4/3 愛知県瀬戸市 春の山で   

2010年 04月 04日
今日は焼き物が有名な瀬戸でオサ掘り&ギフチョウ採集。オサ掘りのターゲットはクロカタビロオサムシです。
父は会社の用事があるのでついでに目的地まで送って貰います。
7時半過ぎに現地到着。早いです。寒いです。気温は5度くらい。

最初にちょこっとだけ車を止めたところで父と二人で崖を掘ったところ、いきなり父がミカワを採集。黒化型でした。
さらに俺にもミカワが。
b0178466_1457521.jpg
ミカワオサムシ Carabus arrowianus (Breuning)

こっちは通常型。そういや山でミカワ原名亜種を崖から出すの初めてだな~。

ここでいつまでも時間を潰しているわけにはいかないので、1頭採集したところで歩き始めました。
いつもは山頂へは行かないのですが、今回は山頂まで行くことに。
山頂へ向かう道は尾根道なので、もしかしたらギフが飛んでくるかも…。

ヤマツツジは咲いています。ヤマザクラも八分咲きくらい。
b0178466_14583880.jpg

最初は砂利の車道を歩いていきます。前にオサ掘りをしていたのはこの道沿い。
b0178466_14591530.jpg

ショウジョウバカマも至る所で咲いていました。
b0178466_15114093.jpg

しばらくすると山頂へ向かう道の分岐が出現。
なかなか険しそうな道でした。すいません、写真はありません…。

最初は急斜面だったのですが、しばらくすると尾根道に出て幾分かなだらかに。
こういうとこ上がってくるのかな~。
b0178466_1504434.jpg

崖も両脇にあるので崩していくと、再びミカワが。
b0178466_1514737.jpg
今度は黒化型でした。このあたりは黒化型が多いようです。以前にトラップにも入ったことがあります。

さらに歩くとツガが出現。
b0178466_1522083.jpg
この山の山頂付近はツガやモミなどもあるそうです。
カミキリでもヤマトシロオビトラやキボシチビなんかがいるみたい。

このあたりから土質が粘土質から花崗岩に変わってきました。ところどころに粘土質の崖もありますが、ほとんど花崗岩でオサムシはあまり入らなさそう。
それでも出てしまうミカワww
b0178466_1525833.jpg
今度も黒化型。いいね~、黒化型が多くて。

出たところはこんな感じ。
b0178466_1532824.jpg
表面のコケをはがしたら下に転がり落ちました。

カシの仲間も多くみられるようになってきました。
b0178466_154694.jpg
ツクバネガシのようです。
ここはある程度の標高があるのに暖地系の常緑樹が多く生えています。
東海地方は南方系の植生と北方系?の植生が入り混じっているみたい。

太めの落ち枝を切ってみると無数の食痕が。材部に楕円形の坑道がたくさん。
それと、直径1.5cmほどの坑道が一つ。
大きい方は羽脱口があったのでもう出た後のようでした。
まさかのベーツヒラタとか?
んなわけないかww
それを除くと羽脱口はほとんどなかったので期待できそう。ここはキュウシュウチビトラっていうのがいるらしい。
帰りに拾っていくために切り分けてまとめておきました。

そこから30分くらいで山頂に到着。
b0178466_1555279.jpg
右側奥にモミがありますが、急斜面でとても行けそうになかったので断念orz
他にめぼしいものがなかったのですぐに引き返しましたが、あとで調べてみると山頂を超えて反対側へ行ったところにモミが結構あったようです。
あーあ…orz

帰り道で材を拾い1時間ほどで分岐に到着。
まだ10時半。ギフチョウにはちょうどいい時間です。
というわけで、今度は前歩いた道を歩くことに。

しかし、11時ごろから急に雲が多くなり、風が吹き始めてしまいました。
風が吹くとギフチョウは飛んでくれません。
すぐにやめばいいんだけど…。

崖も掘りながら歩いていると、今度はオオオサが。
b0178466_1563315.jpg
チュウブオオオサムシ  Carabus dehaanii punctatostriatus

その後うろうろとギフチョウを探してみましたが、コツバメしか見つけれず、風もさらに強くなりスギが揺れて軋むほどに。
こりゃギフはもう駄目だな…。

クロカタも出ず、ギフもいない…。
場所を移動することも考えましたが、結局この地域でオサ掘りに集中することに。

前にクロカタを出したあたりを掘っていきますが、オサムシどころがゴミムシやムカデ1頭たりとも出ないという悲惨な状況orz
出るのはミミズやセミの幼虫だけ…。

仕方ないのでクロカタはあきらめてミカワやヤマト狙いに変更。
なんとなくいそうなところがあったので掘るとすぐにミカワが出てきました。
今度も黒化型でした。
なんていうか、最初の1頭を出すとそれからは簡単に出てくるっていうの、結構あるんだよな~…。

その後さらに周辺を掘っていくとなんだかゴミみたいな物体が転がり落ちました。
なんだこれ?虫か?木の実か?
なんか光ってんな~。って、オサムシじゃん!!
b0178466_1575457.jpg
ミカワヤマトオサムシ Carabus yamato ojikai

久々にみるとちっちぇ~w
まさかミカワの大きさに慣れてヤマトがゴミに見えるとは思わなかったぞ…。
ホント見つけた時一瞬確認するかどうかで迷ったww
大きさはスルガやルイスくらい。

その後もう1頭ヤマトを採集し、タイムアップ。

結局当初目標としていた2種はどちらも採れませんでした。
オサ掘りは今シーズンはこれが最後になると思います。そういや今日出したオサはあんま動かなかったな~。
今日行った場所は黒いミカワも結構出るし、トラップでクロカタを狙ってもいいかもしれません。
ギフは5月になったらもう1回行くかも。
そうそう、帰りにタラの芽を採ったのですが、すでにほとんどの芽が採られていました。
…早くね?

来週は冬に採り忘れていたタカオメダカを採りに行く予定。

採集結果

ミカワオサムシ、ミカワヤマトオサムシ、チュウブオオオサムシ、ウバタマコメツキ、タラの芽
[PR]

by taiyaki-i | 2010-04-04 15:14 | 採集記