorz
オオオサだって採りたかったのに・・・。

もうクラッシャーしないように慎重に崩していくと、今度は小型のオサ。

b0178466_17273813.jpg
ミナミヤマトオサムシ Carabus (Ohomopterus) yamato kinkimontanus Imura & Mizusawa, 2002

三重は東京じゃ採れない種類が多くいていいなあ( ^ ω ^ )

別の崖を調べると、スズカが出るわ出るわw
オオオサも出てきました。

b0178466_17281120.jpg
チュウブオオオサムシ Carabus (Ohomopterus) dehaanii punctatostriatus Bates, 1873

この青色、素晴らしいね!
こっちをアオオサにするべきだったんじゃないかってたまに思うわww

越冬窩の中にいるスズカオサも撮ることが出来ました。

b0178466_173028.jpg

ちなみにこんな崖です。

b0178466_1731184.jpg

崖と言うか、斜面の一部が急になってて苔が生えてる場所。
ここはホントに苔を剥がしただけで出るほど浅い場所で越冬していました。

前の場所でも親父は1か所からまとめて出してたし、スズカはほんの一部分にまとまって越冬するらしい。
ヨウロウとかシズオカもそうだったし、オサ全般に言えることか?
ただアオオサとかはあんまそういう印象ないんだよなー。

スズカは十分採れたので、今度はスズカとヌノビキのハイブリッドを探すことに。
スズカとヌノビキは一部で生息域が接しており、その地域でハイブリ個体が出現しているのです。
ヌノビキはイワワキの亜種ね。

おそらくハイブリ帯であろう場所へ行ってみますが、スズカの場所と違い崖が岩盤質で、良い崖が見つかりません。
良い崖があっても何故か出ない・・・。

何か所か調べましたが結局出ず、ターゲットをヌノビキに変更。
ハイブリは親父にトラップで採ってもらおうww

ヌノビキのポイントは以前大発生の現場に出くわしたことがある場所で、その後掘りでも出せている場所。
ただ、その時はまだ交尾片の出し方も知らなかったからちゃんとした標本がない・・・。

現地に着くと掘られた跡が。
見るからに良い崖が多いとこだし、そりゃ他の人も目付けるわなww

掘られてない場所も多く残っていました。

b0178466_17313214.jpg

ピッケルで苔を剥がすと一発で出現。

b0178466_17322398.jpg
ヌノビキオサムシ Carabus (Ohomopterus) iwawakianus narukawai Ishikawa et Kubota, 1995

よっしゃ!

最初に出てきたのは黒い個体。
赤い個体も出ました。

b0178466_17325680.jpg

黒い個体はヤコンの可能性もありましたが、交尾片を見る限りではヌノビキのようです。
・・・ぶっちゃけ言うとヤコンの方が欲しかったりもするww

ここでは他にチュウブオオやミナミヤマトを出し、計15頭採集。

帰宅後交尾片を出してスズカとヌノビキの比較。
外見だけだと(俺には)全く分からない2種ですが、マヤサンはアオオサムシ種群、イワワキはヤコンオサムシ種群であるため、交尾片の形状が大きく異なります。

上がスズカ、下がヌノビキ。

b0178466_17334892.jpg

b0178466_17341879.jpg

スズカはアオオサやミカワのように細長い交尾片ですが、ヌノビキはヤコンやオオオサのように短い交尾片です。
ハイブリだとスズカの交尾片を中途半端に短くしたようなのになる・・・らしい。
ハイブリ欲しいなあ。


今回はハイブリは出せなかったものの、一番の目標だったスズカオサを採ることができて良かったです。
しかし寒かった・・・。
たぶん平均気温0度。
ずーっと雪降ってたし、車の温度計でMax3度くらいだしww
そのせいで風邪引いてマイマイ採りに行けなくなって・・・。
ちくしょうw


採集結果

スズカオサムシ、ヌノビキオサムシ、チュウブオオオサムシ、ミナミヤマトオサムシ、クロナガオサムシ
[PR]

by taiyaki-i | 2012-02-21 17:37 | 採集記

1/13 群馬県高崎市・藤岡市 目標達成!!   

2012年 01月 15日
前回の採集で何とかスランプ脱出に成功した?俺。
今回は本当にスランプ脱出出来ているのか、そして今シーズンの目標を達成するべく群馬へ行ってきました。

今日は5時半に家を出発。
今日は国分寺から乗るから国分寺までチャリなんだけど、この時期の早朝のチャリってクソ寒い( ´ ・ ω ・ ` )

電車も各停でしょっちゅうドア開くから電車ん中でも若干震えながら3時間弱で最寄駅に到着。
ああー寒い寒い寒いww
こんなんじゃ虫採り始める前に萎えちゃうよw

そんなこんなで歩くこと15分で採集地に到着。

b0178466_1150182.jpg

なんかいそうな気がする!

準備をして出撃!
・・・するや否や、最近俺を悩ます樹木を発見。
ヤナギに見えていたものは、ニセアカシアでしたorz

あーもう萎えるわ・・・。
けど頑張りゃなんとかなる・・・はず!

倒木の樹皮をはがして現れたのはクロナガ。

b0178466_11501750.jpg
クロナガオサムシ Leptocarabus procerulus procerulus (Chaudoir, 1862)

最初マイマイだと思ったけどクロナガだった( ・ ω ・ )
けど今までニセアカシアの林で全くオサが出なかったのに比べると、クロナガだろうがオサが出ただけだいぶマシ。

朽木を調べながら歩いて行くと、エノキの朽木が。
エノキもヤナギに比べれば硬いですが、ニセアカシアよりは掘りやすいように感じます。

材の中心部は朽ちてフレーク状になっているようだったので硬い部分をピッケルで無理矢理どかすと・・・

b0178466_11503819.jpg
ヒメマイマイカブリ Damaster blaptoides oxuroides (Schaum, 1862)

いたあっ!!!

よっしゃあああーーーーっっ!!!!

ついに見つけたぞ、マイマイ!!

未採集地での採集はほぼ1か月ぶりです。
会いたかったぜww

これで群馬県産を初採集し、ついに関東全都県でマイマイを採集しました。
今シーズンの一つの目標は達成です。
よっしゃ!

b0178466_11505558.jpg

ミヤママイマイの地域にだいぶ近いためか、前胸の色はきれいな青色をしています。
ホント色んな色があって楽しいなー( ゜ ∀ ゜ )♪

全部で5頭いました。

その後少し歩いたところで1頭追加。

浅間山も見えました。

b0178466_11511176.jpg

浅間山がはっきり見える場所まで来ちまったのかww
てか浅間山ってすげー火山っぽい形してる火山だなw


b0178466_11512479.jpg

樹木を伐採すると堤防の機能が維持されるのか・・・?
逆じゃね?

またしばらく歩いて林に突入。
洞の部分で折れてフレークがむき出しになった部分を調べると、出てきました。

b0178466_11513877.jpg

一緒にコカブトも出てきたのですが、家帰ったらどっか行ってた( ´ ・ ω ・ ` )

柔らかく朽ちた材を崩すと、ここからもマイマイが。

b0178466_11515718.jpg

これ、結構緑っぽくね?
しかもまあまあのサイズ。
某多産地とかだと緑色がかってるのって小さ目の個体しかいない感じだけど、こいつはそれなりの大きさがあります。
ミヤママイマイっぽい色の地域だと思ってたのに、こんなみどりいのが採れるとは・・・。

昼食べてるときやたらミツバチが多いから今日風ないしあったかいんだなーとか思ってたら普通に近くで養蜂やってたww
でも実際結構あったかかったです。
朝寒い寒い言ってたのが嘘なくらいあったかい!w
最後の方俺2枚しか着てなかったしw

昼食べ終わってから少し歩いて洞を調べるとそこからマイマイ2頭とコカブト1頭。
これが今回最後のマイマイになりました。
結局全部で11頭採れました( ^ ∀ ^ )
だって電車だけで片道3時間かかんだもん、2時に最寄駅出発しても家に着くの5時だよ?
もうちょいやってたかったなあ・・・。


今回は久々に未採集地でマイマイを採ることができ、しかも目標の一つを達成できたので良かったです。
これでスランプ脱出は確定だね!( ^ ∀ ^ )
ちなみにもう一つの目標、「マイマイ100頭採る」もあと少しです。
今日11頭採れて現在79頭!!
あと21頭です。
てか実は先週28頭採れてるからもう100頭超えてんだけどねw
でも既採集地で採るのは計算に入れないことにしてるから目標は未達成ってことで。
まあ21頭くらいきっと採れるさw


採集結果

ヒメマイマイカブリ、コカブト
[PR]

by taiyaki-i | 2012-01-15 11:52 | 採集記