10/28 東京都奥多摩町 オサ掘り登山   

2013年 10月 29日
月曜は全休だったのでまた奥多摩です( ̄▽ ̄)
けどもうコブにはちょっと遅い(探せば落ち葉の中に潜ってたりするんだろうけど)ので今回はオサ掘り。
この時期でもう越冬体勢に入っているか心配だったけど、最低気温2度とかだし、大丈夫だろう!

今日も朝は3時半起き・・・のはずだったんだけど、3時半に起きてもう後5分くらいって思って次時計見たら4時15分。
あ、始発間に合わない(・∀・)

結局一本後のバスに乗れるよう5時ごろ出発。

奥多摩駅からバスに乗り、終点のバス停に着いたのは7時15分ごろ。

b0178466_13494822.jpg

今日も快晴、気持ちいい山登りになりそう!

今日のメインターゲットはコクロナガオサムシの秩父亜種、チチブホソクロナガオサムシ。
トラップ掛ければ割と楽に採れるみたいけど、時間があったので掘りで挑戦してみようというわけです。
あとホソアカガネも何頭か欲しいなー

b0178466_13501141.jpg

今日目指す山はあの稲村岩の奥にあります。

稲村岩にちょっと寄り道。

b0178466_13502975.jpg

なるほど、これがツゲか。

b0178466_13504395.jpg

ニシキキンカメいないか探してみたけど、時期が悪いのか見つからず。
もう越冬体勢に入っちゃってたのかな?
今度は成虫のシーズンか越冬に入る前に探しに来よう。

稲村岩からは日原の集落も良く見えました。

b0178466_13505733.jpg

再び岩場を引き返して、目的の山へ行く道へ。

b0178466_13512047.jpg

ここから山頂まで標高差約900m、平坦な場所はほとんどないそうです。

b0178466_13513590.jpg

紅葉が綺麗だなー(´`)

登れども登れども坂ばかり(´Д`;)

b0178466_13515520.jpg

だいぶ標高も稼いだかなというところで朽木があったので調べてみるとクロナガが。

b0178466_13521122.jpg
クロナガオサムシ Leptocarabus procerulus procerulus (Chaudoir, 1862)

チチブホソクロナガって確か高地性のコクロナガって感じの小型なはずだけど、丘孔点列がよく見えなかったし初めての奥多摩産クロナガってことで一応キープ。

その後も登りながら材があれば調べるということを繰り返していくと今度はホソアカガネが。

b0178466_13523076.jpg
ホソアカガネオサムシ Carabus vanvolxemi vanvolxemi Putzeys, 1875

東京都産ホソアカガネは初採集。
割と標高高めなとこにしかいないけど、いるところにはいる地域限定普通種なイメージ。
でも上翅の彫刻の感じとか結構好き。

b0178466_13524814.jpg

この立ち枯れは夏になればネキが来そう。

さらに歩いて標高1500mを超えるか超えないかという辺りまで来たときのこと。
登山道脇にあった赤く朽ちた材を調べてみると、ホソアカガネが。

b0178466_1353270.jpg

このホソアカガネが出てきたすぐ横部分を崩してみると、ホソアカガネサイズのオサムシが出現。
なんだ、ホソアカガネか・・・と思ったのですが、遠目に見てもなんだか雰囲気が違う・・・。
もしやこいつが・・・!

b0178466_13534766.jpg
チチブホソクロナガオサムシ Leptocarabus arboreus ogurai (Ishikawa, 1969)

きたーー!!(((o(*゜▽゜*)o)))
こいつがチチブホソクロナガか!
オンタケクロナガほどじゃないけど小型で上翅に赤みがあって、いかにもコクロナガって感じ。
素晴らしい。
コクロナガっていうとこっち来て良く見るのはトウホククロナガだけど、あんなタダクロナガと少ししか変わんないようなクロナガは俺の中では邪道w
コクロナガって言ったらやっぱりこういう高地性の亜種だよ( ̄▽ ̄)

b0178466_1354139.jpg

こんな感じで部屋作ってました。

このあたりからすでに崩された朽木がちらほら。

b0178466_13541630.jpg

まあ同業者だろうな笑

そして気が付けば紅葉のエリアは終わり、すでに葉が散っている高さまで来ていました。

b0178466_13543025.jpg

ここまで来れば山頂まであと少し。
今まで以上に急になったように感じる登山道を登って目の前に広がったのは・・・

b0178466_13544774.jpg

素晴らしい。
山頂付近が草原になっているので展望は抜群。
この前登ったとことは大違いだぜ!w

富士山も頭だけですが見えました。

b0178466_1355532.jpg

なるほど、これが防火帯か。

b0178466_13552122.jpg

向こうの方で赤くなってるのはナナカマドかな。

b0178466_13554230.jpg

山頂までかかった時間は4時間半。
途中で虫採りせずに登れば標準タイムで登れてたって信じたい・・・!笑

下りは登山道から外れながら材割。
谷になっている部分にあった倒木を崩すと、ヒメマイマイが出てきました。

b0178466_1357350.jpg
ヒメマイマイカブリ Damaster blaptoides oxuroides (Schaum, 1862)

やっぱり高標高地のは小型だね。
前オンタケクロナガ掘りに行ったときとだいたい同じくらいの標高かな。

その後はホソアカガネを2,3頭追加したのみ。

下りはそりゃ行きがずっと登りだったからずっと下りなわけで、脚にだいぶ負担はかかったけどなかなかのスピードで下山笑
2時間もかからなかったような・・・


今回は掘りで採れるか採れないか分からないようなチチブホソクロナガを無事ゲットでき、ホソアカガネも採れて良かったです。
ちゃんと山頂まで行けたしね。
登山用のパンツ持っていないし藪漕ぎするならできるだけ丈夫なのがいいってことでいつもジーンズで虫採り行くんだけど、山頂であった人に「ジーンズでここまで来れたらどこでも行けるよ笑」って言われたww
春になったらちゃんと登山用のパンツ買います、はい。笑
ここだったらアルマン採れるかもって場所も何か所かあったし、チチブホソクロナガの追加も欲しいからナナカマドとかの花に合わせてトラップ仕掛けつつ1泊2日で登るのもありだな( ̄▽ ̄)


採集結果

チチブホソクロナガオサムシ、ホソアカガネオサムシ、エサキオサムシ、クロナガオサムシ、ヒメマイマイカブリ
[PR]

by taiyaki-i | 2013-10-29 13:59 | 採集記