7/10,11 長野県某所 アカムネハナを求めて 2日目   

2010年 07月 14日
昨日は天の川が見えるほどの晴天だったのですが、朝4時ごろに起きてみると外はなんだかドンヨリ。
予想の範囲内だが、数時間でこうも悪化するか・・・。

まだ朝の活動時間には早い気がしますが、昨日からの居残り個体などがいる可能性があるので探索開始。

探し始めて最初に見つかったのは・・・

b0178466_21321891.jpg
ヒメヒゲナガカミキリ Monochamus (Monochamus) subfasciatus subfasciatus (BATES,1873)

ド普通種ですが、あまり標本を持っていないし久々に会ったので採集。

その後シラホシを発見。

b0178466_2133188.jpg
シラホシカミキリ Glenea (Glenea) relicta relicta PASCOE,1868

こいつはこの後も何頭か採れたのですが、葉裏にいる個体が多く、もしかしたら例のクロツバラの食痕はこいつらの仕業なのかもしれません。
そういえばツツジ科の植物が結構あったのでソボリンゴがいないか探してみましたが見つかりませんでした。
すっげえいそうだったんだけどなあ・・・。

そしてシラホシが採れた後、ついに本日最初のアカムネハナが。

b0178466_21333322.jpg
アカムネハナカミキリ Macropidonia ruficollis PIC,1902

う~ん、予想通りこの時間でも採れたぜ・・・。

クロツバラを見ているとシラカバの樹皮などに大き目のセミの抜け殻があることに気付きました。
エゾゼミの仲間かな~。
今日羽化した個体がいないかシラカバを見ると案の定発見。

b0178466_21391879.jpg
コエゾゼミ Tibicen bihamatus (Motschulsky,1861)

まだ翅が伸びきっていませんね~。
その後もう1回見たときもまだ伸びきっていなかったので採集はしませんでした。

そしてその後アカムネをもう1頭発見。
ちょうどいい位置にいたので生態写真に挑戦。

b0178466_21404199.jpg
なんかブレてんなあ・・・。

よし、一応写真撮ったしそろそろ採るか~。
と、手で葉ごと掴んでアカムネハナだけを取ろうとしたそのとき・・・。

枝がピョーン。

アカムネハナは斜方投射のラインを描き地面へ。
ヤバい!!

すぐに落ちたと思われるあたりを探しましたが見つからず・・・。
ああああああ・・・。せっかく今回初のオスだったのに・・・。

なんでネット持ってたのに使わなかったんだろう・・・?
こんな時に限ってなんてバカだ・・・orz

その後このクロツバラへ来るたびに探しましたが見つからず。
まあすぐに見つかんなきゃ無理だわな、あんなん。

7時ぐらいになったので一度朝食を食べるため車へ戻ることに。
朝食を食べているときも他の虫屋さんと談笑。
やはりすでにピークは過ぎているようです。一昨年俺が行ったのが確か7月5,6日でちょうどピークだったからもう季節の遅れはないようですね。
なかなか時期を合わせるのが難しいな~。

ちなみにこの時ぐらいから少し雨がぱらつくようになってきました。

その後昨日ピドニアが採れた花を掬うことに。
そこへ行く途中もクロツバラを見ていると、少し低めのクロツバラにアカムネハナが。
なんか目があったような気がして落下しかけたのですが、さっきの反省を生かしちゃんとネットをあてがって無事ゲット。

b0178466_21414326.jpg

触角が長く若干スレンダーなオスです。
やっとオス採れたぜ・・・。

そして、道を歩いている途中、目の前を一直線に横切って飛んでいく虫の影。
あの飛び方はジョウカイじゃない・・・!!
すぐに追いかけてUターンしかけたところを一振り。

b0178466_2142744.jpg

やっぱりアカムネハナだったか・・・。
ハナカミキリというよりはヒゲナガカミキリの飛び方って感じだったな~。
なんていうか、フワフワ飛んでるんじゃなくて安定感がある感じ?

この辺りは草原に小さなクロツバラが点在している場所で、クロツバラのルッキングをしていた場所よりも開けています。
ここもアカムネハナのポイントのようだし、現に採集できたので探してみましたが見つかりませんでした。

ここでは草原性の蝶も多く見られました。

b0178466_21423218.jpg
ヒメシジミ Plebejus argus LINNAEUS

b0178466_21432959.jpg
ヒョウモンチョウ Brenthis daphne DENIS & SCHIFFERMULLER

どちらも一昨年も見られたものです。
ん?前採ったのはコヒョウモンだっけか?
アサマシジミでも採れないかとそれらしい個体を数頭採集してきたのですが、すべてヒメシジミでした。
もうちょい早くないとダメか?

他にある虫も探してみましたが見つからず。
さて、ある虫とは・・・?

ピドニアが採れた花まで来たので見てみると虫は集まっている様子。
早速掬います。
網の中をのぞくと、ヨコモン系のピドニアが。
ニセヨコモンじゃないな・・・。おお?こいつは・・・

b0178466_21441423.jpg
ムネアカヨコモンヒメハナカミキリ Pidonia (Cryptopidonia) masakii HAYASHI,1955

よっしゃあーっ!!初めて採ったあーっ!!
他のヨコモン系とは違い、前胸や頭部の一部が赤色になるのが特徴です。

ムネアカヨコモンは他にも数頭採集することができました。
その他にホソガタを採集。
メスは昨日採った1頭だけでした。まだ発生初期?

b0178466_21445748.jpg
戻ってくるときに見つけたオオミズアオ。ウラゴは普通でこいつはスレてんのな・・・。

戻ってくる途中もある虫を探していきます。
その食草はキジカクシ。アスパラガスの仲間です。
キジカクシの写真は撮り忘れました・・・。

キジカクシを見ていくと、赤い甲虫が。
すぐに落下しそうだったので手を下にあてがって採集。

b0178466_21455360.jpg
ジュウシホシクビナガハムシ Crioceris quatuordecimpunctata (Scopoli,1763)(帰宅後撮影)

よっしゃあーっ!!
採れたぜ・・・。以前に来た時も存在は知っており探していたのですがキジカクシが見つからず採集できていませんでした。
オレンジっぽい赤色に黒い14個の紋があるカッコ良いハムシです。
交尾個体だったので一気に1ペア採集。
もう1頭いたのですが、そいつは落下orz

その後アカムネハナの場所に戻ってクロツバラをルッキングしたりハルニレをスイーピングしたりしましたが、カミキリは得られず。

昼前になり、帰りに寄りたいところもあったので車で移動することに。
やっぱり素晴らしい場所だったぜ・・・。

帰りにもう一度花を掬うため止まってもらい、ムネアカヨコモン、ホソガタを追加。
そして車にネットを積み込もうとした時、目に映ったのは・・・
b0178466_21462410.jpg

何故今まで気づかなかったよ!!?

これ、昨日だったら絶対いたような・・・。
一応探してみましたが、小雨で採れるわけもなく・・・。
まだ羽脱孔は見られなかったので、来年・再来年が大発生かも!?
楽しみですね~。

さらに昨日寄った新しい土場へ寄ることに。
しかし、ここで雨が本降りにorz
実はオサのベイトトラップを仕掛けておいたのですが、何も入っておらず( ´ ・ ω ・ ` )

帰りにゼフを採る予定だったのですが、ここまで雨が降っていては採集できません。
というわけで糞虫を採ることに。
この辺りは糞虫が豊富で、ダイコクの記録もあるところ。
一応シャベルも持ってきましたww
しかし、入らせてもらえない牧場も多く、口蹄疫問題もあるためそもそも牧場に入れるかどうかも微妙なところ。
とりあえず行ってみることに。

30分ほど車を走らせ、目的地に到着。
管理人さん?がいなかったので電話で採集していいか聞くと、不可。

うん・・・。
予想してたけど、やっぱちょっとショック・・・。
口蹄疫問題があるしなあ・・・。

他にも候補地があったので行ってみたのですが、口蹄疫・その他諸々の理由で不可。
まあ、しょうがないさ。

というわけで、今回の採集はこれで終わり。

ピークを逃したにも関わらず第一目標だったアカムネハナを採集でき、さらにはヘリグロアオやピドニア各種、ジュウシホシクビナガハムシまで採ることができました。
素晴らしい!!←なんかこんなことを毎回言ってるのは気のせいだろうか・・・。
また、春から続いていた季節の遅れが元に戻ったことも確認できました。
まあ、自分の感覚や他の人の話だと虫の少なさは相変わらずのようですが・・・。

来週はいよいよ御岳!
もう梅雨明けらしいので嬉しいです。
来週は何が採れるかな~( ゚ ∀ ゚ )♪


採集結果(2日分)

アカムネハナカミキリ、ヌバタマハナカミキリ、カラカネハナカミキリ、ホソガタヒメハナカミキリ、ナガバヒメハナカミキリ、オオヒメハナカミキリ、ムネアカヨコモンヒメハナカミキリ、ツマグロヒメハナカミキリ、ヨコモンヒメハナカミキリ、チャボハナカミキリ、ヤツボシハナカミキリ、キスジトラカミキリ、シナノクロフカミキリ、ヒメヒゲナガカミキリ、フタオビアラゲカミキリ、キッコウモンケシカミキリ、ヘリグロアオカミキリ、ハンノアオカミキリ、ヒゲナガシラホシカミキリ、シラホシカミキリ、ホソカミキリ、タマムシsp、ジュウシホシクビナガハムシ、ウラゴマダラシジミ、ヒメシジミ、ヒョウモンチョウetc
[PR]

by taiyaki-i | 2010-07-14 22:02 | 採集記