6/9 福島県南会津郡 南会津リベンジ戦   

2013年 06月 11日
最近はあまり虫採りに行けてません。
いや、行けてないって表現はおかしいかな、行ってないだけです笑
実習とかで忙しいってのもあるんだけど、もし希望してる研究室に入れればたぶん虫採りはめっちゃできるだろうし、研究室入ったら友達ともあんま会えなくなりそうだから虫採りするよりももっと遊びたいというか( ̄▽ ̄)笑
まあ虫採りは趣味だからね、しなきゃいけないもんじゃないんだよ。

でも6月になったし、去年雨でなんも採れなかった南会津とかまた行きたい!
最初は22,23のどっちかに行こうかなって思ってたんですよ、どっちも予定ないから。
けど水曜くらいにちょっと南会津の天気予報見てみたら、今週の土日は天気がいい!気温も高い!
土曜は昆研の大OB会があるけど、OB会は昼間だし行けなくはない。
再来週まで待って雨だったらやだしな・・・。
よし、レンカターまだ空いてたら行こう。

結果・・・

空いてました。ちょっと高くなったけど。

はい日曜南会津けってー笑

てなわけで土曜。
昼間はOB会。
食べ物と飲み物が余ってたから今日の夜飯用にキープ笑

片付けを終えてレンタカー屋へ。
今回も去年と同じく、行きは下道で行きます。
だからできるだけ早く出なきゃなんです。

車を借りて色々準備して、18時半に出発。
さーて今日は何時間かかるかなーw

いつもは東八→環八→国道4号ってルートなんだけど、今回は国道4号に出るのに所沢経由で行ってみました。
予想以上に車が多い。そして信号も多い!道が狭い!!
いつものルートより30分以上も長くかかってしまいました。
もう使わねー。

埼玉を出て群馬に入り、さらに栃木、そこから山道に入ってやっと福島県入り、現地周辺に着いたのは日付が変わるころ。
5時間半かかりました。
まあこんなもんかな?
国道4号が埼玉から那須までずーっと自動車専用道路的な感じになってるから結構早く着けるんだよね。

片側交互通行の工事現場に蛾がたくさん来ているライトがあったのでシナカミキリでも来ていないか見ていると、地元の虫屋さんが。
やっぱり今年は遅れているみたい。
クロヒラタなんかはまだ出ていないそうです。まじかークロヒラタ結構狙ってたんだけどなー・・・。
この虫屋さんには色々情報を教えてもらったうえにスギカミキリまで頂いてしまいました。
ありがたや・・・m(_ _)m
今年はスギやビャクシンが結構採れたようです。

この場所ではカミキリはオオヒメハナが1頭いただけでしたが、エゾヨツメがボロですが何頭か来ていたので一番新鮮なやつを1頭だけ採集。

車中泊も久々。
石垣みたいに後部座席前に倒してフラットにして寝ようと思ったら荷台と後部座席の間に段差あった(´・_・)
そして最低8度は寒かった・・・。
2時間くらいしか寝れなかった(;_;)

6時ごろまではぐっすり眠る予定が全然寝れなかったので、5時半には移動開始。
まずはカミキリが活動するまでの間にちょっとだけコルリを狙ってみます。
コルリやヒメオオで有名な某林道へ。

天気はドピーカン!(゜▽゜*)

b0178466_9415287.jpg

去年とは大違いだ!笑

途中色々寄り道をして7時半ごろに現地到着。
林道の入口付近にはすでに車が停まっていました。
もうコルリには少し遅めなので、車で行けるところまで行って標高を上げます。
すぐに車を停めたらしい人たちを追い越しましたが、さすがにまだ採れていないようです。

しばらく車を走らせると駐車できそうなスペースがあったので、そこに停めて歩くことに。

ブナじゃないけど、こんなのが好きなんかな?

b0178466_9422327.jpg

真面目に新芽採集するの初めてだからあんま分からん。

車の周りにも新芽状態のブナがあったので見てみると、一つだけ萎れているものが。

b0178466_9423943.jpg

あ、いた。

b0178466_9425212.jpg
コルリクワガタ Platycerus acuticollis Kurosawa,1969

うわすげえこんな簡単に採れんの?
さすが南会津・・・!

さらに少し歩いた先の新芽でも発見。

b0178466_9431318.jpg

ペアでついてました。

b0178466_943302.jpg

いやーやっぱコルリはオスだよね( ̄▽ ̄)

そのすぐ隣の新芽でも。

b0178466_9434423.jpg

このまま10頭くらいは採れるか!?とも思いましたが、ここから後が続かず(´・_・)
アオダモの新芽に来ていたメスを1頭追加し、計5頭で移動の時間に。
もともと今年は虫の出が悪いってのはあるだろうけどやっぱ遅かったのかねえ。
移動するときに別の場所で新芽見ていた人に話を聞いたらもっと奥の高標高の場所まで行った方が良かったみたいです。

ここからはカミキリ狙い、まずは花掬い。
道沿いのミズキを掬うとマツシタトラが入りました。

b0178466_944458.jpg
マツシタトラカミキリ Anaglyptus (Anaglyptus) matsushitai HAYASHI, 1955

これとテツイロハナも。

別の場所でもミズキを掬ってこの2種が。
ただ他の種類は入りません。
雨が全然降ってないみたいだし、乾燥が原因かね。
トウキョウトラやエゾトラなんかが入れば・・・とも思ってたけどさすがに遅いみたい。

これ以上花掬いを続けても成果は期待出来なさそうなので、ここからは土場・伐採地巡りに専念。

コルリのポイントから移動してくる途中では伐採地は見つからなかったので、まずは去年eichanさんに教えていただいた伐採地へ。
もう今年だとちょっと古いかもだけど・・・。

とうちゃーく。

b0178466_9442014.jpg

ハネビロハナがたくさん。

b0178466_9444080.jpg
ハネビロハナカミキリ Leptura latipennis (MATSUSHITA, 1933)

b0178466_944557.jpg

快晴で気温も上昇、活発に活動しています。
ハネビロがどの状態の材を好むかはよく知らないけど、eichanさんも採ってたな。
ってことはeichanさんが来た3年前に採れてた種は採れる可能性が無くは無いはず・・・!
あのカミキリも・・・!

しばらく歩きまわると、そのあるカミキリが好む状態の材が。

b0178466_9451531.jpg

気温・天候は申し分ない。
少し材の前で待っていると、ハエのようなオレンジ色の影が飛んできました。
タイミングを合わせて網を振り抜きます。

b0178466_9453613.jpg
モモブトハナカミキリ Oedecnema gebleri (GANGLBAUER, 1899)

よっしゃ!
やっぱりこいつだったか!
しかも腿太なオス!

実は去年南会津に来たのも6月9日。
ちょうど1年後、なんかあるとは思ってた!
もう古いかもと思いつつこの場所に来たのもそんなわけなんですよね。
で、実際リベンジ成功、と!
やっと南会津に来た甲斐があったって思える種類が採れた(´▽`*)

嬉しがってる間にもう1頭!

b0178466_946183.jpg

このあとさらに1頭追加でき、計3頭に。
まさか3頭も採れるとは!(^ω^)

次は去年雨の中シナカミキリを採った材置場。
昨夜会った虫屋さん曰く、この場所は去年シナカミキリがたくさん採れていたそうです。
どうりで雨でもいたわけだ。

今回はゴマフとハネビロハナがいただけでした。
クロヒラタが採れそうな場所の一つだったけど、やっぱまだ早いんかな。

もう時刻は2時過ぎ。
帰り道の方向にある材置場を目指して車を走らせていると、道沿いの山の斜面が広く伐採された場所がありました。
昨日の夜のうちに走ってきたところだったため行きは気付かなかったようです。
去年はこんな場所無かったし、下草の生え具合からして今年伐採されたとこだな・・・!

車を停めて行ってみると、粗朶がまとめて置いてありました。

b0178466_9462450.jpg

カラマツが多いようですが、広葉樹もそこそこあります。

結構広範囲にわたって伐採されてます。

b0178466_9464214.jpg

粗朶を見ているとカンボウトラを発見。
しかし逃げられる・・・(>_<)
こんだけ1カ所にたくさん粗朶があるとすぐに手が伸ばせない場所にいると採りにくいな・・・。

しばらく粗朶のまわりを周りながら見ていると、自分の後ろからフッとカミキリが飛んできて粗朶に留まりました。
そのカミキリを見た瞬間、一瞬息が止まりました。

ニ、ニセヤツボシ!!


マジか、もっと太い材じゃなきゃだめかと思ってたけどこんな粗朶にも来るのか・・・!

逃げるなよ・・・あ、下落ちた・・・。
けど手の届くとこにいる!
ああっ、飛ぶな、よっしゃつかんだ!

b0178466_94726.jpg
ニセヤツボシカミキリ Saperda (Saperda) subobliterata PIC, 1910

よっしゃーー!!
ニセヤツボシ採れたーー!!

かっけーなー・・・。
サペルらしいサペル!笑
手震えたわw

さらに粗朶を見ていると今度はキンヘリタマムシが・・・あ、飛んで行ってしまった・・・。
タマムシ屋じゃないけど、キンヘリは欲しかったな・・・。

しかしニセヤツボシだけじゃなくてキンヘリまで飛んでくるってことはハルニレも伐られてたんだな。
この場所素晴らしすぎるぜ!

粗朶の近くの切り株から生えているひこばえにもピックニセハムシハナみたいなカミキリが。
あれ、でもなんかエリトラがメタリックだな・・・。
ってクビアカハナじゃん!

b0178466_9472465.jpg
クビアカハナカミキリ Gaurotes (Carilia) atripennis MATSUSHITA, 1933

またしても初採集のカミキリが採れてしまった・・・!
クビアカハナが採れるってことはアカマツもあるのか?
今回は時間なくてできなかったけど、アカマツの粗朶探して叩けばホンドヒメシラオビも採れたかなー。

これらの他にシラケトラ、クロニセリンゴ、ヘリグロアオを採集。
いやーいい伐採地だった!
まさかニセヤツボシが採れるとは!
モモブトハナの採れた伐採地のこと考えると、あと3、4年は保つかな( ̄▽ ̄)
今回は時間帯もちょっと遅いし時期も微妙みたいだけど、良い時に来たら相当すごいんだろうなあ・・・。

本来行こうとしていた材置場とその近くにある伐採地は時間が無くなったためスルー。
まあモモブトハナに加えてニセヤツボシまで採れたからいいさ!(^^)

帰りは高速使って帰りました笑


去年、予報で雨でしかも気温が低いってのは分かってたけど強行して結局何も採れず帰ってきてちょうど1年、天候にも恵まれ無事にモモブトハナやニセヤツボシを採ることができました!
ただ、時期的にはちょうど5月に出るトウキョウトラやエゾトラ、ピニボラには遅く、6月のクロヒラタなんかには早いっていう端境期だったようです。
コルリも採れはしたけどもうおしまいって感じだったからトウキョウトラとかと同じ時期なのかな。
あと、コルリのポイントとカミキリがよく採れる地域が遠い!
50km以上離れてるとかマジでびびったわww
おかげで走行距離まさかの650kmだよ!
コルリ採ってから色々寄り道しながらカミキリの場所まで戻ってきてたら時間なくなる。
実際伐採地と土場を一カ所見れなかったし。
ちゃんとどこで採るかを決めて、移動はスムーズにしないと駄目ですね。

最後になりましたが、南会津の情報を教えて下さったeichanさん、KOH16さんにこの場を借りてお礼申し上げます。


採集結果

モモブトハナカミキリ、クビアカハナカミキリ、テツイロハナカミキリ、ハネビロハナカミキリ、スギカミキリ(頂き物)、ヘリグロベニカミキリ、シラケトラカミキリ、マツシタトラカミキリ、ニセヤツボシカミキリ、クロニセリンゴカミキリ、ヘリグロアオカミキリ、コルリクワガタ、エゾヨツメ
[PR]

by taiyaki-i | 2013-06-11 09:51 | 採集記