3/26~30 沖縄県石垣島 3日目   

2013年 04月 01日
28日

朝4時ごろに起きて、そこからだらだら。
天気は曇りです。

b0178466_2044483.jpg

6時ごろは少しだけ雨が降っていましたがすぐに止みました。
まずは屋良部へ行ってFITの確認。

またカンムリワシ。

b0178466_2045569.jpg

FITには何もなし。

今日は於茂登に登る予定ですが、せっかく屋良部に来たし屋良部も登ってみることに。
一応目的はあったりする。

林道沿いの登山道入り口から歩くことたぶん15分もかからず山頂到着。

b0178466_20452341.jpg

とある材があれば採って帰りたかったのですが、見つかりませんでした。

再び林道に戻ってくると、カミキリがふわふわ飛んでいます。
あの飛び方はリンゴだな…。

b0178466_20454262.jpg
イシガキリンゴカミキリ Oberea ishigakiana MATSUSHITA, 1941

いえーい2頭目( ̄▽ ̄)

さらにイヌビワの折れた枝を発見。

b0178466_2046019.jpg

樹皮下は食痕だらけ。

b0178466_20461931.jpg

粗いしイツホシシロかな?

虫が活動しそうな時間になったので於茂登へ向かいます。

b0178466_20464087.jpg

崩落現場まで来ました。

b0178466_2047721.jpg

片手で木をつかみながらまだ人に踏み固められておらず滑りにくい部分を登り、なんとか越えることが出来ました。

b0178466_20472492.jpg

ここからはムネモンウスアオを狙うため、目に付くヤンバルアワブキをひたすら掬っていきます。

と同時に登山道沿いの石起こしも。
大き目の石をひっくり返すと、探していたものがいました。

b0178466_20474688.jpg
タイワンサソリモドキ 

欲しかったんだよねこいつ( ̄▽ ̄)
予想以上にでかい笑

ウスイロコノマが飛んでいたので採集。

b0178466_2048699.jpg
ウスイロコノマチョウ Melanitis leda leda (Linnaeus,1758)

こいつも本島で網持ってない時に見つけて帽子で採ろうとして逃げられたっけ( ̄▽ ̄)

倒れたヤンバルアワブキにはしっかりと樹皮下をチェックした跡がありました。

b0178466_20483579.jpg

まだ入ってなかったみたいだけど。
来年調べれば出てくるかもねえ。

登山道沿いのヤンバルアワブキを掬い続けて最初に入ったのはイワサキキンスジ。

b0178466_2049468.jpg
イワサキキンスジカミキリ Glenea (Glenea) iwasakii KANO, 1933

やっぱそう簡単にムネモンウスアオは採れないよなあ…。
別の木を掬っていくとまた網の中にカミキリの姿が。

まあどうせイワサキキンスジだろ。

あれ…?
でもなんかこっち向いてる顔の色がなんか青っぽいような…。

b0178466_20492615.jpg
ムネモンウスアオカミキリ Pareutetrapha magnufica caeruleithoracica TAKAKUWA, 1984

おう、採れたわ。(真顔)

ちょっといきなりすぎて実感湧かない笑

ほんとイワサキキンスジだと思って採集記にも
「こんなクソみたいなスイーピングでムネモンウスアオなんか入るわけなかった」
とか書こうかなwwなんて思ってたし笑

写真撮ってケースに入れてからやっと嬉しさが込み上げてきました。
いや、やっぱ嬉しいわ。
嬉しい!(((o(*゜▽゜*)o)))
もっと苦戦すると思ってたけど、こんなに早く採れるなんて…。

これがそのヤンバルアワブキ。

b0178466_2049511.jpg

周囲の木に比べこのヤンバルアワブキだけ背が高くなっているようです。
そういう木に集まるのかな?

またしばらく歩くと、さっきムネモンウスアオを採った木と似たような状態の木を発見。

b0178466_20505626.jpg

すげえ分かりにくいけど一応奥にヤンバルアワブキがあります。

手前の木に邪魔されながら樹冠部を中心に掬える場所を掬っていくと、またカミキリが入ったようです。
網の中をのぞくと…

b0178466_20501674.jpg

おいまじかよ。
2頭目採れちまったぞ。
いいのかこんな簡単に採れてw

まあ曇りだから活動が活発になってるっていうのはたぶんあるんだろうけど、こう続けて採れるとは…。
なんとか1頭くらいは採りたいなって感じだったし笑

このまま3頭目採れちゃったりする!?(゜▽゜)

なんて甘いことはなく、ここから先は掬っても掬っても入らず。
イワサキキンスジはいるんだけどね。

なんとなくイワサキキンスジとムネモンウスアオは好む木の状態が違っているように感じました。
あ、この木はイワサキキンスジしかいないなって感じる木はイワサキキンスジが数匹いたし。

もうこの時点でイツホシシロとイワサキキンスジで生かしておく用のケースが埋まりかけてたのでイワサキキンスジはリリースです。

結局ムネモンウスアオの追加は無いまま山頂付近へ。
まあこれが普通だろ。

山頂付近にもヤンバルアワブキが数本まとまって生えていたので見ていくと、交尾中のカミキリがいました。

なんかイワサキキンスジにしてはデカいような…。
でもこんな場所だし、まさかムネモンウスアオなんてこと…

あった。

b0178466_20514125.jpg
b0178466_205233.jpg

うきゃー、ペ ア だー!(((o(*゜▽゜*)o)))
メスでか!

これで4頭になってしまいました。
メスも採れたしもう十分ですお腹いっぱいです笑

めちゃくちゃいい気分で山頂到着!w

b0178466_20523786.jpg

行きでムネモンウスアオが採れたので、山頂でもたっぷり時間を使うことが出来ます。
やっぱ登ってきたからには狙わないと、オモトウスアヤ。

特保の範囲で採集してしまわないように場所を選んで枯れたリュウキュウチクを調べていきます。

最初は枯れて地面に横たわっているものを調べていたのですが、全く食痕すら見つけられません。
よく竹藪を見てみると、立ったまま枯れているタケがいくらかあることに気付きました。
そのうちの一つを折ってみると…

b0178466_2053287.jpg

お、食痕。

これがオモトウスアヤのものなのか、それともサビアヤか…。

慎重に割り進めていきますが、幼虫を傷つけてしまいました(つД`)

b0178466_20532188.jpg

ああ、せっかくの幼虫が…。

けどまだ時間あるし、良さそうな材もたくさんある!

写真が無くて申し訳ないのですが、その後幼虫を4頭確保することが出来ました。
3頭は2cm弱と大き目で、残り1頭は1cmくらい。
大き目の幼虫はサビアヤかな?
小さいのが気になる。
餌用のリュウキュウチクも確保し、帰宅後無事に4頭とも移し替える事に成功。

幼虫採れたし、そろそろ下り始めます。
今思えばもう少し山頂にいてビーティングもすれば良かったかも笑
オモトウスアヤの成虫出るの5月ごろって勘違いしてたけどもうこの時期から出てるんだね…。

行きで4頭も採れていい加減になっていたのか、下りではムネモンウスアオは採れませんでした。

車に着いたところで昼ごはんに食べてなかったじゅーしーかまぼこを。

b0178466_20534490.jpg

相変わらずうまい(^q^)

まだ時間があるので嵩田林道でトラニウス狙いの材採&スイーピング。
でもこっちもスイーピングはいい加減。
何より疲れた笑

材はアカメガシワとカラスザンショウが確保できました。

夕飯はゆらてぃくのグルクンから揚げ定食+らふてぃー!

b0178466_2054591.jpg

さすがに1人じゃ石垣牛には手出せなかったw
グルクンうまかったよ!(^^)

食事のあとはやっぱり灯下巡り。
自販機には何も来てなかったけど、道路を歩いていたサキシマヒラタ♂が2頭採れました。

b0178466_2054265.jpg
サキシマヒラタクワガタ Dorcus (Serrognathus) titanus sakishimanus Nomura, 1964

あとゴキブリが湧いてた。
この日だけなんで?

それと於茂登付近で轢かれたセマルハコガメを見つけました。
まだ轢かれて1時間も経ってないような新鮮なの。
できれば生きてるやつに会いたかった…(T_T)

採集結果はあとでまとめて書きます。
[PR]

by taiyaki-i | 2013-04-01 20:55 | 採集記