4/29 岐阜県某所 ヒラヤマリベンジ戦   

2010年 05月 01日
ヒラヤマを諦められない!!

日曜からずーっとヒラヤマのことを考えておりました・・・w

天気は昼からは確実に晴れるっぽいし、もうこの機会を逃したら今年は採りに行けない!!
てな訳で、行ってきました、ヒラヤマリベンジ戦。

家を6時半に出発し、最初の場所には8時過ぎに到着。
まだ雨が降っていたので、雨が上がるまでは環境のチェックのみ。
写真はありませんが、アカメガシワの本数も多く、そんな危険な感じではなかったので良さげな感じでした。
いるんだろうな~、こういうとこ。

次の場所は最初の場所から10分ほど移動した場所。
ここもアカメガシワが多かったです。

3番目の場所へ行くと、捕虫網を用意している人が。
なんと知り合いのカミキリ屋さんでした!!

このころには雨も上がり日も差し始めていたので一緒に歩くことに。

キクスイモドキでも採れないかとコナラのひこばえを調べながら歩いて行くと、アカメガシワがちらほら。

日曜に行ったところほどではありませんが、斜面がキツい・・・。
b0178466_11203184.jpg
木も斜めってますw

今回も前回と同じく洞に蚊取り線香の煙を入れて燻し出す作戦。
果たして採れるでしょうか・・・?

b0178466_1124281.jpg
洞はこんなのが多いです。
洞になる一歩手前?みたいな樹皮の亀裂のあたりだけが朽ちたものも多くありました。

b0178466_11235189.jpg
この洞には、
b0178466_11251714.jpg
羽脱孔らしきものが(よく分かんないですねw)。
けど、主はいませんでした。

そして、アカメガシワを調べようと崖を降りようとした時・・・

ズ、ズザザザザーーーーーッ・・・・・・

2mほどほぼ気をつけに近い形で滑落ww
水面ギリギリで停止。危ない危ない・・・。
水には触れなかったものの、服がだいぶ汚れてしまいました。
まーいつものことだからいっかww

そしてそれからしばらく探すも、なかなか目当ての虫は見つからず・・・。
ハエみたいなのは結構出てくるんだけどなあ・・・。

う~ん、今回もダメなのか・・・?

そんな思いを抱きながらあるアカメガシワの洞を見た瞬間、俺の手は反射的に動いていた・・・。
b0178466_1126767.jpg
ヒラヤマコブハナカミキリ Enoploderes bicolor Ohbayashi,1941

う、うわあああああ~ん!!!!!( /Д\)
と、と、採れたあ゙あ゙あ゙~!!


やったよ・・・。採れちゃったぜ・・・。
よっしゃーっ、リベンジした甲斐があったってもんだ!!
ガチで嬉しいww

これが記念すべき初採集ヒラヤマのいた洞。
b0178466_11264498.jpg
わざわざ煙を入れるまでもなく、見えるところにペタッと張り付いていました。

こいつはこの洞に煙を入れたら他にも出てくるんだろうか・・・?
煙を入れながら待つこと1分ほど・・・。

なにも出てきませんでしたーorz

なんか1頭採ると出てこんくてもあんまダウナーな感じになんねえなww
そんだけ嬉しいんだなあ・・・。
こんな感情は久々だね~。ツジウス以来か?

その後辺りでチェックするも、ヒラヤマは出ず。
こういうのとか、いかにもって感じなんだけどな~。
なんか甲虫が1頭出てきたのでそいつは採っておきました。

b0178466_11273053.jpg
この3本の木の外側の2本、枯れてるんだけどめちゃくちゃおいしそう(笑)な木だったな~。
立ち枯れや部分枯れも結構ありました。
夏に来たらトラニウスが飛んでるんだろうか・・・?

気がつくと昼前になっていたので、一度車へ戻ることに。
車の前まで来ると、ガードレールのあたりを飛ぶ黒い蝶。
一瞬でその正体が分かりました。
メッシュネットでしたが、なるべく傷付けないよう、やわらかーく(?)振ってネットイン。
b0178466_11283850.jpg
ミヤマカラスアゲハ Papilio maackii MENETRIES

今年初のミヤマカラスです。もう出てるんだな~。
メッシュネットで採ったにもかかわらず完品!!
春型は小さく白帯がはっきりしておりカッコ良いので大好きです。

ヒラヤマに加えミヤマカラスまで採れた余韻に浸りながら昼食を食べて、土場へ移動することに。
前回と同じくビャクシンが隠れていないかスギの樹皮がはがれかけていた部分をめくってみたりしましたが、採れず。
古い材の中には樹皮下に食痕が多く走っているものもありました。ヒメスギなのかビャクシンなのか・・・。
やっぱビャクシンは夜じゃなきゃダメかな~。

クリストフがいないか広葉樹も見ましたが何もおらず。

今度はヒラヤマを採った場所の前に行った場所へ行ってみることに。
前の場所でかかった時間を考えるとこの場所がラストになりそう。

そこはこんな感じ。
b0178466_11291455.jpg
この写真にも真ん中あたりにアカメガシワが写っています。

このアカメガシワの洞にはなんかサワガニみたいなデカいクモみたいな脚が見えていました。
アシダカグモとかそういうタイプのやつかな~?

こんなやつがいるところにヒラヤマが来ても速攻で食われてしまうだろうということでこの洞はパス。
このあたりのアカメガシワは洞というより根元が完全に朽ちて苔むしていました。
そんなんでもちゃんと生きてるっぽかったな~。凄しww

しばらく歩くと砂防ダムによって砂が溜まったようなところにアカメガシワがたくさん生えていました。
やっぱアカメガシワってそういう荒れた環境に生えるんだな~。

洞をチェックしていくもヒラヤマは出ず。
そういや煙で燻し出すのってどれくらい待ってりゃいいんだろ?

b0178466_11295755.jpg
ヅラじゃない、カツラだ。・・・なんつってww

ここはいるとしたらシコクになるんかな?

しばらくチェックしているとすでに3時をまわっていました。
あまり遅くまではいられないのでここでタイムアップ。
とりあえず1頭採れたし、帰り道も足取りは軽いです。

しかも、帰り道ではこんなものが。
b0178466_11305294.jpg
ムカシトンボ Epiophlebia superstes

生きた化石として知られており、体の色などはヤンマ科やトンボ科に似ているのに翅の形はイトトンボ科のように前後で形が一緒という変わったトンボ。
4~6月頃出現します。
前から採ってみたかった種類だったので嬉しいです。


今回はリベンジの目的であるヒラヤマが採集でき、ミヤマカラス、ムカシトンボも採れ大満足の採集でした。
ビャクシンは来年かな~。
って言っても今年受験受かったら(受からんでも?)東京行くからある程度は採りやすくなる・・・のか?
まあ、名古屋にいても長野まで行きゃ採れるっぽいけど・・・。

GWは模試があるので採集は1回だけ。クリストフを採りに行ってきます。
なんでこんな時期に模試やるかねえ・・・。

採集結果

ヒラヤマコブハナカミキリ、ミヤマカラスアゲハ、ムカシトンボ、甲虫sp
[PR]

by taiyaki-i | 2010-05-01 11:37 | 採集記