3/2 奈良県 3度目の奈良   

2013年 03月 04日
久々に採集記書きます。どうやって書いてたかあんま覚えてないww←

虫採りに行くのは約2か月ぶり。
東京の家から簡単に行けるマイマイはもうだいぶ採っちゃったし、材採ばっか行って家が材だらけになるとかやだし、色々遊んでたら虫採り行くひまも金もなかったww
今年の春休みは最終週に賭けます。石垣行きます。

とりあえず今回はカミキリ狙いで、一応成虫も狙えるようなのって考えた結果、奈良に決定。
これまでに2回行っていますが、あまり成果は芳しくありません。
とりあえずクラルアやベーツヤサの成虫が割り出せればいいなー(゜▽゜)
材は採っては来るけど、石垣に備えてそんなに多くは採ってこない予定です。

朝6時発で、現地に着いたのが8時過ぎ。
最初はクラルア。
クラルアと言うのはクビアカモモブトホソカミキリのことで、西日本に局地的に分布しています。
一番の特徴は単為生殖をするということ。どっかじゃオスもいるって聞いたことあるけど。

b0178466_1382130.jpg

以前来たときに見つけたソヨゴが多く生えている場所です。

これがソヨゴの葉。

b0178466_138418.jpg

早速ソヨゴの枯れ枝を割って行きます。

食痕は高確率で見られます。

b0178466_1385517.jpg

しかし、一個体あたりの食べる量が多いのか、途中で死ぬ個体が多いのか、割り進めて行っても虫がいないことも。
また、古すぎると大抵はアリの巣になっています。
そんな材にも幼虫いたりするから不思議なんだけど笑
こいつら共存できるんかな?

何本か割ると、幼虫が出てきました。

b0178466_1391156.jpg

この材部への侵入孔に頭を突っ込んでいました。

b0178466_1392383.jpg

そろそろ蛹化するんかな?

その後幼虫は1頭追加できましたが、肝心の成虫が出てきません。
ソヨゴはあんま材持って帰りたくないんだけどな…。
アリが入ってる材が混ざると予想以上にアリが出てきてやだし(´・_・)

太目の材を割っていると、材部に空洞が見えました。
お、これは…

b0178466_1393726.jpg

いたっ!!(゜▽゜)

やっと出てきてくれました、クラルアの成虫。

b0178466_1395076.jpg
クビアカモモブトホソカミキリ Kurarua rhopalophoroides Hayashi, 1951

カラーリングは何となくホタルカミキリに似ていますが、体のフォルムなどは全く違います。
いやー、おひさ!(´▽`)ノ

その後立て続けにもう一頭。
ちょっと腹がつぶれたっぽいけど、外見的には問題なし!
むしろ材から出そうとして材割った勢いでどっか飛んでったときが焦ったw
探したけど見つかんなくて諦めてたら親父が見つけてくれました(^^)

結局ここでは成虫2、幼虫4を採集、材も幼虫飼育用のだけ確保。
最後に成虫を一頭今度は完璧に潰しちゃったのが痛い(>_<)

目標の一つであるクラルアが採れたので、今度はベーツヤサを狙うことに。
カゴノキがあるといいんだけど…

事前に調べた場所へ移動すると、カゴノキは無いようですが代わりにヤブニッケイか何か、ニッケイの仲間の木が多くあります。
ベーツヤサのホストはカゴノキ・クスノキだから、ニッケイにも入るはず…!

これがヤブニッケイ?の葉です。

b0178466_1310558.jpg

ニッケイの仲間は葉の付け根で3つに分かれている太い葉脈が葉の先端方向へ向かっているのが特徴かな?

まだ木についたままの枯れ枝があったので手に取ってみると、窪みを作って越冬しているカミキリが。

b0178466_13102468.jpg
タテスジゴマフカミキリ Mesosa (Aphelocnemia) senilis Bates,1884

これまでも越冬用の窪みは見つけたことあったけど、実際に越冬しているのを見つけるのは初めてかな?
あれ、前も見つけてたっけ?笑

落ちていない枯れ枝を中心に見ていくと、ちゃんと食痕の走っている材がありました。

b0178466_13104741.jpg

何が出てくるかな?ゾウムシじゃないといいけど…

食痕のある材を適当な長さに折っていると、断面に木屑の詰まっていない孔が。
のぞいてみると、中にカミキリ成虫がいるようです。

どこかへ飛ばさないよう、慎重に外に出してみると…

b0178466_1311886.jpg
ズマルトラカミキリ Xylotrechus (Xylotrechus) lautus lautus (Matsushita, 1933)

やった、ズマルトラだ!
これも初めて奈良に来たときからずっと狙っていたけど採れずにいたカミキリ。
なんか今回調子いいぞ!(*^^*)

ここではこのヤブニッケイとシイの仲間の材を確保。
色々出てきてくれよ!

父が崖を崩して(たぶん)イワワキ原名亜種を採っていたので、ここで俺も少し崖を調べることに。

崖のコケをはがしたら、いきなり出てきた!

b0178466_13112674.jpg
イワワキオサムシ Carabus iwawakianus iwawakianus (Nakane, 1953)

はやww

その後さらに3頭追加し、計4頭採集。
帰宅後交尾片を確認したところイワワキに間違いありませんでした。
まああの場所なら原名亜種かな。初採集でございます。

現在1時半、あと1時間半ほどしか時間はありませんが、まだカゴノキを見つけられていないので頑張って探します。
少し車で移動。

事前にチェックしておいた場所ラストの3カ所目。
時間的にもここが最後かな。

車を降りてしばらく歩くと、林の奥の方に探していた木が。

b0178466_13114984.jpg

やっとあったよカゴノキ。
ちょっと細いけど、落ち枝はあったからいいや笑

食痕のある材を確保して歩いて行くと、もう少し大き目のカゴノキ発見。
けど急斜面に生えてて根元までたどり着けない(´Д`)
ジャンプしたり長い落ち枝を使ったりしてなんとか太目の材を採ることが出来ました。

ちょうどこのあたりでタイムアップ。
車へ戻る道でカラスザンショウの枯れ枝を採っておしまい。


久々の虫採りで虫運が溜まっていたのか、今回の材採はこれまでの2回の材採よりもいい成果になりました。
これで採ってきた材からベーツヤサやらキイロメダカとかが出てきてくれれば…。
しかしこれじゃあまた家が材だらけになっちゃうな(-_-;)


採集結果

クビアカモモブトホソカミキリ、ズマルトラカミキリ、タテスジゴマフカミキリ、イワワキオサムシ
[PR]

by taiyaki-i | 2013-03-04 13:17 | 採集記