3/13 奈良県某所 ドウキョウを求めて   

2010年 03月 14日
雨だったので写真は少ないです。

今日は奈良・大阪の県境に位置する葛城・金剛山にしかいないオサムシ、ドウキョウオサムシが目的。
他にもイワワキの原名亜種やヤコンも採れるようですが、果たして…。

家を5時過ぎに出て特急の始発に乗り、目的地を目指します。
約3時間後、現地に到着。
このときは曇ってはいましたが雨は降っていませんでした。

行きのロープウェイから。
b0178466_12184164.jpg
遠くに大台ヶ原のある紀伊山地が見えます。

事前に集めた情報によると、森の中を一周する道があるようです。
ひとまずそこへ行ってみることに。

人一人が歩けるほどの小さな道ですが、ところどころに崖があります。
b0178466_12194368.jpg
しかし、オーバーハング気味でいい崖とは思えません。
とりあえず掘ってみると、しばらくしてオオクロナガが出てきました。
右中・後肢のない欠損個体でしたが、オオクロナガは持っている数が少ないので採集。

オオクロナガはオーバーハングした部分の苔のあるところにいました。
やっぱ苔って重要なんだな~。

おし!この調子でドウキョウも出すぞ!!
と意気込んではみるものの、ほぼすべての崖がオーバーハングどころかそのオーバーハングした部分が崖の下の方まで垂れ下がっていて思うように掘れない状況…。

普通オーバーハングしてる部分は乾燥してるしすぐに崩れるから最初にそこを落としてから奥の方を掘るってことが出来るんだけど、ここの場合は笹が根をはっているのでやりにくい…。

しばらくするとまたオオクロナガが。
今度もオーバーハングした部分でした。
なんだ、クロナガの仲間はオーバーハングしたところが好きなのか?
岐阜でもそういうところで出てきたからな…。

そうこうしているうちに一周してしまいました。
他の道も見てみることに。

しばらく歩くと杉林が出現。
ここなら林床に笹も生えてないし、掘りやすい!!
崖もオーバーハングしていないいかにもオサがいそうな崖がありました。
掘ってみると、ここでもオオクロナガが出現。
いや、もうオオクロナガはいいからドウキョウ出てきてください…。
その後しばらく掘り続けるも後続はなしorz
おかしいなあ…。

気がつくと昼過ぎになっていたのでここで昼食。
この時点で小雨が降っていたのですが、昼食を食べ始めたころから雨脚が強くなってきました。

昼を食べ終わってから道沿いの小規模な崖(段差?)を崩すと本日4頭目のオオオクロナガ。
ドウキョウはどこだ…。

その後雨宿りをしながらオサ掘りを続けていたのですが、いよいよ本降りになってしまい断念orz
結局ドウキョウは採れませんでした。
夏にトラップ仕掛けに来るか…。

採集したオオクロナガ。
b0178466_1220382.jpg
実はよく見てなくてドウキョウが混じってたりしないかな~とか思って見てみましたが、やっぱり全部オオクロナガでした。

帰りのロープウェイから。
b0178466_12211134.jpg
なかなかのガスっぷりです…。

しかし、ロープウェイで下りてきてみると雨はやんでおり、たまに薄日が差すことも。
b0178466_12222560.jpg
…これは、早めに切り上げて下でヤコンを狙ったほうが成果は上がったのでは…。


今回は目的の種を採ることができませんでした。
ネットで見るドウキョウの採集がほとんどトラップなのはもともと掘りでは厳しいからなのか、はたまた単に俺の腕が悪いだけでトラップの方がたくさん採れるからなのか…。
今度は6月に時間があれば来たいです。けど6月ってカミキリもいい時期だし、伊那谷と木曽谷にもトラップ仕掛けに行きたいんだよな~…。

P.S.父は今日神奈川へオサ掘りに行っていたのですが、アオオサ2、ルイス12という大成果で帰ってきました。なんだこの差は…。めちゃくちゃ不完全燃焼だ…orz

採集結果

オオクロナガオサムシ
[PR]

by taiyaki-i | 2010-03-14 12:24 | 採集記