3/26~30 沖縄県石垣島 4,5日目   

2013年 04月 02日
29日

明日の朝の飛行機で帰るため、実質今日が最終日。

前日の疲れで日が昇るまでぐっすり…していたかったのですが、そういうわけにも行きませんでした。

午前3時過ぎ、雨と風の音で起こされる。

b0178466_10524949.jpg

なんか…台風並みに風あるんだけど。
しかもどんどん雨強くなってくし。

もう一回転がって起きたらまさしくバケツひっくり返したような雨。
これ午前4時ね。

もう寝れんわこれ(´・_・)
雷も鳴るし若干恐怖を感じる笑

というわけで、ネカフェに行くことに。

ネカフェに行く…

い け な い

道路がひどいところでは4,50cmほど冠水しています。
この中進んでってなんか車にトラブルでもあったら…(((゜Д゜;)))

近くにあったコンビニで夜明けまで時間を潰すことに。
マンガ読んでたらいつの間にか雨も風も止んでいました。

コンビニに来ていたイツホシシロ。

b0178466_10532291.jpg
イツホシシロカミキリ Olenecamptus bilobus nipponensis DILLON et DILLON, 1948

朝飯ゆしどうふー(^q^)

b0178466_10534138.jpg

今日も屋良部へFITを見に行きましたが何も入っておらず。

今日は平地での採集。
まずはイシガキケブトハナ狙いでクサギがありそうな場所を探していきます。

最初はこんなとこ。

b0178466_1054849.jpg

畑と畑の間には小規模な区分け林があるようなところです。

近くに落ちている枯葉を叩くとヤエヤマタテスジドウボソが落ちてきました。

b0178466_10543758.jpg
ヤエヤマタテスジドウボソカミキリ Pothyne formosana chocolatoides BREUNING et OHBAYASHI, 1966

よっしゃ!
こいつも前来た時は枯れたススキの中にあった蛹持ち帰って羽化させただけだったからなー。

その他ハヤシサビなども落ちました。

イシガキリンゴがいないか区分け林の中のタブノキを見ていると腿の太いケルシウムみたいな影が見えました。
まあケルシウムなら一通りこのあたり調べてから採ればいいか。

さっきの写真で奥の方に見える林へ向かう途中のススキの株を叩くとタテスジドウボソが2頭追加できました。
肝心の林はクサギも無くビーティングも微妙(´・_・)
けどクジャク見た!
ほんとに野生化しているとは…。

最後にさっきケルシウムがついていたタブノキをチェック。
すでにケルシウムはどこかに行ってしまったようでしたが、まだこの木にいるなら掬えば入るはず。

いたあたりを中心に掬うと、予想通りカミキリが入りました。
にしてもケルシウムにしては腿が太すぎるような…?

網の中を覗き込むと、そこにいたのはケルシウムなんかではありませんでした。

b0178466_1055552.jpg
ヤエヤマモモブトコバネカミキリ Merionoeda (Ocytasia) formosana iriomotensis OHBAYASHI et N.OHBAYASHI, 1965(帰宅後撮影)

まじかww
もっと自然度の高い場所じゃなきゃ採れないと思ってたけど、こんな場所にいるんかいww
とりあえずこいつも採りたかったやつなので嬉しいです(´▽`)
つかんだら脚もげたけどw

さらに掬うともう1頭採れました。
写真の左のやつね。今度は脚もげることも無く無事に毒ビンへ( ̄▽ ̄)

この近くでもう一カ所回りましたがクサギは見つからず。

そろそろ今日のメインの採集地、石垣島北部へ向かいます。

けど途中で寄り道してカタモンビロウドの幼虫探し。

b0178466_10553155.jpg

カラムシはある。んだけど、カタモンビロウドの食痕は見つからず。

ここは蝶が多く、ツマベニや大き目のセセリを目撃。
タイワンアオバみたいな白紋のないやつとコウトウシロシタみたいなのがいたような。
セセリはどれもなかなか止まらなかったので採れませんでした(´・ω・`)

が、クロテンシロチョウとスジグロカバマダラを採集!
クロテンシロチョウは近年石垣島に定着したらしい。
スジグロカバマダラも石垣島じゃモンシロ並みにいるとか聞いていながらこれまで出会えなかった種類。
蝶も充実してるなあ(´ω`)

北部到着!

b0178466_10555129.jpg

ここでの狙いはイシガキウスアヤ。
前回は全く採れなかった場所ですが、天候の差があることを信じて…

と、歩き始めてすぐ、ブッシュを目指して草地を歩いていると、目の前に小型のタテハが止まっているのに気付きました。
後翅は綺麗な青色。アオタテハモドキ。

しかし網を持っていない!
アオタテハモドキはどこかへ飛び去ってしまいました。

まあ一頭いたんだからまた会えるだろ。
ということで叩き棒にネットを付けておくことに。

再び草原を歩いていると、今度は黒いアゲハ。
飛び方はジャコウで白い紋が見える。
ベニモンじゃないかー!∑(゜Д゜)

急いで追いかけてネットイン。
やっと採れたよベニモン…。

よく見てみるとこの地域はベニモンが多いらしく、何頭も飛び回っています。
でも三角紙もそろそろ尽きそうだし一頭だけでいいや。
場所とるしね笑

ベニモンも採れたし真面目にビーティングします。
ススキを叩いたら早速落ちてきました。

b0178466_10561477.jpg
イシガキウスアヤカミキリ  Bumetopia sakishimana ishigaki HAYASHI, 1966

お、今回はちゃんと採れるや。

広葉樹の枯葉を叩けばワモンサビ。

b0178466_1056388.jpg
ワモンサビカミキリ Pterolophia (Hylobrotus) annulata (CHEVROLAT, 1845)

ススキからはイシガキヨナグニゴマフも落ちてきました。

b0178466_10565719.jpg
イシガキヨナグニゴマフカミキリ Mesosa (Mesosa) yonaguni subkonoi Breuning,1964

ブーメはこんなとこに多いみたいです。

b0178466_10572132.jpg

ススキが枯れて倒れたけど地面には着いてないみたいな。
横になってるから叩きやすいしね( ̄▽ ̄)
多くいるっていうよりはむしろ採りやすいって言った方が正解かも。

一通り叩き終わって車へ戻る途中、再び目の前にアオタテハモドキが。
今はちゃんと網持ってます。

以前本島で採った時の経験から止まったところでゆっくり網を近づけていきます。
数回逃げられましたがなんとか採集。
ごめん写真撮ってないわ…。

本島で採った時は一度網の枠に当たって後翅の一部が欠けてしまったのですが、今回は大きな欠けもなく採集することが出来ました(´▽`)
しかしアオタテハじゃなくてただのタテハモドキってのはどこにいるんだ?
あれも全く縁がないんだけど。

結局ブーメは5頭採ることが出来ました。
その他にサビカミキリの仲間が何頭かとドウボソ。
ドウボソは採った時タテスジかなって思ったけど家帰ってから確認したらどうもイシガキシロスジみたいだ( ̄▽ ̄)

あと、一応イプロカ狙いでヘクソカズラの枯れ蔓を少し確保。
蔓絡まりすぎでいちいち食痕あるか調べるのめんどかったから枯れ蔓まとめて引きちぎってきた( ̄▽ ̄)
イプロカ出るといいな( ̄▽ ̄)

場所を移動して次はギンネムの材採です。
ギンネムの部分枯れでフトカミキリが採れるらしい。
前回も挑戦しましたが良い材が見つからず、適当に採ってきた材からはカッコウムシとケルシウムが1頭ずつしか出ませんでした。

前来た時よりは材採のセンスも多少なりは向上してるはず。
何本かギンネムの部分枯れを割っていると、フトカミキリらしい坑道が出現。
ナタで慎重に割って行くと…

b0178466_10581089.jpg

お、出た!
大きさは3cm弱。
何になるのかなー楽しみだなー( ̄▽ ̄)

その後同じような幼虫を3頭追加。
まあこれでいいや。

家に帰ってから見てみたら木屑で坑道に蓋がされていました。

b0178466_10582911.jpg

うまく羽化まで行ってくれるといいなー(゜▽゜)

石垣島最後の夕食は明石食堂のソーキそば。

b0178466_10585123.jpg

ソーキがとろける!うまい!
てか今まで八重山そばとか沖縄そばの総称がソーキそばだと思ってたけど、ソーキってのは豚のスペアリブなんだな。
今回の石垣遠征で飯食うとこ調べてて知ったわ笑

この日はドミトリーに泊まります。
材を宅急便で送ってからドミトリーへ。
もう今日は灯下巡りはいいや。疲れた。

30日

ほんとのほんとに最終日。
レンタカーの返却時間までぐっすり寝ていたいのですが、そういうわけにも行きません。
屋良部に仕掛けたFITを回収しにいかないといけないのです。

というわけで、朝5時半にドミトリーを出発。
レンタカー返却の8時までにFITを回収して、荷物の整理もしないと。

簡単に言うと、FITの成果はゼロ。
なかなかうまく行かんね(´・ω・`)

色々と改良の余地があるとも感じました。
とりあえず衝突版をクリアファイルで作ったんだけど、それを支柱に留めるのに4点じゃ足らなかったな。
真ん中でも留めて衝突版がへたらないようにしないと。
雨対策の屋根も何かしら支えるものが必要か。

時間があったので市街地へ戻ってからコンビニに寄ったらシモフリナガヒゲが来ていました。

その後は荷物の整理とかして8時まで猫と戯れてた(=^エ^=)笑

b0178466_11065.jpg

犬派だけど猫もかわいい(´▽`)

さよなら石垣島。

b0178466_1104846.jpg

この時期にもまた何回も来たいし、別の時期にも来たい!


今回は前回と違って気温も高く、天候もそれなりに安定していました。
天気予報は曇り時々雨だったけど、いい方向に外れてくれて良かった( ̄▽ ̄)
おかげで色々と八重山らしいカミキリが採れました。
ムネモンウスアオは採れたけど、まだヤエヤマヒオドシとマツダクスベニがな…。
ムネモンウスアオとこの2種じゃ採集難易度に結構な差がある気がする。
今度行くときは曇りじゃなくて晴れが良い笑

あと虫じゃないけどヤギ汁も食ってみたいわ( ̄▽ ̄)


採集結果

1日目

イツホシシロカミキリ、サキシマヒラタクワガタ

2日目

イツホシシロカミキリ、ヒメカミキリsp、ヤエヤマアヤモンチビカミキリ、ハヤシサビカミキリ等のサビカミキリ、イシガキリンゴカミキリ、イワサキキンスジカミキリ、ヤエヤマカラスアゲハ、ミカドアゲハ、ナミエシロチョウ、タイワンキチョウ、イシガケチョウ、ルリタテハ

3日目

ムネモンウスアオカミキリ、イワサキキンスジカミキリ、イシガキリンゴカミキリ、オモトウスアヤカミキリorサビアヤカミキリ幼虫、ウスイロコノマチョウ、ヤエヤマカラスアゲハ、ミカドアゲハ

4日目

ヤエヤマモモブトコバネカミキリ、ヤエヤマタテスジドウボソカミキリ、イシガキシロスジドウボソカミキリ、イシガキウスアヤカミキリ、イシガキヨナグニゴマフカミキリ、ワモンサビカミキリ、ハヤシサビカミキリ、イシガキシロオビサビカミキリ、シモフリナガヒゲカミキリ、イツホシシロカミキリ、ケルシウムsp、シロオビアゲハ、ベニモンアゲハ、アオタテハモドキ、リュウキュウアサギマダラ、スジグロカバマダラ

5日目

シモフリナガヒゲカミキリ

書き忘れてるのもあるかも。
[PR]

by taiyaki-i | 2013-04-02 12:14 | 採集記