5/14 長野県伊那市 ある意味奇跡?なカエデ掬い   

2011年 05月 15日
今日は待ちに待ったツジウス採集の日です。
平日ずっと天気が悪かったのですが、週末は晴れ。雨上がりで一番いい時のはず!

朝4時に農工大に集合。と言っても俺と荒川沖さんの二人だけですが。
b0178466_9143849.jpg
車がいない・・・。
荒川沖さんの車で農工大を出発し、7時すぎに現地到着。
b0178466_915392.jpg
もちろん天気は晴れです。
・・・寒いけどw

去年もここで会った人や別の場所で会った人もいたので挨拶して話をし、7時半すぎに移動開始。
歩き続けて20分ほどで、一番下のポイントに到着。

なんと俺のことを知っている人が!
そしてその中にはロットンさんがいらっしゃいました。
メールなど色々させてもらっていますが、会うのは初めてです。
とても気さくで優しい方でした。

さらに歩いて一番上のポイントに到着。
すでに7,8人がいました。

俺らが到着してすぐ、飛翔中のピニボラをある人がゲット。
この時間で採れるって・・・今日すごいことになるんじゃないか?

ちなみに歩いてくるときもちょっと掬いましたがヒメクロトラのみでした。

まだ時間が早いので周りの人たちと談笑。
平日にも採れているし、昨日もまあまあ採れたようです。

・・・談笑。

・・・寒いから談笑。

・・・寒いよお(泣)

パーカー着てるのに寒い・・・。
風もだいぶあります。
もちろん誰からも歓声は上がりません。
一応掬ってはみるものの、ツジウスはおろかカミキリ自体が入らないという有様。
良くてたまーにニセハムシハナ系やヒメクロトラが入るくらい。

こんなに寒かったら虫採れないぞ・・・。
今の時刻は9時半ごろ。
う~ん、下のポイントまで戻るか~。

下る途中もカエデを掬っていきますが、ヒメクロトラやニセハムシハナ系が入るだけ。それも少ない・・・orz

そのまま歩いてロットンさん達がいるポイントに到着。
ロットンさん達もほとんど採れていないとのこと。

一番風も無いしここで粘ることに。

風は無く花も咲いているのですが、やはり何も入りません。
一応ナガタマが1頭入りましたが。

一緒に掬っていた人の話によると乾燥しすぎているのではないかとのこと。
昨日はちょうど雨上がりで湿気があり、かつ放射冷却がなく気温も上がったのですが、今日は夜も晴れていて気温が下がり、乾燥しているのです。
1日違いだったか・・・。

結局昼過ぎまで何も採れず、下ることに。
まさか何も採れないとは・・・。去年だって数頭はいいの採れてるんだけどなあ・・・。
他の人も言っていましたが、こんな状況ある意味奇跡です。
自然は分からんなあ・・・。

ていうか採れると思って亜硫酸先に用意しちゃったから1セット無駄になった・・・orz

まだ時間があるのでロットンさんに教えてもらったエゾナガヒゲのポイントに行くことに。
エゾナガヒゲはニガキに入るカミキリで、鳥の糞に擬態していると考えられている変わったカミキリ。
カミキリで鳥の糞に擬態するってめずらしいよな~。

ニガキの写真を撮るのを忘れてしまいましたが、新芽をかじったら本当に苦かったです。
しかも苦味が残るし・・・。

ポイントには多くのニガキの枯れ枝や立ち枯れがあります。
ニガキは生きているときは黒っぽい樹皮に覆われているのですが、枯れると樹皮がはがれて白い材部が見えるようになります。

ニガキの枯れ枝には樹皮下に食痕が。これがエゾナガヒゲの食痕か?
ある材には材部への侵入孔もありました。

石にぶつけて折ってみると、侵入孔の先に広めの空間が。
b0178466_9155016.jpg
なーんかヒゲみたいなのが見えるぜ・・・?

この状態からさらに木を崩して取り出すのは危険すぎるのでピンセットでつまんで取り出そうとすると、ヒゲだけ切れてしまったorz
うあああああorz

なんとか出せないか材をトントンしてみると、案外簡単に出ました。
最初からこうしてれば・・・。

b0178466_91691.jpg
エゾナガヒゲカミキリ Hirtaeschopalaea nubilus (MATSUSHITA,1933)(帰宅後撮影)

よっしゃあああーーーっ!!!!
初採集です!!大きさは1cm強。

ホントカッコ良いなあ・・・。
この模様がたまんないねww
ヒゲが短めなのでこの個体はメスなのでしょう。オスはもっと長いみたいです。
材から出した個体はヒゲが丸まっているというのは本当のようです。
帰ったら後食させないと・・・。

鳥の糞に擬態しているんでしょうが、若干ニガキが枯れて白と黒がまだらになった状態に擬態しているように見えなくもない?

蛹室は材部へ侵入したすぐのところに栓がしてあり、そこから材の外側へ向かうように作られていました。
b0178466_9202711.jpg
蛹室の先端を少しだけかじって羽脱するものと思われます。
実際、侵入孔から少し離れたとところに羽脱孔があるというパターンが多く見られました。

その後幼虫も発見したため材を確保。
b0178466_9204544.jpg
若干黄色がかっています。

このあとヒメギフが採れないかとポイントへ移動しようとしたのですが、道が工事中だったため断念orz
結局そのまま帰路につくことに。

帰りは談合坂付近で渋滞に巻き込まれ、8時ごろ農工大に到着。


今回は何かしら採れるはずと思っていたカエデが全くの不振で完全に想定外でした。
それでもエゾナガヒゲが採れたので来た甲斐がありました。
また、ロットンさんたちにも会え、色々話をすることができたので嬉しかったです。
本当にありがとうございました。
ロットンさんたちは日曜まで粘る人が多いみたいです。採れてるといいけど・・・。


採集結果

エゾナガヒゲカミキリ、ナガタマムシsp

P.S.写真少なくてすいません・・・。だって虫いないんだもん・・・。
[PR]

by taiyaki-i | 2011-05-15 09:25 | 採集記