10/9 静岡県某所 日帰り富士山コブ叩き   

2011年 10月 10日
今回は、富士山の静岡県側でコブ叩きです。
ターゲットはイワワキセダカとフジコブ。
中でもイワワキセダカはこの前の奥多摩で採った♀1しか持っておらず、何とか♂が欲しいところ。
参加者は俺と荒川沖さん。
ホントはもっとたくさんで行けたら(一人あたりのレンタカー代が減るし)楽しくて良かったのですが・・・。
コブ叩き楽しいのになあ。

朝は5時半に農工大で合流し、目的地へ。
高速を降りた後は、俺が運転。
初めての一般道です。

沢山の車に抜かされながら、何とか目的地に到着。
俺も早くスイスイ~ッと運転できるようになりたいよ・・・w

富士山が綺麗に見えました。
b0178466_13471351.jpg

見えない天気の方がコブには良いんだろうけどさ・・・。

時刻は8時半。
支度をして、早速採集開始です。

林内はササが多くあるのですが、シカの影響かどれも枯れており、このままではちょっとヤバい状況。
ササが無くなったら、どうなるんだろう・・・?

枯れたササに引っ掛かった枯葉をしばらくルッキングしていると、本日最初のコブを発見。

b0178466_13475972.jpg
フジコブヤハズカミキリ Mesechthistatus fujisanus HAYASHI, 1957

ま、そう簡単にセダカは見つからないか・・・。
でもフジコブもここのは未採集なので嬉しい1頭。

この写真、偶然フラッシュ焚いて撮ったやつなんだけど、やっぱ林内で生態写真撮るときはフラッシュ焚いた方が良いのか?
焚かずに撮ったやつより綺麗だし・・・。

枯葉にしては妙なものがササに引っ掛かってるな、と思ったらヒメヤママユでした。

b0178466_13551444.jpg
ヒメヤママユ Saturnia jonasii jonasii (Butler, 1877)

嬉しい完品です。
昼間はこういうとこで休んでるのか・・・。

しばらく歩くと、今まで広葉樹林だったのがモミ林に。
モミ林じゃ広葉樹食いのセダカはいないか・・・?
そう思いながらも枯葉を叩いていると、2頭目のコブが。

b0178466_1355505.jpg
フジコブヤハズカミキリ Mesechthistatus fujisanus HAYASHI, 1957

やっぱりフジコブでした。
ここのフジコブ採って思ったんだけど、今年行った他の場所のフジコブに比べてデカい!!

シロオビドイでも落ちないかとモミの落ち枝も叩いてみたのですが、かすりもせずorz
ていうか、何でか葉っぱの枯れたモミの落ち枝が無かった・・・。

さらに歩くとモミ林を抜け、再び広葉樹林に。

b0178466_13562528.jpg

ブナ主体で、ミズナラやカエデ系の木も多くあります。
ただし、ササは無し。
ところどころに枯れたササがあるので、昔はササに覆われていたのでしょうか。
そのころは今よりもっとたくさんのコブがいたんだろうなあ・・・。

ブナもあるし、ササが無くてもここならきっとセダカがいる!
そう思いカエデやミズナラの落ち枝を叩いて行きますが、コブは落ちてきません。

荒川沖さんは見事フジコブを初採集されたようです。
おめでとうございます!!

そんな中でふと目に留まったのがまだ少し葉の青いカエデの落ち枝。

b0178466_135768.jpg

勝手に思っているコブに理想的な黒くじめっとした枯葉とは、似ても似つかぬこの枯葉。
どうせいないだろう、と思いつつも実はいたりして・・・なんて思い叩いてみると、叩き網の上にはコブの姿が。

あれ・・・?
触角が長い・・・。
ってことは・・・

b0178466_13573453.jpg
イワワキセダカコブヤハズカミキリ Parechthistatus gibber shibatai MIYAKE, 1980

セダカ♂きたああーーーっっ!!\( ゜ ∀ ゜ )/
いよっしゃああああーーーっっ!!


♂は触角長いし、♀より背高だし、カッコ良いのなんのww
見よ、この背高っぷりを!

b0178466_13583626.jpg

もうセダカ最強w

いや~、良かった良かった・・・。
無事にセダカの♂が採れたぜ・・・。
このままメスも採れねえかなww

またしばらく叩き続け、今度落ちてきたのはフジコブ。

b0178466_13593311.jpg

近づきすぎてボケてたので展足してから撮り直したのがこっち。

b0178466_13595777.jpg

白紋の周りの顆粒が少し大き目で白紋が黒く縁どられているような、少し変異のある個体でした。
若干スレも入ってる?

少し歩くと、再びヒメヤママユに遭遇。
今度は♀のようです。

b0178466_1403257.jpg

ヤママユとかクスサンみたいな巨大な蛾って特に嫌われ者だけど、良く見るとこんなもふもふなんだぜ?w

その後はしばらくの間落ちなかったのですが、歩き続けるとヤマブドウが出現。
ここもササが無いためほとんどの枯葉は地面に落ちてしまっていますが、わずかながらヤマブドウの蔓や他の木の枝なんかに引っ掛かっています。

b0178466_141108.jpg

ある枯葉はルッキング、別の枯葉はビーティングと気分次第で探索法を変えながら調べていきます。
ヤマブドウの蔓に引っ掛かった枯葉を見てみますが、いません。
反対側も見ようと思ったけど、なんかめんどかったから叩いたら落ちてきた( ´ ・ ω ・ ` )
ちゃんと見りゃ生態写真撮れたのに・・・。

で、♀っぽいがどっちだ?

b0178466_141406.jpg

また近づきすぎでぼけてるので帰宅後撮影。

b0178466_142819.jpg

背中は盛り上がってるけど、若干白紋みたいなのがあるような・・・。
ハイブリか?


eichanさんによると、イワワキセダカ♀の個体変異の範囲内であるとのこと。
eichanさん、ありがとうございました。


暫定イワワキセダカ×フジコブのハイブリということにして再び叩いて行くと、今度はミズナラだったかな?の枯葉からコブが。

b0178466_1423487.jpg
イワワキセダカコブヤハズカミキリ Mesechthistatus fujisanus HAYASHI, 1957

よっしゃあっ!!!!
セダカ2頭目ッ!


今度も♂です。
2頭もセダカ採れて、幸せww

林を出て車に戻った時には昼過ぎでした。
ここでは俺がセダカ♂2フジコブ♂1♀3暫定ハイブリ♀1イワワキセダカ♂2♀1、フジコブ♂1♀3、荒川沖さんがフジコブ1exでした。
俺はセダカ♂採れたし、荒川沖さんも念願のフジコブ初採集で、十分な成果です。

まだ時間があるので、少し移動。
ここも俺が運転したけど、下りって怖いねww

到着して叩き始めてしばらくすると、荒川沖さんから歓声が。
またフジコブが採れたようです。
そしてすぐに2頭目が!∑( ゜ Д ゜ )

荒川沖さんが2頭立て続けにフジコブを落とした直後、俺の叩き網にもフジコブが。

b0178466_1433174.jpg
フジコブヤハズカミキリ Mesechthistatus fujisanus HAYASHI, 1957

ここは・・・濃いぞ!!
そう思い叩いて行きますが、この付近で追加が得られることはありませんでした。

しばらく歩き、枯れてはいるもののササが多く残っている場所があったため、入念に調べるとフジコブが落下。
2頭目はルッキングで発見。

b0178466_1435931.jpg
フジコブヤハズカミキリ Mesechthistatus fujisanus HAYASHI, 1957

どうやら個体数の多い場所が点で存在しているようです。

フジコブを1頭追加して歩いて行くと、分岐らしいところに出ました。
分岐らしい、というのは一方はしっかりした道で、もう一方は獣道みたいな微妙な感じという意味。
しっかりした方の先に見えるのはモミ林、獣道の先に見えるのは広葉樹林。
セダカの♀を採りたかったので、獣道の方へ行くことに。

歩き始めてしばらくして、道?の脇にミズナラの落ち枝があったので叩くと、コブが。

b0178466_144427.jpg
イワワキセダカコブヤハズカミキリ Mesechthistatus fujisanus HAYASHI, 1957

やった、♀だ!!!
これでセダカをペアで採ることが出来ました。
しかし、一度の採集で3頭もセダカに会えるとは・・・。
今までずっと1頭ずつだったので嬉しいです( ^ ∀ ^ )

その後しばらくすると、荒川沖さんから「きたあーーーっっ!!」という声。
荒川沖さんもセダカをゲットされたようです。
おめでとうございます!

荒川沖さん曰く、「セダカ採れなかったら日が暮れるまで粘るつもりだった」とのことww

結局ここでは俺がセダカ♀1フジコブ♂4♀1、荒川沖さんがセダカ1exフジコブ2exという成果で終了。
あー楽しかったww

帰りは高速入口付近で大渋滞。
高速も20kmほど渋滞しているようだったので、一般道で帰ることに。
途中運転させてもらい、渋滞と(そんなにきつくないけど)夜の山道を経験することができました。


今回も無事に目標とした種が採れて良かったです。
荒川沖さんもフジ・セダカ両方採れたし、万々歳だね( ^ ∀ ^ )
ていうか東京に来てから圧倒的なスピードでフジコブの数が増えていくww
東京来る前は2頭しか持ってなかったのが、こっちでもう10頭以上採れてるよ・・・。
代わりにマヤサン採りに行けなくなっちゃったけどねw


採集結果

イワワキセダカコブヤハズカミキリ、フジコブヤハズカミキリ、ミヤマメダカゴミムシ?、ヒメヤママユ
[PR]

by taiyaki-i | 2011-10-10 14:47 | 採集記