新潟ギフ   

2015年 04月 22日
お久しぶりです。
ちゃんと生きてます。卒論とかで忙しかったし採集記書くのめんどくさくてやめてただけです。
この先もがっつりは書くことはかなり少なくなるのではないかと思います。
4月から農工大の院生になりました。
先週の土日2日間かけて新潟にギフを採りに行ってきたのでそのことを少し。

2日間で中越から下越にかけて計8か所(1日目:4カ所、2日目:4カ所(3カ所?同地区内で2カ所))周ったのですが、なんとその全てでギフを採ることができました!
場所によっては発生地であろうエリアを見つけることができたり、1頭ネットインしたと思ったらすでに周りを別の個体が飛び回っていたり…。
結果、2日間で5市町村37頭(うち4市町村で初採集)!すごい!おかしい!!

2,3年分のギフを一気に見た気分です。ギフ採集3年振りだから運が貯まってたのかな笑

b0178466_942795.jpg
1カ所目。いきなり2人合わせて1時間強で10頭以上目撃。

b0178466_962141.jpg
カタクリはここでしか花見なかった。

b0178466_971829.jpg
基本メスでしたが、場所によっては完品も多くいました。

b0178466_982614.jpg
1日目のラストの場所で。午後からはかなりの強風でしたが、それが幸いしてか地面に降りた個体はなかなか飛ばず、写真も撮ることができました。

b0178466_99336.jpg
2日目の1カ所目。ここがすごかった。出現頻度でいえばこの2日間でダントツ。
1時間強、しかも時刻が8時半~9時半くらいで後半は完品だけ選別して、俺だけでも12頭。
たぶん去年昆研の新歓で行ってたとこよりもだいぶ多いです(俺は行ってないけど)。
もうメスが発生してて来週じゃ完全に遅いけど、ここなら高尾採集の代わりくらいでちょうどいいんじゃないかね笑

b0178466_919967.jpg
手前の笹と枝がとても邪魔。


来年はまだ採れてない上越方面を狙います!行くならの話だけど笑
[PR]

# by taiyaki-i | 2015-04-22 09:26 |

一時帰還   

2014年 08月 19日
16日に院試のため、東京に戻ってきました。

東京あっつい。溶けそう。

院試終わったらまた北海道に戻ります。
北海道の気温で東京のクオリティの生活がしたい。笑
[PR]

# by taiyaki-i | 2014-08-19 09:12 | 雑記

ゴマごま   

2014年 08月 04日
真夏の北海道、アイヌキンと時期を同じく現れるのがゴマシジミ。
北海道でも場所は限られますが、本州と比べると個体数はかなり多いです。

b0178466_98951.jpg
ゴマシジミ Maculinea teleius ogumae (Matsumura, 1910)

苫小牧もゴマの分布域。
僕が見つけたポイントはちょっとした斜面なのですが、

b0178466_983320.jpg
b0178466_985080.jpg
b0178466_99354.jpg
b0178466_920914.jpg
b0178466_991649.jpg

いっぱいいます。
ワレモコウにとまってる写真が撮りたくてワレモコウの周りをうろついてる個体を見てたらどこからか他の個体が来て2頭まとめて飛んでっちゃったり、斜面ざっと見渡したら5,6頭は飛んでるくらい多い。

前に家族で北海道に来たときに見つけた場所なんだけど、そのときは8月末でスレた個体ばっかで、今回は7月末から発生していないかチェックしてたから完品ばっかし!

b0178466_993389.jpg

表面はこんな感じです。
道東みたいにとびきり青いわけではないけど、それでもかなり青い方ではないでしょうか( ̄▽ ̄)
他の場所でゴマ採ったことないからわからんけど!w

本州も昔はこれくらい飛んでたとこいっぱいあったのかな。
色んな地域のゴマを集めてみたかったよ。
今度道東に行く機会があるので、その時に青ゴマが飛んでたらいいなーなんて思ってます。
[PR]

# by taiyaki-i | 2014-08-04 09:21 |

ニセコキン&イブシキン   

2014年 08月 02日
採れたぜふー!
b0178466_17434823.jpg
ニセコキンオサムシ Megodontus kolbei kuniakii Ishikawa, 1971

写真ないけどまとめて仕掛けに行ってたイブシキンも1頭入ってました。

中3日でのチェックで、ニセコ6+歩行中1(トラップ数25個)、イブシ1(20個)。
ニセコキンは個体数多いみたい(オサムシ図説だと「ヒメクロオサに次ぐ優占種」扱いw)だからまあ採れるだろって思ってたけど、イブシキンは20個しか掛けなかったしぶっちゃけ採れると思ってなかったww

もうあと1週間置いて、8日に撤収に行きます。
ニセコは追加で20仕掛けたし、あと10くらいは採れるかな?
イブシは1頭でもまた落ちてくれればそれで笑
追加で設置もしてないし( ̄▽ ̄;)

ついでにニセコの山登ってたら歩いてた( ̄▽ ̄)
b0178466_17442420.jpg
オオルリオサムシ Acoptolabrus gehinii gehinii (Fairmaire, 1876)

まさかのニセコ型オオルリ!
今日いい日!
[PR]

# by taiyaki-i | 2014-08-02 17:50 | オサムシ

7/7~14 北海道 初夏の北海道虫採り旅行! 後編   

2014年 07月 16日
12日

車中泊で一番ぐっすり眠れた気がします。笑

今日は午前中はハナカミキリ狙いで花掬い、午後からは河川敷で採集の予定。

早速花掬いに…と行きたいところですがまだ時刻は5時過ぎ。
ぐっすり眠れたというのはあくまで質の問題で、超早起きなのは変わりませんw

これはあの動物を見に行くチャンスか。
1時間くらいで行けるみたいだし、行って帰ってきてちょうどいい時間帯だろう。

車を走らせて着いたのは、とある湖の近く。

b0178466_8532325.jpg

湖の周りの斜面のガレ場にその動物はいます。

b0178466_8534425.jpg

こんな感じのとこ。
着いてすぐ、早速鳴き声が聞こえました。

そして数分後、目の前の岩場に登場。

b0178466_854113.jpg

ナキウサギです。

b0178466_8541430.jpg
b0178466_8542710.jpg
b0178466_8544392.jpg

あーこれは、かわいいわ…。笑
大きさはデカ目のゴールデンハムスターくらい。

ほんの十数分いただけですが、2頭見れたので満足。

再びカミキリ採集のエリアに戻ってきたのは8時ごろ。
予定通りの良い時間です。

戻ってくる途中でもオオイチがかなり飛んでいました。
後ろから車来てなくて停まれる時はその都度停まって採集。

b0178466_8561172.jpg

おそらく交通事故にあって飛べなくなった個体。

昨日下見して見つけたショウマを見ていきます。
モモブトハナはそこそこいる。

b0178466_855226.jpg
モモブトハナカミキリ Oedecnema gebleri (Ganglbauer, 1899)

やっぱり北海道だと普通種みたい。

層雲峡側にも行ってみましたが、モモブトハナとオオイチが数頭採れたくらい。

b0178466_856276.jpg

この橋に短時間で数頭のオオイチが飛来してきました。
1頭採って三角紙に入れようとしたらもう1頭飛んできたから1頭ネットに入れたまんま捕まえたわww

林道をもっと奥の方の標高の高いところまで入れば成果も変わったのかもしれませんが、オオイチと遊んでたら時間なくなりました/(^o^)\
昼からは河川敷採集が待っているので一気に山を下りて帯広へ。

b0178466_8564314.jpg

帯広といえば農業と畜産のイメージ!道の周りは畑or牧場!

今は帯広は通過するだけで、さらに南下してとある河川敷へ。

b0178466_8565972.jpg

この河川敷にはケショウヤナギという北海道でも分布が限られたヤナギが生育しています。
おそらくそのケショウヤナギをホストにしているであろうカミキリが、オクエゾトラカミキリ。
ケショウヤナギの流木に来ているらしい。

河川敷採集はこの前のヤマナラシモモブトで経験済みなので、もう迷いはありません。
長靴に水が入ろうがお構いなしです。

羽脱孔の空いたヤナギがありました。

b0178466_8571756.jpg

これがケショウヤナギかと思いましたが、どうも普通のヤナギみたい。
羽脱孔はオクエゾトラかトホシか、それともハネビロハナみたいな普通種か。

しばらく歩いて見つけたのはこの新鮮な流木。

b0178466_8573125.jpg

樹皮からするとドロノキっぽい。トホシがいるかも…。

じっくり見ていくと、材の上をちょろちょろと走り回るカミキリが。
見た瞬間、手が伸びていました。

b0178466_8574811.jpg
オクエゾトラカミキリ Xylotrechus adspersus (Gebler, 1830)

まじで採れた…。
いや、若干時期遅いかもなーとか思ってたんだよ。
今年のっぽい羽脱孔ぼこぼこ空いてたし。

しかしカッコ良いなあ…。
渋いわ。
写真見て絶対好きな奴だって思ったけど想像以上に良いカミキリ!

もう1頭くらいついてないかなーとか思って裏面を見てみると…。

b0178466_858532.jpg

!!

b0178466_8582045.jpg

まじですか。まじですか!
1頭目よりでかいし!
大き目のウスイロトラくらいあります。

さらにもう1頭裏面にいました。
すげーなこの木。

他の流木ではトラハナムグリ。

b0178466_858344.jpg
トラハナムグリ

こいつもカッコ良い!

1時間ほど歩いたところで引き返します。
帰りにもさっきの流木を見たらまた2頭ついていました。
計5頭、ちょっと出来すぎやしないか…?笑

中州から河川敷に戻って河畔林を眺めていると見慣れないヤナギが。

b0178466_90379.jpg

おそらくこれがケショウヤナギなのでしょう。
葉はバッコヤナギのような幅広系のヤナギの葉ですが、樹皮はドロノキに似ています。
ということはあの流木もケショウヤナギか。

オクエゾトラ採集の後は今度こそ帯広へ。
今日は土曜日、帯広には週末と月曜の週3日間だけのイベントがあるのです。

b0178466_905713.jpg

やって来ました帯広競馬場。
ばんえい競馬です。

銀匙で読んだからってのと、府中って東京競馬場あるから数回だけだけど競馬見に行ったことがあって、ばんえい競馬も見てみたいって思ってました。

b0178466_911279.jpg

道産子。
サラブレッドとは全然違う。がっしりしてる。

b0178466_912661.jpg

普通の競馬みたいに猛スピードで馬が駆けてくのを見るのもいいですけど、こっちのパワー系もなかなか( ̄▽ ̄)

馬券は明日買うことにして、2レースだけ見て夕飯へ。

b0178466_915520.jpg

豚丼!

夜はネカフェ。
疲労が溜まってるはずだけどジョジョ4部読み切るまで起きてた笑


13日

ネカフェを6時に出発。
結局3時間くらいしか寝てないww

ネカフェを出たときは曇りだったのですが、雲というよりはガス。
これは時間が経てば晴れるし、標高を上げればたぶんこういう低いガスは無くなるはず。

予想通り、山に近づくにつれて天気が回復し、現地は雲こそあるものの日も差しています。

ネカフェで調べたところ目標の3種は標高1000mはないと駄目なようなので、今日は昨日よりももっと標高の高いところを探してみます。
昨日は高くても900mほどでした。そりゃいないわ。

峠の近くの標高の高いところにある沢を少し歩いてみたりしてショウマを掬いましたが目ぼしいものはモモブトハナくらい。

なので、昨日も入った林道をもっと奥まで行ってみることに。
事前に地形図を見て、この林道も峠を越えるために高標高の場所まで続いていることは把握済みです。(なら昨日のうちに行っとけよ)

林道を入ってしばらく進んだとこにあるトドマツの立ち枯れにはラギウムが。

b0178466_922043.jpg
ハイイロハナカミキリsp

タダハイイロか、エゾハイイロか。
どっちにせよラギウムは初採集( ̄▽ ̄)
シラフヨツボシヒゲナガもついていました。

林道をどんどん奥に行くと、まだ標高は低い場所ですがショウマがまとまって咲いている場所が。

b0178466_923727.jpg

車の中からも飛んでいるカミキリの姿が確認できます。
早速降りて掬うと、ヤツボシハナやツヤケシハナなどの常連、モモブトハナに混じって見慣れないカミキリが。

b0178466_925314.jpg
キモンハナカミキリ Leptura duodecimguttata Fabricius,1801

一瞬シララカ!?と思いましたが、キモンハナでした。
けどキモンハナも初採集!

さらに標高を上げると、林道は沢沿いを外れて山の斜面へ。
上り坂の方の斜面は崖のようになっていて花は少ないですが、反対の斜面にはセリ科やショウマなど、カミキリの来そうな花がそこそこあります。

花がある度に車を停めては確認して、を繰り返していると、裏から見るとやけに寸詰まりなモモブトハナのようなカミキリが。
手でつかんで確認すると、トホシハナでした。

b0178466_931264.jpg
トホシハナカミキリ Brachyta danilevskyi Tshernyshev et Dubatolov,2005

おおっ、トホシハナ!
こいつも欲しかった!
本州じゃ高山蝶ならぬ高山カミキリです。
狙いの3種は採れないけど、それなりにいいカミキリが採れて嬉しい( ̄▽ ̄)

さらに少し進むと峠のてっぺんに出てしまいました。
ここからは引き返してまた花を見ていきます。

先程トホシハナを採ったところから少し下ったところにあるセリ科の花。

b0178466_94534.jpg

シシウドじゃなさそうだけど、エゾニュウとかアマニュウとか?

いつものように車を降りてカミキリが来ていないか確認すると、ヤツボシハナに混じってエリトラの赤いカミキリが花上で交尾していました。
あれはクビボソハナ!
急いでネットを出して慎重に花に被せます。
良かったーやっと目当てのやつが採れた…。
クビボソは3種の中でも一番個体数多いらしいから採れて当たり前って思ってたけど、標高考えないと採れるものも採れないか…。

期待に胸を膨らませて網の中を覗き込むと…

い な い

はい?
いやいやいやいや、一緒にいたヤツボシハナは入ってんじゃん。
なんでクビボソいないわけ?
嘘だろ、確実に採れたと思ったのに…。
あーショック…。

けど、クビボソならきっとまた他の個体が来るはず…!
そう思いしばらく待っていると、予想通り1頭のクビボソハナが飛来しました。
まあペアでは来ないって分かってたけど、1頭だけでも採れれば十分か…。

今度はカミキリ用のデカいネットを花の下にあてがって揺らします。
クビボソが網の中に落ちていくのが見えました。

次の瞬間。
繰り出し竿が節目がうまく固定されていなかったのが、するすると伸びていきます。
そして網が1回転。

おい!
おいおいおいおいおいおいおいおい!!!!!

急いで網を引き寄せますが、そこにクビボソハナの姿はありませんでした。
オオイチだけじゃなくてカミキリでも相性悪いのか大雪は…?
こうなったら採れるまで粘ってやる…!

トホシハナの採れた花など、近くの花と行ったり来たりしながら待つこと十数分、3度目のクビボソ飛来。
2度あることは3度ある、になるか、3度目の正直にできるか…。

今度の個体は花にとまったり飛んだりを繰り返しているので、飛んだところを狙ってネットを振ります。
今度も網の中に入るのが見えました。
ネットの回転も無し。

手元に寄せてくるそのときも、しっかりと網の中にいるクビボソハナの姿が見えていました。

b0178466_942498.jpg
クビボソハナカミキリ Nivellia sanguinosa (Gyllenhal,1827)

あーやっと採れた…。
なんとなくヒラヤマに似てる?
ここに来る前はまあクビボソくらい余裕っしょ!とか思ってたけど全然余裕じゃなかったww
いや、昨日か一昨日のうちにここの場所を見つけてたら余裕だったんだろうけど笑

複数頭採集、そしてあわよくばシララカやエゾスミイロも…と思いもっと粘りたかったのですが、ここで雨が降り出してしまいました。
もともと今日は午後から雨予報だったのです。

これでは仕方がない。ていうか昼飯買ってないから腹減った…笑

まあクビボソ以外にも面白いのが採れたし、良しとしよう。
ここからまた100kmほど走って帯広に戻ります。
もう完全に感覚麻痺して100kmなんて全然遠く感じなくなった…。
言うて100kmって名古屋から浜松とか飯田とかそこらへんまでだしね、よく行ってた距離だし笑

帯広に戻って、今日もばんえい競馬。

b0178466_945110.jpg

メインレースで3連単当たった!
超ベタな着順で馬券の買い方も置きに行った感じだから当てたというより当たっただけど、一応初めて3連単当てたんで嬉しいです( ̄▽ ̄)

夜はまた豚丼w

b0178466_95214.jpg

こっちの方が肉がジューシーで好きかも。

明日はどうなるでしょうか。
できれば今日の場所にまた行きたいけど、天気予報は曇り時々雨。


14日

朝起きると空はどんより。
昨日のようなガスではなく、完全に雲です。
しかも夜のうちに雨降ったっぽい。

…帰ろう。
早く帰るのは後で払うツケが小さくなるだけだからね笑

途中夕張を通ったので夕張メロン食べたり、チーズ買ったりして帰りました。


今回は1週間という、おそらく今までで最も長い期間の虫採りでした。
これまで春休みに5日間かけて石垣へ行ったりはしましたが、この時期に1週間も時間がとれるのは、今後もきっと無いでしょう。
どういう進路に進むかにもよると思いますがw

この学部4年っていうのが授業もないし、卒論はあるけどまだデータ集めの段階で調査のないときは比較的フリー(そういう時間を利用してすべきこともある)だしで、いいタイミングで北海道にいられたと思います。
残り2種の高地性カミキリはまたリベンジしないとですね。
リベンジできるのはいつだろう…?


採集結果

オオイチモンジ、コヒオドシ、ホソバヒョウモン、アカマダラ、キタアカシジミ、ウラジロミドリシジミ、ファボニウスsp、ウラミスジシジミ、ウスイロオナガシジミ、ウラゴマダラシジミ、カラスシジミ?、リンゴシジミ、カラフトセセリ、エゾシロチョウ、ヒメウスバシロチョウ、クビボソハナカミキリ、トホシハナカミキリ、キモンハナカミキリ、モモブトハナカミキリ、ホクチチビハナカミキリ、ハイイロハナカミキリsp、ツヤケシハナカミキリ、グラフィラsp、オクエゾトラカミキリ、クロトラカミキリ、オオマルクビヒラタカミキリ、トホシカミキリ、シラフヨツボシヒゲナガカミキリ、トラハナムグリ
[PR]

# by taiyaki-i | 2014-07-16 09:08 | 採集記