4/24 八王子市高尾山 初・高尾山!!   

2011年 04月 24日
今日は初めての高尾山。
高尾山といえばフチグロヤツボシ、ヨコヤマヒゲナガ、オオトラなど、魅力的な種が多くいる場所。
今回はカエデの花でヤマトシロオビトラとヒゲナガコバネの仲間を狙います。

7時ごろ府中駅から電車に乗り、30分で高尾山口駅に到着。
b0178466_22161764.jpg
高尾山に往復540+自転車駐輪代100の640円でいけるとは素晴らしい!!
さすが府中!府中えらい!!ww

駅から少し歩いてケーブルカー乗り場に到着。
けど今日は乗りません。
だってさー、片道470円、往復900円て高くね?
JRで往復900円だったら国分寺から青梅まで行ってもまだ余んだぜ?
それをたかが1kmの距離を歩く代わりに使うのは金のムダw

というワケで上り坂を歩くことに。
b0178466_22165214.jpg
まあなまった体にはいい運動になるだろう。

道沿いのカエデは微妙に咲いていましたが、掬いません。時間も早いし、周りスギ林だし。
ただここで微妙ってことは上の方は・・・( ´ ・ ω ・ ` )

歩き始めてすぐに汗が。
アスファルトだからか予想外にきつい・・・。

途中にはモミが。
b0178466_22182999.jpg

そしてあの食痕も。
b0178466_22184466.jpg
オオトラ欲しいなあ~。

汗をぬぐいながら坂道を登ること30分、ケーブルカーの高尾山駅(山頂駅)に到着。
b0178466_221901.jpg
八王子市が一望できるはずですが、少し雲が出ていたため展望はあまりよくありませんでした。

今日は友達も来るのですが、集合時間は9時。
とりあえずカエデの開花状況や植生を確認しつつ山頂を目指すことに。

ケーブルカーの駅近くにはブナもありました。
b0178466_22192691.jpg

これがかの有名な?蛸杉。
b0178466_22194426.jpg
根がタコの足に見えるからなんでしょう。
確かにタコっぽい・・・。

林内の道を歩いていると見慣れた葉が。
b0178466_2220918.jpg
ホオノキの葉です。
上を見ると・・・
b0178466_22203269.jpg
やっぱりありました。(あんま分かんないね)
ホオノキといえばフチグロヤツボシ。でもまだ早いでしょう。
葉も開き切っていません。
大きな木は網が届きませんが、ひこばえなら届くので、シーズンが楽しみです。

さらに歩くとハリギリを発見。
b0178466_2222216.jpg
樹皮には小さな羽脱孔がちらほら。
ナカネアメイロ?ナカネアメイロもまだ採ってないんだよな~。

b0178466_22223659.jpg
モミが多いです。

b0178466_2222564.jpg
理想的なうずまき。

もう1本見つけたハリギリにはさらに多くの羽脱孔が見られました。
b0178466_22231450.jpg
夏になれば無数のナカネアメイロが樹皮上を・・・ww

そんなこんなで歩くこと40分ほど、山頂に到着。
山頂のカエデは・・・
b0178466_22233418.jpg
日当たりが良いためか予想外に咲いてました。

展望台からは富士山も。
b0178466_22235211.jpg
ちょうど雲がorz

しかしこの頃には日差しも回復し、絶好の採集日和に。
採れそうな予感だけはするw

この後すぐに友達から到着の電話が。
迎えに行くため別ルートでケーブルカーの駅まで下ります。

しかし、途中で行き違いになってしまったため、再び山頂へ。
山頂で無事合流。
ここからは適当に歩いて採集します。

b0178466_22242437.jpg
カゴノキとブナが同時にあるってすげえよな~。

b0178466_22244716.jpg
これがイヌブナ?
意識して見たのは初めてかも。ブナとはだいぶ違うな~。
ヨコヤマってイヌブナも食うんだっけ?

歩いているとモミの落ち枝を発見。まだヤマトシロオビが中に入っていたりして・・・。
割ってみると食痕。その先には・・・
b0178466_22251138.jpg
とりあえずフトカミキリ系の幼虫・・・だと思う。
前胸部にコブの幼虫に似た凸型の紋がありました。
キボシチビでは無いようです。でも奈良で出した暫定メディオの幼虫ってこんなだったっけ?
まあ出てきてからのお楽しみってことで持ち帰り。
ホントは今日は材採しない予定だったんだけどな~・・・。

その後もヤマトシロオビを探して幼虫を何頭か出すことにorz
キボシチビらしきものもいましたが出してしまったものはしょうがないw

そして歩き続けて10時を回り花掬いのゴールデンタイムに入ったころ、やっとカミキリの姿が。
b0178466_2225379.jpg
ヒナルリハナカミキリ Dinoptera minuta (GEBLER,1832)

お前かよっ!!
ていうか高尾山でヒナルリハナしか入らないって・・・。やっぱ早すぎたか?
ちなみにこいつはいらないからリリース。

その後もヒナルリハナだけはぼちぼち入るのですが、他のカミキリは全く現れずorz

b0178466_22274582.jpg
誰かほじったかな?

で、気が付けば手にはゴマ団子・・・。
b0178466_2228673.jpg
虫採れないとこういうのに走っちゃうよな~。
まあ採れたら採れたで祝杯的な感じで食いそうだけどww
ゴマ団子激ウマでしたww

そのまま山を下り、3時ごろには府中着。
結局いいもん採れんかったな~。
H君付き合ってくれてありがとう。

まだ時間があるので農工大に仕掛けたトラップを見に行くと、カントウアオが3頭。
エゾカタはいませんでした。

んー、まだ3時半か・・・。
このまま帰るのはもったいないな~。
よし、アカボシゴマダラの幼虫探そう。

昨日色々調べて分かったのですが、どうやらアカボシゴマダラはデカい木じゃなくて幼木につくらしい。
一応ゴマダラチョウとは棲み分けしてるみたいです。
道理であんな場所で見つかったワケだ・・・。

とりあえず前に見つけたエノキのある公園を調べることに。
しかし、ここにはデカい木しかありません。
やはり見つからず。

ここで目についたのは、デカいエノキの種が発芽したと思われる高さ50cm以下の幼木ともいえないようなエノキ。公園の外縁の生垣に何本もあります。
まさか・・・でも可能性はある。

そして調べていくこと数本目・・・。
b0178466_22283689.jpg
ホントにいたよ・・・。

結局この探し方でこの場所では5,6頭採集。
こんないるのかよ・・・。

越冬明けでまだ茶色のものや終齢のもの、様々な状態の幼虫がいました。
やっぱ付いた木の状況で変わってくんだろうな~。

次は幹線道路沿いのツツジの生垣の隙間に生えたエノキを調べることに。
エノキあるかどうか分からんけどたぶんあるだろw

行ってみると、予想通りさっき見つけたのと同じようなエノキがあります。
すぐに終齢幼虫が見つかりました。
しかし、家がある西の方へ行きながら探してみますが後が続きません。
状況的には変わんないんだけどな~。

でまあここであることに気付きます。

こんだけいるのに生態写真もエノキの写真も撮ってねえorz

これは何としてもあと1頭見つけないと・・・。
でもここじゃ最初の1頭だけしか見つけれてないし・・・。
こんで逆方向に向かってみていたらおもしれえよな~w

でまあ向かってみたら・・・
b0178466_2229333.jpg
いた∑( ゜ Д ゜ )

マジですか・・・。
何で!?
そんなに違うのか?
分からんもんだな・・・。

さらにもう1頭発見。
b0178466_22292848.jpg
どこにいるでしょう?

b0178466_22311189.jpg
正解はここでした。

こんな感じのとこです。
b0178466_2233776.jpg

そろそろ時間なのでここで終了。家帰って数えてみたら8頭でした。
昨日のと合わせて9頭。
ちなみに昨日のはもうすぐ蛹化しそうな感じ。


本来は高尾山で盛大に網を振るはずだったのが、最終的には家から徒歩5分圏内の場所で採ったアカボシゴマダラが一番の収穫になってしまった・・・。
さすがに4月下旬じゃあ早すぎたか・・・。
次に高尾山行くのはGW明けのフチグロヤツボシ採集かな~。
もうちょい後でもいいかな~。
また早すぎたら萎えるしww

ていうか久々に写真多い採集記になったな~。
こういう時に限って虫採れてねえけど(爆)


採集結果

カントウアオオサムシ、アカボシゴマダラ(幼虫)
[PR]

by taiyaki-i | 2011-04-24 22:37 | 採集記