7/16 東京都奥多摩町 乾燥は大敵!?   

2011年 07月 17日
今回も先週と同じく奥多摩です。
ちなみに場所も一緒。
目標はシナカミキリ、先週採り逃がしたソリダ、そしてオオチャイロハナムグリのポイント開拓。
あとソリダと一緒にアルマンも採れないかな~みたいなこと考えてみたりww

先週と同じく始発のバスで最寄のバス停へ。
b0178466_14232821.jpg
今日も快晴!!

先週はラミーのポイントへ寄り道しましたが、今回はまっすぐ登山道を目指します。

途中で見つけたダンコウバイにある食痕。
b0178466_14234692.jpg
おそらくヒゲナガヒメルリのものでしょう。
適当にスウィーピングしてみましたが、入りませんでした。
さすがに遅いよな~。

登山道入り口に着いたのが7時35分。
さて、気合入れていくか・・・!

・・・。

・・・・・・。

やっぱきっついわ~・・・( ´ Д ` )

それでも急登の部分は20分ほどでクリア。
そこからはさらに20分かけて、倒木を見たりしながらゆっくり登って計40分で尾根線に出ることができました。
まあ、体力無い俺にしては良い方・・・なのかな?

尾根線に出て、まずはオオチャイロハナムグリの洞の確認。
しかし、主は見つからずorz
ちゃんと先週採った個体が卵を産んでくれているといいのですが・・・。
仮にいたとしてもメスなら採らない予定でした。

次はシナノキ。
若干シナカミキリには遅い気がしないでもないけど・・・?

シナノキはまだ花が残っていました。
日の当たる部分にはハナカミキリが飛び回っているのが見えます。

花掬いも兼ねて葉を掬ってみると、網の中にずんぐりとしたカミキリが。

いきなりシナ来たか・・・?

b0178466_1424628.jpg
ヤツメカミキリ Eutetrapha ocelota (BATES,1873)

また騙された・・・orz
昆研の採集記見てくれた人は知っていると思いますが、先週網に入ったヤツメをパッと見でシナだとぬか喜びしていたのです。
だって模様似てるんだもん・・・。

花にいたのはマルガタハナやヨツスジハナなどでした。
b0178466_14243644.jpg
マルガタハナカミキリ Pachytodes cometes (BATES,1884)

夏だなあ・・・(今年何回目だっけこういうセリフww)

オオトラフコガネだけ確保。

さらにシナノキを掬い続けると、今度は明らかにヤツメとは違う体系のカミキリが。
こいつは間違いない!!
b0178466_1425028.jpg
シナカミキリ Eutetrapha sedecimpunctata sedecimpunctata (MOTSCHULSKY,1860)

良かった採れて。
貴重な東京都産です。
意外とスレてないな~。

その後クロホシタマムシ狙いでミズナラを掬ったりするも採れずorz
しかし、ミズナラを掬っているとゼフが飛び出してきました。
メッシュネットで採ったため、若干痛んだような・・・。元から痛んでもいたようですが。
ファボニウスだから、エゾかジョウザンかな?

シナカミキリは採れたし、時刻も9時を回ったのでネキを探しに行くことに。

しばらく歩くとリョウブの立ち枯れが出現。
b0178466_14252198.jpg
これリョウブで合ってるよな・・・?

幹の拡大。
b0178466_14253925.jpg

網の届きそうな範囲を上から下までじっくり見てみますが、ネキはいません。
時間的にはもう大丈夫だと思うんだけど・・・。

リョウブやらミズナラやら、他の立ち枯れもチェックしていきますが、ネキは見つからずorz
そうこうしているうちにフォルモサもポイントまで着いてしまいました。

景気づけと記念にフォルモサ1頭くらい採るか・・・。

そう思いタンナサワフタギを見ていきますが、なぜかこっちもいません。
先週昼からでも沢山いたから、この時間帯だったらもっとすごいことになってると思ったのに・・・。

歩き回っていると、リュックが置かれていました。
もしかして虫屋?

周囲を見回してみると、網を持って歩いてくる人影が。
カミキリ屋さんでした。
なんと俺のこのブログを見てくれているとのこと。
自分のブログ見てるって言われるのって結構嬉しい(^ ^)

さらに実は去年御岳で会っていることが判明。
虫屋の世界は広いようで狭くて狭いようで広い・・・。

その人はフォルモサ狙いとのこと。
しばらく話をして、あとで成果を報告しあうことを約束し別れました。

その後フォルモサは探してみても見つからないので、ブナの立ち枯れを見に行くことに。

立ち枯れには黒いカミキリの姿が。
b0178466_1426682.jpg
クロオオハナカミキリ 

よっしゃ!!
先週は黒いタイプだったけど今回は赤いタイプです。
昔はこの赤いタイプからセアカハナって名前になってたんだろうな~。
てかぶっちゃけ赤でも黒でも名前とかどっちでも良いよ・・・ww

近くのブナの倒木を見ていると、ニンフみたいなカミキリが歩き回っているのが目に入りました。
一応採ってみると、なんだか雰囲気が違います。
b0178466_1426272.jpg
触角の白い部分も違うし、もしかしてタテジマホソハナ?
だとしたら初採集です。
たぶんタテジマだな、うん!!

その後もう1頭追加することが出来ました。

今回は時間があるので奥の方まで行ってみようと思い、ついでにその途中にあるタンナサワフタギを調べていると、やっと発見。
b0178466_14264636.jpg
トガリバホソコバネカミキリ Necydalis (Eonecydalis) formosana niimurai HAYASHI,1949

やーっと採れた・・・。メスのようです。
フォルモサ採るのにここまで苦労するとは思わなかったぜ・・・。

採れた木は先週今まさに羽脱してきてるんじゃないかという羽脱孔を見つけた木でした。
羽脱直後?
でも触角ちょっと切れてたし違うか・・・。

奥へ行く道を進んでみると、リョウブが多く見られるようになり、立ち枯れや部分枯れもちらほら。

それらをじっくり見ていると、上の方にカミキリらしい虫がとまっているのが見えました。
あれ・・・もしかしてネキか!?

慎重に網を近づけていきますが、なかなか落ちてくれません。
そしてふと気を抜いたときに網が当たってしまい、網の外へ・・・orz

うあああああああああorz

また逃がしてしまった・・・。
あれ?もう1頭いるじゃんか!
次は逃がさん・・・!

今度は気を抜かないように網を添え、見事ネットイン!

さて、ソリダかアルマンか、どっちかな~( ゜ ∀ ゜ )

しかし、その網の中にいたやつは・・・

カンボウトラ( ´ ・ ω ・ ` )


ぐあああ・・・

お前かよ・・・。
良く見ると他にも何頭かいました。
さらには別の立ち枯れにまで。
あーもう紛らわしい!!

ミズナラの立ち枯れにはキヌツヤハナが来ていました。
b0178466_14271475.jpg
キヌツヤハナカミキリ Corennys sericata BATES,1884

うう・・・今日もブレブレ( ; ω ; )
2頭だけ採集。
色さえ残りゃなあ・・・。

その後は何も採れず引き返すことに。

フォルモサのポイントまで戻ってきてさっき別れた人と合流。

その人も奥まで行っていたようです。
何でも一か所ヌバタマハナが固まっている場所があったらしく、わざわざ自分のために採っておいてくれていました。
本当にありがとうございます!!
その場所ではざっと50くらいいたんだとか。
パッと見全部オスだったとのことなので、メスが羽脱してきていたとか?
ヌバタマハナって偶然でしか採れないような種類だけど、そんなこともあるんだな~。
行きに見つけて、帰りには1頭もいなくなっていたそうです。

再びその人と別れて、ネキ探索。
ブナの立ち枯れにはクロオオハナが来ていましたが、逃げられてしまいましたorz
同じく立ち枯れに来ていたビロウドカミキリを採集。
b0178466_1427367.jpg
ビロウドカミキリ Acalolepta fraudatrix fraudatrix (BATES,1873)

デカいのは久々かも。

他には倒木でハナノミを採集。
最近はナガクチキやハナノミなんかにもちょびっと興味が出始めているのです。
ハナノミは今回初めて採集しました。
これからはこういうのも採ってかないと・・・。
そういえば家の材からもハナノミ出てきたけど、ほっといちゃったなあ・・・。今更後悔orz

タンナサワフタギでは何とかもう1頭メスを採ることが出来ました。
2頭目が留まっていた木にも羽脱孔が。
もしフォルモサが1年1化だとしたら、産卵に来ていたのかもしれません。
だとするとやっぱしもう終わり?

会った人はまだフォルモサが採れていないとのことだったので、もう一度会えれば渡すつもりだったのですが、その後は会えずじまいでした。
すいません・・・。

タンナサワフタギでは他にニイジマトラもとまっていたのですが、こちらは逃がしてしまいました。
ニイジマトラ、まだ1頭しか持ってないのに・・・。しかも材から出てきた超小型orz

もう2時近かったので下りながらリョウブを見ていきましたが、なんかよく分からん甲虫を採ったのみ。
最初はナガクチキかと思いましたが、どうも違うような・・・。
大きさは20mmほどです。

リョウブの立ち枯れにあった羽脱孔。
b0178466_14282653.jpg
明らかに今年のものです。ネキ・・・なんだろうなあ。

オオチャイロもいませんでした。

無事オオチャイロがこの洞で生き延びていることを願いながら、山を下りました。

そしてバス停で1時間以上待つっていうねorz
なんで3時台のバスがねえんだよ・・・。


今回は予想(妄想?)とはだいぶ違った結果になってしまいましたが、いい経験をした気がします。
ここ1週間まともに雨降ってなかったからなあ・・・。
フォルモサには梅雨明け後1週間以内がベストって感じでしょうか。
フォルモサはもう終わりかもだけど、ソリダやアルマンなんかは一雨降った後だと、8月中旬くらいまではなんとか大丈夫かも!
ま、そのころになったらまた別の欲しい虫が出てくるんだけどねww


採集結果

トガリバホソコバネカミキリ、クロオオハナカミキリ、タテジマホソハナカミキリ?、キイロトラカミキリ、キスジトラカミキリ、カンボウトラカミキリ、ビロウドカミキリ、ナガゴマフカミキリ、シナカミキリ、ヤツメカミキリ、ハナノミsp、よく分からん甲虫、ファボニウスsp
[PR]

by taiyaki-i | 2011-07-17 14:47 | 採集記