3/13 奈良県某所 東京へ行く前に   

2011年 03月 15日
東京へ行く前に、関東地方にいては採るのが難しいカミキリを採っておくために奈良へ材採に行ってきました。
と言っても引っ越しの荷物を増やしたくないので極力新成虫・幼虫を割り出すのが目標。

朝から早速トラブルが。
乗る予定の電車は6時発。
朝起きてみると、親が慌てている。時間は6時。

・・・寝過したあーーっっ!!!

ヤバいって、もう特急券も取っちゃったし・・・。
寝過したことを嘆いていても仕方がないので、マッハで準備して出発。
何とか6時50分発の特急に乗ることが出来ました。
b0178466_11282589.jpg

特急を乗り継いで、現地に着いたのは9時半。
8時半には到着する予定だったため、1時間のタイムロス。
それでも5時間ぐらいは採集する時間があるけどw

今日採集する場所は一年前にも来た場所。
その時に採った材からはクラルア(クビアカモモブトホソカミキリ)は出たものの、それ以外に変わった種類は出ませんでした。

今回の一番の目的は去年採れなかったベーツヤサ。
まずはそのベーツヤサのホストであるカゴノキをチェックします。
ベーツヤサは成虫越冬のため、うまく成虫が見つかれば材を持ちかえらずに済みます。
カゴノキはベーツヤサの他、ヒゲナガヒメルリやズマルトラなどのホストでもあります。
もちろんこの2種も採れていません。ヒゲナガヒメルリは他の場所では採っていますが、数が少ないため増やしたいところ。

カゴノキは多く、歩いていれば何本も見つかります。
b0178466_11285917.jpg
これがカゴノキ。
樹皮がはがれて鹿の子模様になっているため、鹿子(かご)の木。

朽ちかけの材があったので割ってみると、幼虫の姿が。
とりあえず幼虫だけ持ち帰ることに。
他にもう1頭出てきました。

今度は朽ちていない材を調べるとまた幼虫。
b0178466_1131122.jpg
どんな種類に化けるのか・・・。

この材は樹皮下に食痕が多くあったため、確保。
材の持ち帰りは避けるとか言っといて、結局持ち帰っちゃうんだよなあ・・・。

食痕のある材をある程度確保したので、今度はモミを調べることに。
モミはヤマトシロオビが成虫越冬、幼虫ではキボシチビやメディオことヨツボシシロオビゴマフ、オオトラなどが採れる可能性があります。まあオオトラは確率はほぼゼロだけど、結構オオトラで有名なとこだし・・・。

歩いてくる途中でモミが多く生えている場所があったのでそこまで戻って材を探すことに。

その場所まで来ると、モミの根元に落ち枝が集められています。
とりえあず1本採って折ってみると、幼虫の姿が。しかし損傷orz
おそらくキボシチビ。
さらに割ると、また幼虫が。今度は傷つけずに済んだようです。
b0178466_1132138.jpg

形状からキボシチビで間違いないと思います。
特徴はスパッと切れたようなケツの部分。
分かりやすく覚えやすい特徴です。
全体像はこんな感じ。
b0178466_11323970.jpg

その後もキボシチビの幼虫は続々と出てきました。
割れていない部分にもまだ多くの個体がいるものと思われます。

その後、キボシチビとは違う幼虫も出現。
大きさもキボシチビの幼虫に比べ大き目です。
まさかのメディオ?
だといいなあ~。

メディオの可能性のある幼虫は計2頭出てきました。
他にも入っていると嬉しいです。

b0178466_11332240.jpg
ヤニダラダラのモミ。
うずまきは見られませんが、羽脱孔のようなものがあります。(下の方)

モミの材も確保したので、今度は材採ではなく糞虫を探すことに。
この時期この場所ではオビモンマグソが採れるはず。
オビモンマグソも東京方面では採れない種類のようなので是非採っておきたいです。
オビモンマグソは無理でも普通種の冬物マグソは採れるだろう。

ここに多くあるのは鹿糞です。
鹿糞を割ったり地面をほじったりしますが、オビモンマグソはおろかタダマグソすら出ません。
何で!?
やっぱポロポロのやつじゃなくてある程度まとまってる塊状のじゃなきゃダメなのか・・・?

そんな中見つけたのがこれ。
b0178466_11334743.jpg
ルリセンチの死骸です。完品のように見えますが、脚が取れかけていました。
もっと紺色っぽいやつだったら脚取れかけでも持って帰ってくるんだけど・・・。

結局オビモンマグソは採れませんでした。

まだ帰りのバスまで時間があるため、最後にクスを見に行くことに。
クスもベーツヤサのホストです。
事前に教えてもらった場所かどうかは分かりませんが、クスがまとまって生えている場所があるのでそこへ行くと、伐採された枝が1か所にまとめられていました。

そのうちの古めのものを手に取って見てみると羽脱孔が。
樹皮をめくると食痕もありました。
ここではあまり割らずに持ち帰ることに。
もうカゴノキもモミも採っちゃったしちょっとくらい増えたってあんま変わんねえだろww

クスの材を採り終えたところでタイムアップ。


今回は材は持ち帰らない予定だったのですが、結局沢山持って帰ることになってしまいました。
その量5リットルタッパー2箱と8リットルタッパー2箱分。
まあこれでベーツヤサやら何やら色々出て来てくれたらそれでいいです。
さあいよいよ来週は木曜から石垣だ!!

あと、相変わらず写真少なくてすみません・・・。


採集結果

カミキリ幼虫、カゴノキ材、モミ材、クスノキ材
[PR]

by taiyaki-i | 2011-03-15 11:36 | 採集記