1/30 奈良県某所 南方系カミキリを求めて   

2010年 01月 30日
今日は待ちに待ちに待ちに待った材採です!!
先週インフルエンザで行けなくなってめちゃくちゃ待ち遠しかった材採!!

目標はズバリ南方系カミキリ。
種類を上げるとクビアカモモブトホソ(クラルア)、ベーツヤサ、ヒゲナガヒメルリ、ズマルトラなど。
特にクラルアは世界唯一の単為生殖(確かメスしかいない)をするカミキリで、分布も局所的なので採っておきたいところ。

クラルアはモチノキ属、他のカミキリはカゴノキなどに入ります。

家を7時に出て、最初の目的地に9時半ごろ到着。
先週何か採れないかと父が牛糞トラップを仕掛けたのですが、厳寒期には冬物とは言えいないみたいです。
実際何もいませんでした。

一応何か木はないかと探してみるとカゴノキみたいに樹皮がはがれている木が。
でもなんか違うなあ…。
b0178466_23222511.jpg

樹皮の感じも違うし、そもそも葉が落ちていました。カゴノキは常緑樹だったはず。
ナツツバキ?

一応近くに落ちていた枝を拾ってみると…。
b0178466_23231778.jpg
食痕があります。

他にも何本か食痕のある枝を持ち帰ることにしました。

どんなカミキリが出るのか、はたまたコメツキが出てくるのか、なにも出ないのか…。


トラップも回収し終わったので次のポイントへ。今度の場所が本命でカゴノキもクロガネモチも多いそうです。

さて、目当ての木はあるでしょうか?

ちょっと歩くと…。

お…?あれって…。

b0178466_23263338.jpg
カゴノキあったーっ!!!

そうそう、これだよ、このまだら模様!!カゴノキは鹿子の木だからね~。
いや~、やっと見つかった!!確かにすぐ見つかったなあ…。

こいつはあんまり枝が落ちてなさそうだったので他の木を探すことに。

歩いていくと他にも結構ありました。みんな背が高いです。ていうかホントは小さいのもあるけどまだら模様になってないから見つからないだけだったりしてww

しばらく歩いていくとそれらしい枝が結構周りに落ちている木を発見。
b0178466_23271237.jpg
この写真じゃ分かんないですねえ~…。

太いものも落ちていました。

そのうちの一つを切ってみると…。
b0178466_23274581.jpg
うわー、めっちゃ食痕走ってんじゃん!!これはやべえな…。結構出てくるかもよ~、これw
カゴノキは入るカミキリの種類も多いだけに期待が高まるねえ~。

結局25(20?)リットルのゴミ袋いっぱいになるまで採りました。いや~、大漁大漁w
b0178466_23283398.jpg

さて、あとはクロガネモチなわけですが、ぶっちゃけクロガネモチが分からんorz
今の時期は赤い実が付いていてもいいはずなんですが、そんな木見つからない…。

それらしいのがあるにはあるんだけど決定力に欠けると言うか…。実での判別が出来ないと樹皮が乳白色でなめらかなのと葉が厚くて葉脈が不鮮明とか、若い枝は色が赤紫っぽいとかパッと見で分かるような特徴しか知らないんだよなあ…。
高木だと樹皮しか確認できないし…。

だけどそれっぽのを見つけときながら違うかもしれないって採らないのも無駄な気がしたので一応少しだけ採りました。

このままではクラルアが心配なので、先週父が見つけたソヨゴが多く生えている場所へ行くことに。

これがソヨゴ。
b0178466_23292063.jpg
ソヨゴもモチノキ属で、クラルアの食樹です。

ここは落ち枝や引っ掛かっていた枝もあり、食痕もそれらしいのがありました。

まあ、出なかったら春に採りにこればいいのかねえ?

今回はただ枝を拾うだけだったので、なんだかつまらない採集記になってしまった気がします…。写真も少ないし。
カミキリが出てきたらまた報告します。クラルア出るといいな~( ゚ ∀ ゚  )
[PR]

by taiyaki-i | 2010-01-30 23:34 | 採集記