8/13,14 長野県某所 お盆恒例ナイター採集会   

2010年 08月 16日
今回は毎年お盆に恒例となっている、虫屋の集まりのメンバーで行うナイター採集会です。
今回は写真少ないです、いつも以上に少ない、激少ですw

1日目

ナイターだけ行っても良かったのですが、せっかく長野へ行くんだし、昼間も採集したい!
中央アルプスでカミキリ採集をしたことがなかったため、そのあたりでノリウツギを掬うことにしました。

家を6時に出発し、現地に着いたのは9時ごろ。
標高は約1500m。
近くにはベニヒカゲの見られる場所もあります。

天気は曇り。ピドニアには良い天気だけどこの時期になるとあんまピドニアいないから、たぶん悪天候。

登山道らしき道を歩いて行くと、ノリウツギが。
掬うとヒゲジロハナが入りました。

b0178466_20504551.jpg
ヒゲジロハナカミキリ Japanostrangalia dentatipennis (PIC,1901)

しかし、入ったのはこの1頭のみ。
天気が悪いと虫も少ないねえ・・・。

その後もヒゲジロハナを数頭追加しながら歩いて行くと、ノリウツギの花にホソハナの仲間が。
前胸が黒一色だからミヤマじゃないな・・・。ハコネ?ニセハコネ?
とりあえず採ってみるか・・・あ、落ちた・・・。

ホソハナの仲間は網に落そうとすると途中で飛ぶのか、いると分かっていてもなかなか採れません・・・。
網をかぶせりゃ大丈夫なんだけど、目の前にいるのにわざわざ網をかぶせようと瞬時には思わないわけで・・・。

その後ヨコモンヒメハナを追加。
まだ生き残ってたか・・・。

b0178466_20511087.jpg
ヨコモンヒメハナカミキリ Pidonia (Cryptopidonia) insuturata PIC,1901

ここでのピドニアはこいつだけでした。

さらにノリウツギを掬っていくと今度はホソハナの仲間が入りました。
書いてないけどこれまでに最初のを含め3頭ほど逃がしています(爆)

b0178466_20514498.jpg
ニセハコネホソハナカミキリ Idiostrangalia shimomurai N.OHBAYASHI et TAKAHASHI,1985

初採集なので嬉しいです。ハコネも採れんかな?

道を歩いて行くと川にあたりました。

b0178466_20523458.jpg
綺麗な川ですね~。

この川に沿って歩いてみましたが花が少なかったので引き返すことに。
帰りの道ではミヤマホソハナ、ニョウホウホソハナなどなど。

今度はオサムシのトラップを仕掛けることに。
狙いはコマガネアオオサ。
今までに何度か仕掛けたことはありますが、まだ採集できていません。

林床と草地に10個ずつ仕掛けました。
草地の方では側溝でマイマイカブリの死骸を見つけたため、期待大です。
他にもゴマダラカミキリが飛んでいました。

あまりに普通種すぎて標本がないため採集。

b0178466_20525838.jpg
ゴマダラカミキリ Anoplophara malasiaca (THOMSON,1865)

今度はイナオサ狙いのトラップを仕掛けます。
イナオサは昔のアオオサとミカワオサの交雑種です。
最近イナオサという名前は消えましたが、便宜上イナオサとします。
てか消さなくて良くね?

イナオサの地域では林縁に10個仕掛けました。
ちなみにベイトトラップ。
コップの中身は腐肉やすしのこ、酢酸など。

トラップも仕掛け終わったため、ナイターの場所へ行くことに。
環境はマツ主体で他にモミやミズナラなどなど。

俺らがついたころにはすでに数人来ていました。
今回は山荘があるため、夜はそこで寝ることが出来ます。

近くを散策すると、マツに立ち枯れにアカハナカミキリが沢山来ていました。
産卵しているようです。

b0178466_20532198.jpg
アカハナカミキリ Aredolpona succedanea (LEWIS,1879)

一つの場所に何頭も集まるとは、さすがド普通種。

オオムラサキも飛んでいました。

b0178466_20534113.jpg
オオムラサキ Sasakia charonda (Hewitson, 1863)

さすがにこの時期だとスレています。

時間になったので灯火の準備だけして、バーベキュー。
今年は焼き肉以外に馬刺しがありました。
肉も野菜もうまかったですww

夜景が綺麗でした。

b0178466_20541445.jpg


あと、コブナシコブスジをもらいました。

b0178466_2054466.jpg
コブナシコブスジコガネ Trox nohirai Nakane,1954

7時ごろにライトを点灯。
点灯してすぐにクロカミキリがたくさん飛来しましたが、クロカミキリは採集せず。

その後またバーベキューのところに戻ったり、他の人の灯火の所を見て回って、カミキリはサビカミキリやヒゲナガモモブトなどを採集。
ノコギリやウスバも飛来しましたが採集せず。

カミキリ以外ではカトカラ(シタバガ)を採集しました。
俺と父で今種類が分かっているのは、
キシタバ
ワモンキシタバ
マメキシタバ
エゾシロシタバ
ヒメシロシタバ
の5種類。

すいません、ナイターで虫の画像は1枚もありません・・・。

一応点灯直後と寝る直前の幕の状態だけ・・・。

b0178466_20551627.jpg
これが、
b0178466_20554160.jpg
こうなりました。

雨が降ってきたり風が強くなったり色々トラブルはあったものの0時半ごろまで灯火を見て、その後山荘へ。
山荘で他の虫屋さんと色々しゃべったり、また灯火を見に行ったりして、寝たのは2時過ぎ。
そして5時半には暑さで起きるのだった・・・orz

2日目

外は雨。
5時半に起きて、部屋で色々話したりして7時ごろ朝食。
その後灯火を片づけに行きましたが目ぼしいものは採れずorz
オサのトラップを仕掛けていた人はサンプククロナガを採っていました。
まだ余ってたし、俺らも仕掛けりゃよかった・・・orz

朝食中には雨もやみ、その後は各自解散となりました。
俺らはトラップを回収しつつタニグチコブヤハズを採りに行くことに。

移動するときも側溝を調べましたがサンプククロナガは採れず・・・。

まずはイナオサのトラップ。
マルバネオサが1頭入っていました。
他にはクロナガが1頭。
腐肉のコップはほぼアニマルの被害にあっていました。
ま、そりゃそうだわなww
なんか良い対策ないもんかねえ・・・。唐辛子も鳥には無意味らしいし。

次はコマガネオサ。
最初は草地の方から。

トラップを見ていくと、父の声。
どうやらオサムシが入っていたようです。
クロナガ?マイマイ?それとも・・・

b0178466_20563061.jpg
コマガネアオオサムシ Carabus insulicola komaganensis

よっしゃキターーー!!!!!
やっと採れたよ~・・・。
かあっくいい~w
やはりアオオサらしい赤色をしています。
ミカワとは違うのだよ、ミカワとは!

他にはオサムシは入っておらず、ここはコマガネアオ1頭のみ。
けど1頭でも入れば十分さ!

最後は林床に仕掛けたトラップ。
一応ここが本命。

トラップを見て行くと・・・

ありゃ?なんも入ってない・・・。
マジで?
しかも腐肉のコップは相変わらず掘り起こされてるし・・・。
いかにもオサのいそうな環境なんだけど・・・。

結局目的の種はコマガネアオが1頭だけか・・・。
時期が悪いのもあるけど、ビミョーww

その後は1時間半ほど車を走らせ、タニグチのポイントへ。
結構有名な場所だし、俺でもきっと採れるだろう・・・。
ここではマルバダケブキの枯れ葉を見ていきます。
b0178466_20565742.jpg
これはいるんじゃないでしょーか!

枯れ葉を見ていくと、父がニセビロウドを発見。
しかし、タニグチは見つかりません。
時期的にも大丈夫だし天気的にも良いと思うんだけど・・・。
他にもマルバダケブキの群落がないか探してみることに。

車で探してみると林道の終点近くにもマルバダケブキの群落が。
枯れ葉を見ていると目の前を飛ぶオレンジ色の物体。
追いかけてみるとヘリグロリンゴ。
しかしつかむ時に痛めたのか上翅が一枚なかったため採集せず。

一方のタニグチはどうかというと、ここでも見つからずorz
広葉樹もまあまああるんだけどなあ・・・。

そうこうしているうちに雨が。
すぐに本降りにorz

そんな中でも近くのカラマツの土場にはシラフヒゲナガが1頭来ていました。
もっと良い時期に来てたら大量に集まってたんだろうなあ・・・。
カラマツカミキリとかもいたんだろうか・・・?

その後帰り道に広葉樹の枯枝があったりする場所で叩いたりしましたがやっぱり採れずorz
時期が悪いのか俺の腕が悪いのか・・・。

そのまま高速に乗り、大雨の中30kmの渋滞を超え名古屋へ。
いつもはここで終わりだけど、今回は終わらない!!
まだやんぞ!

名古屋に着いてからそのままムネホシシロのポイントへ。
今年は採ると意気込んでポイントも分かったのに、いざシーズンになると他のカミキリで頭がいっぱいになり、急きょ今回の予定に組み込みました。
すでに時期が遅い可能性大ですが、とりあえずww

6時半ごろに現地に着き、まずは周辺散策。まわりにはムネホシシロのホストであるクワが多く見られました。
ライトで葉裏を照らしてみますが、カミキリの姿はありません。
網でゆすっても雨でビッショビショになるだけです。

その後夕食を食べてから再チャレンジしましたが、ムネホシシロは採れずorz
さすがに時期が遅すぎたか・・・。
こいつこそ名古屋にいるうちに採らなきゃいけない虫なのに・・・。

食痕らしきものは確認できました。
葉脈が齧られているものと、葉脈以外の部分が齧られているもの。
ムネホシシロはどっちだ?


今回は全体を通して不調でした・・・。
灯火も台風の前はめちゃくちゃ蛾が来てたらしいんですけどねえ~。
これで今年の昆虫採集は終わりか、それともコブ叩きもやっちゃうのか・・・。
ゲン担ぎ的には「落とす」→「落ちる?」みたいな感じでやらない方がいいのかな~とか思ってもみたけどよくよく考えたらスキーとかと違って落ちるのは別に自分じゃないわけで・・・。
あんま標本整理に時間もかかんないし・・・。
時間がかかるのはブログだけ(爆)


採集結果

ヨコモンヒメハナカミキリ、オオヒメハナカミキリ、ヒゲジロハナカミキリ、コウヤホソハナカミキリ、ニセハコネホソハナカミキリ、ニョウホウホソハナカミキリ、ミヤマホソハナカミキリ、ヘリグロリンゴカミキリ、サビカミキリ、ヒゲナガモモブトカミキリ、ヒメヒゲナガカミキリ、シラフヒゲナガカミキリ、ゴマダラカミキリ、オオコフキコガネ、コブナシコブスジコガネ(貰い物)、オオムラサキ、キシタバ、ワモンキシタバ、マメキシタバ、エゾシロシタバ
[PR]

by taiyaki-i | 2010-08-16 21:00 | 採集記