7/19 長野県某所 尻すぼみ採集   

2010年 07月 21日
今日はスキー場でノリウツギを掬います。
以前はゼフ採集で何度か来た場所ですが、今回のターゲットはフタコブルリハナカミキリ。
先週のアカムネハナ採集のときは中央道沿いでノリウツギが開花しているようでしたが、果たして今日は・・・?

家を6時に出発し、現地には9時前到着。
b0178466_11544551.jpg
着いたぜーっ!!!

しかし、駐車場横の確か以前はノリウツギなどが生えていた場所が伐採され、何故かカエデが植わっていました。
b0178466_11551364.jpg
カエデ植樹交流とのこと。
あんまし安易に使いたくない言葉だけど、これって簡単に言うと自然破壊だよな~。
やってる方に悪気はないと思うけど、もとからノリウツギや広葉樹その他諸々が生えてたのを伐採してカエデ植えられてもねえ・・・。のっけからこういうのって、気分わりーなー。

ちなみにこのことについて調べてみると、10年かけてカエデを植樹し、紅葉の名所を作るそうです。
やめてくれそんなこと。せっかく良い環境が残ってんのに、それをなくしてまでカエデを植えたいか・・・。
どうせならスギやヒノキ林をカエデに変えてほしいんだけどな。
これからどうなっていくのか、心配です。

とりあえず現段階で伐採を免れたノリウツギの近くに車を止め、採集開始。
花を見てみると、咲いているものもありますが、まだつぼみの状態の方が多いようでした。
b0178466_11554887.jpg

しかし、開花しているものにはハチ・アブが飛び交い、時たまカミキリの飛翔も見られます。
早速掬うと、カミキリが。
b0178466_1156816.jpg
ミヤマクロハナカミキリ Anoploderomorpha excavata (BATES,1884)

さらに掬うとフタスジハナも入りました。

そして、そのフタスジハナを毒ビンに入れようとしたその時。
1頭の黒い甲虫がノリウツギの周りを飛んでいるのに気付きました。
花に止まろうとしているようですが、なかなか止まりません。
アオジョウカイ?にしてはガッシリしてるな・・・。
もしや!!
何故か網を置いて(w、その甲虫を追います。
すると、しばらくして目線より少し上の花に止まったのが分かりました。
そいつを手でつかんで見てみると・・・

b0178466_11563270.jpg
フタコブルリハナカミキリ Stenocorus caeruleipennis (BATES,1873)

キターーーー\( ゚ ∀ ゚ )/ーーーー!!
よっしゃあーっ!!
いきなり目標種採れた!w
来るのはやいっすww

う~ん、カッコ良いね~。自己採集2頭目です。ちなみに1頭目もここで採りました。
最近は学名からステノコって言われてるようです。ステテコみたいだなw

さらに掬うとヨツスジハナが。
b0178466_1157042.jpg
ヨツスジハナカミキリ Leptura ochraceofasciata ochraceofasciata (MOTSCHULSKY,1861)

こいつはヒメヨツスジハナかもしれないと思い見ていたら飛んで行ってしまいました。
にしてもカミキリ少ないなあ・・・。
前はヨツスジ・フタスジなら何十頭でも採れるような感じだったのに・・・。

駐車場脇のノリウツギはもう見てしまったので、スキー場を歩くことに。

ここはヒョウモンも多いです。コヒョウモン、ヒョウモンチョウ、ギンボシetc…。
でも数は減ってるみたい。ついで言うとギンボシ系ばかりでウラギンスジらしきものは見られません。
減ってるってのは本当なのかねえ。

歩いて行くとノリウツギがありました。
掬うと赤色のカミキリが。

b0178466_11573279.jpg
キヌツヤハナカミキリ Corennys sericata BATES,1884

こいつも針刺し標本しか持っていないので嬉しい種類。
・・・ていうか良く考えたらヨツスジもフタスジも針刺し標本しかねえじゃん(爆)
きれいな紅色のカミキリですが、死ぬと黒ずんでしまいます。
この色を奇麗に残せる薬品はないものか・・・。

そしてカミキリ以外の甲虫でも嬉しい種類が。

b0178466_11575233.jpg
アオアシナガハナムグリ Aleurostictus subopacus (MOTSCHULSKY,1860)

b0178466_11581655.jpg
ヒメコガネ Anomala rufocuprea MOTSCHULSKY,1860

アオアシナガハナムグリはここ以外では採ったことがありません。

ヒメコガネはオオセンチのようにカラーバリエーションがあります。
とはいっても赤・青・緑の中間の色は出ず、3色のみですが。
普通種だけどなんか採っちゃうんだよね~。

別のノリウツギではクスベニカミキリ。
b0178466_11584110.jpg
クスベニカミキリ Oyrestes nipponicus HAYASHI,1987

このカミキリらしからぬ体系がいいね~w

他にもノリウツギはたくさんありましたが、つぼみの状態でした。

ショウマも何本(株じゃないです、本です)かあったので、それを見ることに。

しかしまあ急斜面。
b0178466_1159993.jpg

その上草丈が高い・・・。

ていうか傾斜何度だろ・・・。
たぶん俺じゃスキーでも滑れんなw
親に言わせると「コブがなけりゃ普通」だそうですが・・・。俺の技量じゃ絶対無理w

結局ここではチャボハナとヒメシジミの斑紋異常っぽい個体を採集。

これ以上上がってもノリウツギはなさそうなので引き返すことに。

帰り道でもノリウツギを掬い、以下のカミキリが得られました。

b0178466_1159509.jpg
オオヒメハナカミキリ Podonia (Pidonia) grallatrix (BATES,1884)

b0178466_1205093.jpg
アカハナカミキリ Aredolpona succedanea (LEWIS,1879)

b0178466_121117.jpg
キスジトラカミキリ Cyrtoclytus caproides caproides (BATES,1873)

ここでもピドニアいるのか・・・。ま、オオヒメハナだけですが。
アカハナは触角が黒白のまだらだったら良かったんだが・・・。

あと写真撮り忘れたけどニョウホウホソハナ、ミヤマホソハナも採集。

クジャクチョウも採れました。
b0178466_122117.jpg
クジャクチョウ Nymphalis io geisha

駐車場で父と合流。
父はアイノ♂1、メスアカ♂1、ジョウザン♂1を採集していました。
どうも知り合いにあったらしい。
たぶん俺も過去にお世話になった人。

結局ステノコは1頭のみ。なんか採集し始めてすぐが成績良くてそっから下降線だったな~・・・。

ここだけが目的なら昼から俺も一緒にゼフを採りに行くのですが、他の目的があるため移動。
次の場所へ行く途中に材置場がいくつかあるので見ていきましたが、何もいませんでした。
前はルリボシがたくさんいたり、何故かトラフが採れたりした場所なんだけどねえ。
今年の虫の少なさの影響なのか、はたまた暑すぎるのか・・・。

そうこうしているうちに目的地に到着。
放棄された桑畑です。
と言えば、何が目的か分かる人もいるでしょう。
そうです、ギガンことオニホソコバネカミキリ。
既知のポイントというわけではなくマイポイント候補地として見つけた場所。
もうギガン自体は1ペア採ってるし、あまり人から教えてもらった場所ばかりで採集するのも気が引けるので、マイポイントを見つけたいことろ。種類が種類ですからね~。採集記書けないし。

b0178466_1224839.jpg
こんな感じの洞があるクワが多くあります。

飛翔中の個体に注意しながらクワの葉を見ていきます。
しかし、ハチのような虫が見つかることはありませんでした。
トラフも見られずorz
b0178466_1231526.jpg
これはトラフの羽脱孔か?それともクワ?キボシ?

やっぱしギガンは難しい・・・。
って言ってもマイポイント開拓のためにはホントは1日中粘る覚悟じゃなきゃ採れない虫なんでしょうがw

まだ時間があるのでコトラを採りに行くことに。
最終的にここに落ち着くのなww

車を走らせ土場の付近に到着。
コトラは近い!

しかし、ここで予想外の事態が。

土場まで行くと・・・。
あれ?あれ?
土場が・・・
なーい!!!Σ( ゚ Д ゚ ;)

まぢですか!?
ちょっと待てよ・・・。ここ、俺が知ってる唯一のコトラ採れる土場だったのに・・・。
うっわあ、超ショック・・・orz

ずっとショックを受けているわけにもいかないので、近くに別の土場がないか探すことに。

・・・。

・・・・・・。

ありませんでしたorz

まあだいたい採れる地域は分かってるし、今度また探せばいいか~。
って言っても今年はもう無理だから来年・・・って来年予定だと東京か(爆)
俺が車乗れたら夏休み中にピューッときて探せるんだけどなあ・・・。早く免許取りてーw

その後帰り道も小規模な材置場に寄ったりしましたがカミキリは採集できずorz
パーフェクトな尻すぼみだ・・・。

今回は前半好成績でしたが、後半は急に失速どころか、土場がなくなるという衝撃的な出来事が起こってしまいました。
土場も不変のものではありませんから、いつかはなくなるという可能性は前から考えることはできたのですが、全くの予想外の不意打ち・・・。
この土場も教えてもらった場所だし、そろそろ自分で探せっていうことなんですかねえw
御岳ではこれをカバーできる成績が出せるといいですが・・・。
ちなみに明日です。

採集結果

フタコブルリハナカミキリ、キヌツヤハナカミキリ、ミヤマクロハナカミキリ、オオヒメハナカミキリ、クスベニカミキリ、フタスジハナカミキリ、ヨツスジハナカミキリ、チャボハナカミキリ、アカハナカミキリ、ニョウホウホソハナカミキリ、ミヤマホソハナカミキリ、キスジトラカミキリ、ウスイロトラカミキリ、ミドリカミキリ、クジャクチョウ、コムラサキ、ヒメシジミ
[PR]

by taiyaki-i | 2010-07-21 12:27 | 採集記