8/10 群馬県某所 昆研合宿2日目(最終日)   

2011年 08月 11日
昆研合宿もいよいよ(?)最終日。
1泊2日で合宿って呼べるのかっていうのはスルーでw
まあ諸事情により、ね。

起きたのは4時半ごろ。
寝たのが11時過ぎだから、しっかり5時間睡眠。
やっぱ疲れてると違うもんだww

今日はネキ採集組と麓で花掬いや土場めぐり組に分かれて行動します。
ネキ採集組は俺と荒川沖さん。
荒川沖さんは昨日ネキが採れず、せっかく来たんだから採りたい!とのこと。
後のメンバーが麓組です。

朝食を食べ、ちょうどリフトが動き出す時に到着。

b0178466_17271699.jpg
今日もリフトでゆったりゆらゆら。

ちなみに昨日の時点で携帯のバッテリーがヤバいことになったため、今日の写真は全てデジカメです。
デジカメっていちいちケースから出して起動させんのめんどいけど、やっぱ画質は携帯の比じゃないね。
次からはデジカメで撮るようにしますw

昨日と同じようにブナやダケカンバの立ち枯れをチェックしていきます。
今日の俺の目標はネキの追加、そしてソリダのデカいメスを採ること。
30mmオーバーとか採れりゃ超嬉しいけど・・・。

探し始めて数分、細めのダケカンバの立ち枯れの上の方にネキの姿が。
ソリダのメスのようです。結構大きい!
今日も早々に目標達成か?

そんなこと考えてて気が緩んだのか、ネキは網の外に落下し、どこかへ飛び去ってしまいましたorz
・・・俺の馬鹿野郎w

でもまあまだ時間はたっぷりあるし、きっと採れるさ!

まずは昨日よく採れた三角形の場所へ行くことに。

行ってみると、やっぱりいました!

b0178466_17291898.jpg
クロホソコバネカミキリ Necydalis (Necydalisca) harmandi PIC, 1901

う~ん、カッコ良い!
そして画質が素晴らしい!w

すぐに2頭目。
b0178466_17293480.jpg


メスも発見。
b0178466_17295296.jpg


4頭目はソリダでした。

b0178466_17301199.jpg
オオホソコバネカミキリ Necydalis (Necydalisca) solida BATES, 1884

コイツが黒化型か?

この三角形の場所だけで、立て続けに5,6頭ほど採集できました。
やべえな、魔のトライアングルだww

他の立ち枯れではソリダのメスを発見。
b0178466_17302882.jpg

メスは初採集です。
よっしゃ!!

そして、とある立ち枯れをチェックしていると、自分の目線少し上の高さにソリダのメスが。
結構デカい!

ちょうど近くにいるし、産卵に夢中になっているようなので先に生態写真に挑戦することに。
フラッシュ焚いてしまいましたが、何とか撮影できました。
b0178466_1746268.jpg
オオホソコバネカミキリ Necydalis (Necydalisca) solida BATES, 1884

手で楽に捕まえることが出来ました。
b0178466_17464141.jpg

いよっしゃああーーーっっ!!!!

大きさは20mmオーバー。
憧れの30mmオーバーに比べれば小さいですが、それでもガッシリしていて迫力満点。
嬉しい1頭です。

その後また別の立ち枯れでアルマンのオスを発見。
無事に採集し、裏に回るとまたアルマンのオス。
採る前に周りにいないか目を凝らすと、すぐ目の前で発見。
こりゃ生態写真のチャンスだ!!

b0178466_17462596.jpg
クロホソコバネカミキリ Necydalis (Necydalisca) harmandi PIC, 1901

今はこれぐらいが精一杯なのです( ´ ・ ω ・ ` )

2頭ともゲットし、上を見るとまたアルマンのオス。
おい、この立ち枯れどうなってんだ??

結局ほぼ一瞬のうちに4頭発見、そしてその後もしばらくの間飛来し続けました。
アルマン中心だったけど、たまーにソリダもいたような・・・。

昨日に引き続き、ツヤハダも2頭採集することが出来ました。

b0178466_1747019.jpg
ツヤハダクワガタ Ceruchus ligunarius ligunarius

そして、さっきのデカ目のやつを上回るサイズのソリダが!
b0178466_17472549.jpg

帰宅後測ったら25mmでした。

その後もネキやヤマトヨツスジハナを追加しながら歩いていると、昨日のように孔から顔を出しているカミキリが。
b0178466_17474030.jpg

羽脱孔ではないようです。

昨日は手で採ろうとしたから駄目だったワケで、今回は最初からピンセットで行きます。

慎重に近づけ、前胸をしっかりつかみ、引きずり出す!

よっしゃ!!・・・って、あれ!?胴体が無い!??

というわけではありませんでした。
このカミキリの正体は・・・

b0178466_17475623.jpg
コバネカミキリ Psephactus remiger remiger HAROLD, 1879

昨日のもコバネだったとは考えたくない・・・( ´ Д ` )

その後もネキを探して藪漕ぎをしていると、木々の間を縫うように飛ぶ黒い虫が。
最初スルーしましたが、あるカミキリが思い浮かんだため、追いかけてネットイン。

b0178466_17481159.jpg
ヌバタマハナカミキリ Judolodia bangi (PIC, 1902)

やっぱり!!
艶消しブラックカッコ良し。

正午を過ぎたころから、なんだかネキの活性が低下。
今まで多くの個体が見られた立ち枯れでも見られなくなってしまいました。

代わりにヤマトヨツスジハナの活性が高くなり、多くの個体を得ることが出来ました。
原因は気温か、日当たりか、はたまた別の問題か・・・。
活性が高い状態でも、ネキの飛来には波があるようでした。

時間も3時近くなり、そろそろ帰ろうという時に現れたポエキラ。

b0178466_17482676.jpg
マダラゴマフカミキリ Mesosa (Perimesosa) poecila BATES, 1884

昨日のがオスで、コイツはメスのようです。
ペアで採れて良かった~( ゜ ∀ ゜ )

帰り道では再びネキの活性が高まったのか、ソリダ、アルマンともに何頭か追加することができました。

3時半ごろリフトに乗り、下山。
う~ん、最高に楽しい2日間だった・・・。
荒川沖さんもソリダのペアとアルマンのメスを採集されていました。
さらにはヒメアカハナやオオハナまで。
オオハナ良いなあ~。


今回は部員の予定がうまく合わず、変則的な合宿で、期間も短いようでしたが、充実した採集でした。
個人的にはこれでネキを見つける目は多少養えたかな、と思います。
目標としていた2種をどちらも採集でき、ソリダの大き目のメスも採れ、言うことなしですw
ネキだけでなく、クロオオハナやヤマトヨツスジハナ、ポエキラ、そしてツヤハダと言った副産物にも恵まれました。

さて、これで本州で狙えるネキはあとオダイとサハリンなワケだが・・・。
どっちもむずい( ´ ・ ω ・ ` )

場所が分かってるっていう点で考えればサハリンの方が採れる可能性が高いかな?
まあ時期がちょうど大学のテストとかぶってるから大学サボって行くことも出来ないワケで・・・。
3年や4年になって単位に余裕が出来たら行けるんだろうか?


採集結果

オオホソコバネカミキリ、クロホソコバネカミキリ、ヌバタマハナカミキリ、ヨツスジハナカミキリ、ヤマトヨツスジハナカミキリ、クロオオハナカミキリ、ムネアカヨコモンヒメハナカミキリ、マダラゴマフカミキリ、コバネカミキリ、クロカタビロオサムシ、ツヤハダクワガタ
[PR]

by taiyaki-i | 2011-08-11 17:49 | 採集記