8/8,9 群馬県某所 昆研合宿1日目+α   

2011年 08月 11日
いよいよ、待ちに待った昆研合宿がやってきました。
ターゲットはネキこと、ホソコバネカミキリの仲間。
群馬の有名採集地です。

参加者は俺、もう一人の一年生ルコット君、荒川沖さん、take3さん、ヤナさん、そして伊集院さん。
荒川沖さん、take3さん、ヤナさんは8日の朝から現地入り。
俺を含めたそれ以外のメンバーは8日の夜出発です。

前夜

前日6時ごろに農工大正門前で先輩の伊集院さんと待ち合わせ。
ちなみにこの日の午後は地シスのクラコンでした。水鉄砲とかスイカ割りとか、超楽しかったww
これが理由で出発を遅らせてもらったのです。

6時15分ごろ、伊集院さんが到着。
さて、ここで本来ならもルコット君も来ていて伊集院さんの運転で群馬へレッツゴー!となるはずですが・・・。

ルコット君が来ていない!!∑( ゜ Д ゜ )

メールしても返ってこず、電話しても留守電。
おいおい、連絡つかないんじゃどうしようもねえぞ・・・。

6時半ごろ、やっと電話が。

タイヤキ「いまどこにいる?」

ルコット「家」

はああああーーーっっ!!????

待て待て待て、今日合宿だぜ?
どういうこっちゃ!?

結局、途中の駅で合流することに。

8時半ごろ、ルコット君と合流。
まあ、参加できて良かったな。

高速では多少雨も降りましたが、23時ごろ現地に着いたときは快晴。
綺麗な星空でした。

先発組と合流した後、後発組は灯火周りへ出発。

良さげな場所は2か所あり、エゾカタビロオサムシやヒゲナガカミキリ、サビカミキリなどが飛来してきていました。

b0178466_1514687.jpg
エゾカタビロオサムシ Campalita chinense (Kirby, 1818)

エゾカタとの遭遇率高いな・・・。
関東は多いのか?
それとも名古屋でも似たような環境を探せば楽に採れるのか・・・。

日付が変わり午前1時ごろ、合流兼野宿ポイントまで戻ってきて就寝。
後発組の中では寝袋を持ってきていたのが俺だけだったので、俺は車の外で寝ることに。
満天の星空、時折ペルセウス座流星群の流れ星が見えました。

9日

3時半ごろ、起床。
実家にいたときの車中泊で使っていた空気で膨らむ枕を使ったことで眠ることはできましたが、2時間睡眠orz
う~、寒い・・・。

1時間ほどごろごろして、明るくなってきた頃に寝袋から脱出。

b0178466_15143319.jpg
う~ん、快晴!!
ネキ採集には最高の天気です。

当然他の人は爆睡中。
車の中は寒くなかったらしい。いいなー。

めちゃくちゃ暇だったので、付近を歩き回ってみることに。
道沿いにはイケマがありました。
b0178466_1515456.jpg

ホソツツリンゴがいないか後で掬ってみたのですが、入らずorz

6時前になって、他の人たちも起き出してきました。

6時半ごろ、朝食として昆研合宿の定番らしいパスタを食べました。
あ、俺は持ってきたおにぎりでしたがw

今回のポイントへは、リフトを使って登ります。
リフトが動き出すのが8時過ぎ。
それまで適当にうろうろ。

イケマでヒメヨツスジかヨツスジか分からんのが採れたから一応確保しといたけど、ヨツスジハナのようでした。
ヒメヨツ欲しいなあ。

しばらくしてリフトが動き出したので、券を買って乗車・・・乗車で良いよな?

b0178466_15152745.jpg
高原の風が気持ち良いです。
草刈ってなかったらもっと良いんだけどなあ・・・。
林縁にはショウマやリョウブがありました。
ショウマは終わりかけ、リョウブはドンピシャ。
リョウブには多くのカミキリがいるのが分かりました。
ああ、掬いたい・・・ww

しばらくスキーシーズンより速度の遅いリフトに揺られ、ポイント付近に到着。
このすぐ近くにブナの原生林があります。

途中シシウドの花が咲いていたので、チェックするとヨツスジハナやフタスジハナ、マルガタハナ、アカハナなど普通種がたくさん。
b0178466_15154832.jpg
ヨツスジハナカミキリ Leptura ochraceofasciata ochraceofasciata (MOTSCHULSKY,1861)

個人的にはヒメヨツやらヒメアカハナなんかがいると嬉しかったりするけど・・・。

ブナ林への道を歩いていると、路上を歩く茶色の物体。

b0178466_15161236.jpg
コブヤハズカミキリ Mesechthistatus binodosus binodosus (WATERHOUSE, 1881)

採れると思ってたぜw
そういや他のコブの分布域から離れたとこで採ったのはこれが初めてかも。

いよいよ林内へ突入。
b0178466_15163050.jpg

ブナとダケカンバが主体のようです。
ここではネキはソリダことオオホソコバネカミキリ、アルマンことクロホソコバネカミキリが採れます。

ダケカンバの立ち枯れ。
b0178466_15165011.jpg

こういうのにネキが・・・w

そして立ち枯れをチェックすること十数分、ついにその時が。

目を付けたのはこんな立ち枯れ。
b0178466_15173610.jpg

道に面している側にはいなかったので、裏に回り込むと・・・

ああああああっっ!!!!!

自分の目線の少し上のあたりで、産卵しているようです。
今までの反省を活かし、網をきちんと下に添えて慎重に手づかみ。

b0178466_1517164.jpg
クロホソコバネカミキリ Necydalis (Necydalisca) harmandi PIC, 1902

いよっしゃあああーーーっっっ!!!!!!!

アルマンだ!!しかもメス!

う~ん、カッコ良い・・・。
ネキ3種目です。

てかこんな早く採れるって、さすが多産地だな・・・。

その後別の立ち枯れでは、何やら黒っぽい虫が張りついているのを発見。
あれはもしや・・・?

b0178466_1518196.jpg
ツヤハダクワガタ Ceruchus lignarius lignarius

よっしゃ!!
初採集です。
密かに期待していましたw

ここは原名亜種のはず。
その後もう1頭追加することが出来ました。

そしてその数十分後、今度は自分の胸の高さくらいの場所にネキを発見。
今度も慎重に・・・

b0178466_15182296.jpg
オオホソコバネカミキリ Necydalis (Necydalisca) solida BATES, 1884

よっしゃああーーーっっ!!!!

やったやった、今度はソリダだ!
やっぱネキは良いなあ・・・。

ただ今の時刻は10時過ぎ。
もう目標の2種が採れてしまいました。
いや~、素晴らしい!!

その後歩いていると、ブナの立ち枯れの根元に黒い大き目の甲虫が。
ん・・・キマワリの大きいやつか?
にしてはどうもデカすぎるし、なんか肩が角ばってるな・・・。
ってクロカタじゃん!!

こんなこと考えてたのはほんの一瞬でしたが、その一瞬動きが遅れたことでクロカタは気配を察知し落下。
落ち葉の中へもぐって行ってしまいましたorz

マジかよ・・・。
せっかく見つけたのに・・・ってもう1頭いるし!!

b0178466_15184851.jpg
クロカタビロオサムシ Calosoma maximowiczi (Morawitz, 1863)

よっしゃ!!久々の再会です。
やっぱクロカタはカッコ良いね( ^ ∀ ^ )

さらに立ち枯れをチェックしながら歩いていると、細めの立ち枯れにカミキリの姿が。
フトカミキリ亜科のようです。
う~ん、なんだ?
とりあえず網に落とすと、入っていたのは・・・

b0178466_151964.jpg
マダラゴマフカミキリ Mesosa (Perimesosa) poecila BATES, 1884

うおおっ、ポエキラじゃん!!
そっかー、そりゃこんだけの環境だったらいるよな~。
嬉しい初採集です。

発生後期のためか、若干スレ気味。

次に採れたのはクロオオハナ。

b0178466_15192480.jpg
クロオオハナカミキリ Macroleptura thoracica (CREUTZER, 1799)

やっぱクロオオハナもカッコ良いぜ・・・。

そして、ブナの立ち枯れのすぐ隣にあったノリウツギを掬うと・・・

b0178466_15194486.jpg
ヤマトヨツスジハナカミキリ Leptura subtilis BATES, 1884

やったあーーっっ!!!
ヤマトヨツスジハナ、欲しかったんだよな~。
もちろんこいつも初採集。
これはオスで、メスは模様が違います。メスも欲しい!

次にチェックしたのはこんな立ち枯れ。
b0178466_15203399.jpg

ヤマトヨツスジハナを採ったノリウツギの隣のブナの立ち枯れとこのダケカンバの立ち枯れ、そして別のダケカンバの部分枯れはそれぞれ近くにあり、これらを結ぶと正三角形に近い形になります。

この立ち枯れではまず根元にアルマンのメスらしき個体を発見しましたが、手を伸ばす前に飛び去ってしまいました。

裏側にまわると、そこにはアルマンのオスが。
手では届かないので、ネットを使用。

初めてネキを網で採るのは緊張するな・・・。
慎重に網を近づけ、小突いてみますが嫌がって逃げるだけ。
くっそー、なんで落ちねえんだよ・・・。
それでも諦めず、落ち着いてやっていると、やっと落ちてくれました。

b0178466_1521018.jpg
クロホソコバネカミキリ Necydalis (Necydalisca) harmandi PIC, 1902

よっしゃ!!
これでアルマンはペアで採れました。
オスは触角が長く、メスとは違ったカッコ良さです。

そしてこいつもまた見事な擬態っぷり。
ペアで採れて気付いたのですが、どうやらオスメスで擬態しているハチの種類が違うようです。

近くに途中で折れた立ち枯れがあったので見に行くと、エゾゼミの幼虫が張っていました。
写真は撮りませんでしたが、エゾゼミの幼虫は若干泥が付いている感じでした。

アルマンのオスが採れた立ち枯れに戻ると、なんとまたアルマンのオスが!!
今度も網でなければ届かない場所。
しかも今回は樹皮がある部分と無い部分の境目近くにいるから段差があって網をあてがいにくい!
そして逃がしたorz
むずいよ・・・。

この立ち枯れはどうやら相当良い立ち枯れらしい・・・。
部分枯れの方も良さそうだから、この正三角形をぐるぐる回れば結構採れるかも。

ネキを採りながら歩いていると、樹皮がはげた立ち枯れにオレンジ色のカミキリが。

ああっ、あれはヤマトヨツスジハナのメス!
こいつは何としても採らねば・・・。

網でつつくと、すぐに落下。
しかし、落下途中で飛翔体勢へ。
慌てて網を振ったものの、外したらしく網の中には何もいませんでした。
くっそー、せっかくのチャンスを逃した・・・orz

その後アルマンのオスを採った立ち枯れを再び訪れると、またアルマンのオスが飛来してきていました。
そいつを採集し、ふと自分の腰の高さくらいの場所を見ると、羽脱孔から前胸まで出てきているカミキリが。

これ・・・ソリダのメスか?
結構デカいぞ!?

ここでピンセットで胴体をつかめば簡単に取り出せたものを、慌てて手でつかんだもんだから触角しかつかめずに切れるし、肝心の虫自体は羽脱孔の奥に引っ込む始末。
あーあ・・・。

これがその羽脱孔。
b0178466_15215736.jpg

中心部分のやつです。

再び出てくるのを待ちますが、なかなか出ないため、しばらく歩いてからまた見に来ることに。

午前中はアルマンばかりだったのですが、午後になるとアルマンが減り、代わりにソリダの活性が高まった感じ。
しかし、ソリダは活発で網をあてがうと落ちずにすぐ飛んで行ってしまうため、なかなか採れず。
くっそ~・・・。

そして、ヤマトヨツスジハナのメスとも再会。
しかし、また逃げられる!orz
今度は入ってと思ったんだけど・・・。

例の立ち枯れに戻ると、結構孔の近くまで出てきていました。
これでもう少し待ってさっきと同じくらいまで出てきてくれれば・・・!
しかし、待てども待てどもこれ以上動く気配がありません。

ついには痺れを切らし、無理やりピンセットでつまもうとして再び奥へ・・・。
ぬああああっ!!!!!

また別の場所へ行き戻ってくると、正三角形を作っているブナの立ち枯れにヤマトヨツスジハナのメス。
3度目の正直、今度こそは・・・!!

今まで以上に慎重に、落ち着いてネットでつつくと、今度は確実に網の中を転げ落ちていくのが見えました。

b0178466_15222216.jpg
ヤマトヨツスジハナカミキリ Leptura subtilis BATES, 1884

いよっしゃああーーっっ!!!

やっと採れたよ~・・・。
ヨツスジハナとか付いてるけど、タダヨツとは別格です。
超カッコ良い!!

一方の羽脱孔から出かけのソリダメスですが、こちらはその後も何度か挑戦したのですが、結局採れませんでしたorz

もうそろそろ終わりというころに会った人に、デカいソリダのメスを見せてもらいました。
あいつはこれくらいデカかったのかなあ・・・。
逃がした魚(虫?)は大きいぜ・・・。

3時ごろまで粘り、終了。

ブナ林を出るまではクロカタが大量にいました。
どうやら大発生の年に当たったらしい。

クロカタが食べていた幼虫。
b0178466_15314048.jpg

(オサムシ目線で)なかなかうまそうなの食ってるじゃないかw

帰りに休憩所で食べたアイスが最高に美味かった!
祝杯だね!( ^ ∀ ^ )

結局ネキはソリダ3♂、アルマン5♂1♀の、合計9頭でした。
う~ん、2ケタには届かなかったか・・・。逃がしたのが結構多かったからなあ。

ヒメヨツスジっぽいのは一応確保したけど、どうもタダヨツっぽい・・・。

ちなみに藪漕ぎしすぎてササの茎がめっちゃすねに当たって、すねが赤くなったww

他のメンバーはどうだったかと言うと、荒川沖さん、伊集院さん、ルコット君はブナ林内の道を歩きすぎて結局ブナ林を出てしまい、そのまま道を1周して戻り、ヤナさんは山頂まで行ってしまったんだとか・・・。
なんか色々凄いことになってたんだな・・・。

山を下りた後は今日で帰るtake3さんを最寄駅まで送って温泉に入りました。

夕食のパスタを食べた後は昨日と同じく灯火周り。
伊集院さんが拾ったオオクロのメスをもらいました。

俺は前日の睡眠不足と今日一日中頑張ってたのとで猛烈な睡魔と疲労感に襲われ、途中から車内で爆睡。
あそこまで疲れるとは思ってなかったが・・・。

11時過ぎに灯火周りが終了し、就寝。


採集結果

前夜

ヒゲナガカミキリ、サビカミキリ、エゾカタビロオサムシ

9日

オオホソコバネカミキリ、クロホソコバネカミキリ、ヤマトヨツスジハナカミキリ、ヨツスジハナカミキリ、キヌツヤハナカミキリ、クロオオハナカミキリ、マダラゴマフカミキリ、クロカタビロオサムシ、ツヤハダクワガタ、オオクロカミキリ

2日目に続く!
[PR]

by taiyaki-i | 2011-08-11 16:00 | 採集記