8/22,23,24,25 北海道 虫採りはあくまで+α 後半   

2011年 08月 29日
24日

4時に起床。
家族旅行のためトラップ回収や灯火の居残り、ビーティングを朝食前にやらなければならないのです。

夜に雨が降っていたので、灯火には昨夜と同じやつらばかり。
ミヤマクワガタのエゾ型っぽいのがいたので、せっかく蝦夷に来たんだしと言うことで確保。
ちなみに今日は晴れ時々曇りって感じ。
日差しが出てよかった・・・。

トラップの回収に向かうと、ゴミムシばかり。
何故かオサムシが全く入っていません。

45個仕掛けて採れたオサはイシカリクロナガ1頭。

何故にWhy?

天気のせいか、季節のせいか・・・。
たぶん、どっちもなんだろうなorz

でもまあとりあえず特産種採れたからいいや( ´ ∀ ` )

オサ以外で目ぼしいものはただのヒラタシデムシくらい。
タダヒラタってのは北海道特産種なんだよな~。

ビーティングではクロヒラタシデムシやニセビロウド、シナノクロフが落ちたくらい。

b0178466_19144615.jpg
シナノクロフカミキリ Asaperda agapanthina BATES, 1873

こっちも不調だ・・・。

う~ん、アカガネなら採れると思ってたんだけどなあ・・・。

一応側溝も見てみると、側溝はほぼ土砂で埋まっていたものの、側溝の終点には水を貯めておく?穴が。

b0178466_1915941.jpg

ここは結構期待できるかも・・・。

中をのぞくと、暗い底にはオサムシの姿が。

b0178466_19153418.jpg
イシカリクロナガオサムシ Leptocarabus arboreus ishikarinus Ishikawa, 1992

よっしゃあーーっ!!
・・・で良いんだよなあ。
あんま見た目も本土のクロナガと変わらん・・・。
前胸背板が平らっぽいのが特徴か?

ホテルに戻り朝食を食べた後は、すぐに出発。
今日行く場所は旭山動物園です。

旭山動物園までは2時間ちょい。
地図上だと近く感じるけど、やっぱ遠い・・・。
同じ縮尺で東海地方見てみたら普通に中央道小牧JCTから伊那ICあたりまであった∑( ゜ Д ゜ )

旭山動物園に着いたのが11時前。
さーてシロクマのダイブや筒ん中泳ぐアザラシでも見るか・・・

ってなるワケないww

だって俺だからw

トラップやビーティングがあの貧果だったらね、動物園行ってる場合じゃないってなるワケよ。
ちょうど動物園の裏には旭山っていう山があるし、虫採りした方が成果は出るはず!
それに俺こんな感じで他の家族が遊んでるときに一人で虫採りしてると結構良いもん採れるんだよなww

てなわけで、俺一人裏山で虫採り。
目標はオサムシ(側溝採集)、カミキリ、そしてコヒオドシ。
実は、高速のSAでコヒオドシが飛んでいるのを見かけたのです。
急いで網を取りに行きましたが、戻ってきたときにはすでにおらず・・・orz
まだ飛んでいることは分かったし、もしかしたら採れるんじゃないかな~なんて。

あ、こっからの旭山の採集は写真無いんで、すいませんm(_ _)m

旭山動物園側から行ってみると、子供用のスキー場なのか、草原になっていました。
本州のスキー場だと側溝があることが多いけど、こっちはあんまないみたい( ´ ・ ω ・ ` )

ならビーティングはどうかと言うと、林内を通る道はすぐに山の反対側へ降りてく道になって、ヒグマ怖いからビビッて行けなくて・・・。

で、結局草原でコヒオドシを狙うことに。
しかしいないorz

いるのはミドリヒョウモンやモンシロチョウのみ。
オオモンシロチョウの可能性もあるので1頭採りましたがただのモンシロでした。

草原を歩いていると、目の前を大型の茶色っぽい蝶がヒラヒラ飛んでいくのが目に入りました。
あれは・・・オオヒカゲか?

まだ1頭しか採っていない蝶なので採ろうと追いかけます。
草原の端、林縁まで追いかけたところでネットイン。

ふと林を見ると、手前にある低木の背後にはミズナラが多くありました。
ヤマナラシらしきものも発見。

もしかしたら・・・と思っていると低木の周りをチラチラ飛ぶシジミチョウが。
とまったところを採ると、やはりゼフ。
メスでした。まあ時期的にもメスしか残ってないだろうな~。

その後も林縁で粘り、ゼフを7,8頭採集。
カトカラもベニ系を何度か見かけたのですが、採れませんでした。

結局最初はコヒオドシ狙ってたのが、いつのまにかゼフ採集になってしまった・・・。

そしてこの後、これまでの貧果を吹っ飛ばすような大どんでん返しが。

家族が動物園を見終わり、合流するということで、移動しかけたその時。
行きには見つけられなかった側溝を発見。
落ち葉などが少し残っており、なんだかいい感じ。

まず見つけたのはヒラタシデムシ。
その少し先に、小さな黒いゴミムシのような・・・
いや、違う!!

これは・・・

b0178466_19155848.jpg
サッポロセダカオサムシ Cychrus morawitzi sapporensis Nakane, 1989(死骸)

セッ、セセセセセ、セダカオサだあーーっっ!!

いやもう死骸で良いw
見れただけで十分ww

いや~、カッコ良いな~。
オサムシの中でも独特な体形、細長いあご・・・。
この写真じゃ分からないけど、ちゃーんと背高になってました。

家族と合流したあとは旭山から札幌を超え、室蘭の方へ。

今日は登別に宿泊。

昨日に引き続き温泉街です。
昨日も温泉街でした。

まだトラップが余っているので今日も仕掛けることに。
とりあえず道沿いに残り25個をセット。
まあ、クロナガくらいなら・・・。

別の場所で良さげな側溝も見つけましたが虫はおらずorz

今日も夕食は懐石料理。
あー幸せww


25日

今日は5時起床。
今日は雨。
そしてトラップ回収。
案の定オサムシの姿は無しorz

雨が降っていなければ乗馬をする予定でしたが、おもっきし雨が降ってるのでクマ牧場というところへ行くことに。

b0178466_1916372.jpg
クマ!!

b0178466_1917581.jpg
クマ!!

b0178466_19172712.jpg
ヒグマです。

エサをあげることができたので、エサを使って色々撮ることが出来ました。

b0178466_19183464.jpg
おい、エサくれよ。
b0178466_1919353.jpg
二足歩行。
b0178466_19192632.jpg
お手。

これは行って良かった!!
某外国人集団がうっさかったけどww

その後昼食をとり、空港のある千歳方面へ。

北大の研究林へ寄りました。
虫採り禁止だった・・・orz
まあ研究林だし、当然といえば当然か・・・。

まだ時間はあります。
しかし、ある虫を採るために移動する時間は無い・・・。
どうせ行ったところで雨降ってるから採れないだろうし・・・。
とりあえず途中で見つけた食草だけでも撮っておくことに。

しばらく走ってまとまって生えている場所に到着。

さて、写真を・・・と思ったその時!!
背後から父親の声が・・・

父「飛んでる!あれそうじゃないか!?」

振り返るとそこには大き目のシジミチョウが藪の上を飛び回っていました。
採ったことはなかったけど、すぐにあいつだと分かり、心臓バックバクw

雨の中、狙いを定めてネットイン。

網の中にいたのは、ゴマシジミ。

数年前岐阜の過去の産地を訪れたのが始まり。
その時はまだ子供でただ暑くてつらいという思い出しかなかったのですが、その後他の元産地に行ったり、ネットで画像を見たりしてたら一度採ってみたいなあ~とか思うようになったワケで・・・。

それで去年山梨に採りに行ったけど見事にフラれて・・・。

でもってその後色々調べてみたら北海道では比較的個体数は多いということが判明。
少し時期は遅いかもしれないけれど、今回の旅行で採れるんじゃないかと密かに期待していたのです。

だから今回採れてすっげえ嬉しい!!
これだけで北海道来て良かったと思えるもんですww

無事三角紙に入れた後、他にいないか探してみると、なんと写真を撮ろうとしていた食草ワレモコウの生えている斜面に多くの個体が舞っている目に入りました。

え、いや、なんか大量にいるんですけどww
草原のヒメシジミとまではいかないけど、それでもヤマトシジミとかの密度に比べたら圧倒的に多いです。

ただ届かない・・・。
なんで下の方に降りてくるのを狙います。
雨の中でw

探してるときは母親に傘をさしてもらって、見つけたら走ってすぐに採って車の荷台の雨が当たらないところで三角紙に収納・・・を繰り返して計8頭採集。
最終的にはつなぎ竿出してたけどww

あー、写真が無いのが悔しい・・・。
だって雨だったしさ、採るのに夢中だったし・・・。

でもワレモコウの写真はちゃんと撮りました。
まあこっちが本来の目的だったわけだし・・・。

b0178466_19213312.jpg

北海道のワレモコウはただのワレモコウではなく、ナガボノシロワレモコウという種類です。
名前の通り、白く長い花穂が特徴。
大きさもただのワレモコウより一回りくらい大きいです。
おかげで車で走っててもこいつだけつくんと飛び出てるからすぐわかるww

b0178466_19231379.jpg

なんか株の数も本州に比べて多いような・・・。

生えてる場所もとても多かったです。
事前に調べてこの周辺はどこでもゴマの個体数が多いらしいってことが分かってたけど、これだけワレモコウが多ければそれも頷けるな・・・。
実際本来予定してなかった場所でこうしてゴマに巡り合えたわけだし?
まあワレモコウだけあってもゴマは生きてけないんだけどさ・・・。

ゴマを採集したあとは空港へ。
よく見たら空港の敷地内にもワレモコウがありました。

空港でお土産買ったりして飛行機へ。

石垣に行ったときと同じ型のやつらしい。

さらば北海道!!

そして、名古屋に帰ってトラップに落ちた虫の整理をしていた時のこと。
大量のゴミムシの中に見慣れない形の虫が・・・

b0178466_19242685.jpg

セダカ2頭目!!???

マジっすか!?
え、なに、実はセダカって結構普通種とかそんなん?
まいいや、とりあえず入っててくれたんだし。
てかこいつ、現地でゴミムシいらないから捨てるとかしてたら絶対見逃してたな・・・。
全部持って帰ってきて良かった・・・。


今回は家族旅行ということで採集には十分な時間が割けず、また、天候にも恵まれなかったのですが、アカガネやセダカオサ、ゴマシジミなど北海道らしい虫に出会えて良かったです。
今度は虫採り目的で来る!!
時期は・・・7月上、中旬くらいが良いのかな?


採集結果

アカガネカミキリ、シナノクロフカミキリ、ナガゴマフカミキリ、オオクロカミキリ、セダカオサムシ、イシカリクロナガオサムシ、ゴミムシたくさん、ヒラタシデムシ、クロヒラタシデムシ、ミヤマクワガタ、コガネsp、ハムシsp、ゴマシジミ、ゼフsp、オオヒカゲ、エルタテハ、シータテハ、モンシロチョウ、他にもあるかも
[PR]

by taiyaki-i | 2011-08-29 19:25 | 採集記