6/24,25 山梨県某所 富士山ピドニア採集?   

2011年 06月 26日
今回は富士山でピドニア採集です。
天気予報は曇り一時雨。この予報通りであれば、ピドニア日和のはず・・・!
目標としては特産種であるフジヒメハナやトウカイヒメハナなんかが採れれば嬉しいのですが・・・。

24日

午後8時半発の高速バスに乗るため、7時半ごろ出発。
バスを乗り継いで行く・・・はずでしたが、バスの時間を間違えていたようで、途中でバスが無くなった!!

慌ててタクシーで高速バスのバス停へ。おかげで千円以上余計にかかってしまった・・・orz
こんなことなら歩きゃよかったよ・・・。

高速バスには無事に間に合い、10時半ごろには富士山に到着。
できるだけ採集地に近づいておきたいので2kmほど歩いて野宿。

25日

・・・ほとんど寝れなかったorz
途中で一瞬だけ小雨が降ってそれで寝袋片付けたらまた晴れてきて、中途半端な時間だったからまた転がるわけにもいかないし・・・。
ですが、そうやって起きていたおかげで野宿をした場所の近くでムササビを見ることが出来ました\( ^ 0 ^ )/
ムササビを見たのは初めてです。
飛んでるとこは一瞬だったけど、カッコ良かった!!

ムササビが見れてテンションが上がったところで出発。時刻は4時です。

道を歩いて行くとところどころにバラがあり、掬うとフタオビヒメハナやチャイロヒメハナは入りますが、それだけ。おそらく昨日の居残り個体でしょう。

その後もよさそうな花があれば掬っていきますが、その2種類のみ。
時間が時間だし、まあこんなもんか。

1時間半ほど歩き、目的の林道の入口に到着。

この時点での天気は晴れ。
b0178466_13471852.jpg
予報とちげえじゃねえかよ・・・。

天気はピドニアには不向きですが、ここからは本格的に花を掬っていきます。
帰りのバスが2時発なので、行きにかかった時間を考えると8時半ごろには折り返さなければいけません。

道沿いにはバラや花が緑色の木本などが多いです。
掬うとオオヒメハナ。
b0178466_13474356.jpg
オオヒメハナカミキリ Pidonia (Pidonia) grallatrix (BATES,1884)

まあこいつは一応確保。

その後しばらく歩くとタニウツギがあったので掬うと別のピドニア。
b0178466_13475773.jpg
ツマグロヒメハナカミキリ Pidonia (Pidonia) maculithorax PIC,1901

最初はカクムネかブービエで迷っていましたが、A紋(上翅先端の紋)があったため、ツマグロヒメハナと判明。
たぶん御嶽で採ってる・・・と思う。

う~ん、やっぱ晴れてるからか、あんまピドニア自体いないなあ・・・。
キベリクロヒメハナとかホソガタヒメハナは簡単に採れると思ったんだけど・・・。
ヨコモン系も一回も見てないしorz
ちょっと林道が明るすぎか・・・?

とか考えてたらホソガタが入りました\( ´ ∀ ` )/
b0178466_13543567.jpg
ホソガタヒメハナカミキリ Pidonia (Pidonia) semiobscura PIC,1901

このタイプの斑紋のピドニア大好き!!
ホソガタとかオオバヤシとかシラネとか・・・。

と、ここで急に道の片側の林が消えたと思ったら大規模な伐採地に出ました。
富士山を背に・・・。

晴れてるし風も出てきたしここだけ見たら支線を歩こう・・・と思いながら花を掬うと、何やら見覚えのあるカミキリが。でもこいつって・・・。
b0178466_1354533.jpg
オダヒゲナガコバネカミキリ Glaphyra (Glaphyra) gracilis (HAYASHI,1949)

こいつはカエデやウワミズザクラが咲く時期のカミキリだと思っていたのですが・・・。
ちなみに初採集です。
モミやオオシラビソがホストのようで、それならばここで採れるのは頷けます。
しかし時期が・・・。
それだけ季節が遅れているということなのか、これで合っているのか・・・。

さらにはなぜかクビジロカミキリ。
b0178466_1355869.jpg
クビジロカミキリ Xylariopsis mimica BATES,1884

なんか予想外のヒゲナガコバネが採れてしまったのでやっぱりこの道で粘ることに。
やはり日当たりのよい花に多いようです。ピドニアとは正反対だな~。

最終的にはヒゲナガコバネは19頭採集できました。
他にはアカネトラを1頭ゲット。
b0178466_13553919.jpg
アカネトラカミキリ Brachyclytus singularis KRAATZ,1889

ここで時間が来たので折り返すことに。
今思えば帰りは普通行きより時間かからないのに行きと同じ時間かかると考えて早めに戻り始めたのが良かったんよな~。

ヒゲナガコバネを追加しながら戻ってきましたが、実はまだ時間があることが判明。
ここからバス停までは1時間半ほどで行けるため、あと1時間くらいは余裕があります。

成果も少ないし何か変わったのが採れないか付近を散策してみると、ブドウが多いことに気付きました。
b0178466_1356081.jpg

太目の蔓に近づいてみると、枯れています。羽脱孔もぼこぼこ。
アカネカミキリでもいないかと樹皮をめくると案の定アカネが。
しかし、すぐに上の方に行ってしまい採れませんorz

それでも丹念に探すと、見つけることが出来ました。
b0178466_13563622.jpg
アカネカミキリ Phymatodes (Poecilium) maaki viarius DANILEVSKY,1988

3年前にアカムネハナを採りに行ったときに出会って以来、2度目です。
普通種なんだろうけど、カッコ良いよな~。

さて、他にもいないか・・・

~~~~~~ッッッ!!!!!?????

なっ!??

これは、つかむか!?いや、逃げるかもしれないから網を下にあてて・・・。

そっと、そっと・・・

b0178466_13571321.jpg
ハセガワトラカミキリ Teratoclytus plavilstshikovi ZAITZEV,1937

うおおおおおおーーーーーーーっっっっ!!!!!!!

よおーーーーっしゃああああああーーーーーっっっ!!!!!!

やばいやばいやばいやばいやばいーーっ!!!!!
ハセトラだーーっ!!

若干いるよな~とか思ってましたけども!!
でもまさか実際に採れてしまうなんて・・・。

ヒゲ長いよ~・・・。途中の白い部分もいい・・・。マジでカッコ良いよ~・・・。
素晴らしいカミキリだ・・・。

この感覚は久々だな~・・・。
予想外の良い虫を採ったっていう。

やばいな、テンション上がりまくりだ・・・。
よーし、まだ時間はあるしもっと探す・・・

あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛ーーーーっっっ!!!!!

しょ、触角ふるふるさせてる・・・。
しかもさっきのよりデカい!!

今度も慎重に・・・

b0178466_13573585.jpg

うおおおあああああーーーっっ!!!

まさか立て続けに2頭も採れるなんて・・・。
しかもペア!!
なんだこの展開はっ!?

この後にとてつもない不幸が待っていそうな気がするww

その後はアカネやアカネトラを追加し、終了。
シロオビチビヒラタを2回も見つけときながらどっちも逃がしたのだけが悔やまれる・・・。
シロオビチビヒラタまだ持ってないんだよな~・・・。

オサトラを仕掛けても面白そうです。
b0178466_13583276.jpg
確かアルマンもいたはず・・・。

ハセトラをありがとう、富士山!!
b0178466_13591939.jpg
また来るぜ!


今回はあまりピドニアには恵まれませんでしたが、最後の最後にまさかの大どんでん返し!!
憧れのハセトラを見事ゲットすることができました。
ちなみにオスの方は羽化不全か、左のエリトラが小さくなっていました。
まだ羽脱孔の空いていないものもあったので、おそらく来年も大丈夫!!
来年も絶対に来よう・・・。
もし車持ってたら2日間いて富士山周辺走りまくるってのもありかもww


採集結果

オオヒメハナカミキリ、ホソガタヒメハナカミキリ、ナガバヒメハナカミキリ、カクムネ(ブービエ?)ヒメハナカミキリ、ニンフホソハナカミキリ、オダヒゲナガコバネカミキリ、カエデヒゲナガコバネカミキリ?、ハセガワトラカミキリ、アカネトラカミキリ、アカネカミキリ、クビジロカミキリ

マジで嬉しいから最後にハセトラの標本写真ww
b0178466_1453549.jpg
[PR]

by taiyaki-i | 2011-06-26 14:53 | 採集記