10/18 滋賀県某所 ヤマト探しで糞いじり   

2009年 10月 19日
今日は近年見られる場所が少なくなってしまったヤマトエンマコガネがターゲット。
以前にも一回行ったことがあってそのときは採れましたが、今はどうなっているのか…。

まずはいつも糞虫採集のときにお世話になっている牧場へ行ってで牛糞の調達。
2ヶ所に4個ずつ仕掛けるので8個取りました。って言ってもスーパー袋に適当な量を8袋分取っただけですがw

その後渋滞と言えないようなぬるい渋滞に巻き込まれながら現地に到着。
1ヶ所目は前来たときに見つけたマイポイントです。里山の耕作地って感じのところ。
ヤマトエンマは開けた下草の少ない場所を好みます。その場所だけではなく周囲もある程度開けた場所の方がいいみたい。そういう微妙な生息環境なので開発の影響を受けやすかったのでしょう。
俺としては高速とかできたことによってヤマトエンマの好みそうな場所は増えたように感じているのですが…。

近くに人がいたのでその人に事情を説明して牛糞をセット。さーてヤマトエンマは来るかねえ?

2ヶ所目は結構有名な場所。前は四国から来た人に会いました。やっぱヤマトエンマって珍しいんだなー…と改めて思います。
b0178466_23241875.jpg
今日は誰もいませんでした。

…牛糞全てセット完了。
これから夕方までは何もすることがありません。まあ、糞の前でヤマトエンマが飛んでくるのをじーっとまっててもいいのですが、それではあまりにもつまらなすぎるので場所を移動。
ミドリセンチで有名な場所です。
オサが既に越冬態勢に入っているかどうかの確認とキリシマミドリの採卵。オサはシガラキを確認済み、キリシマは前に採りに来たことがありますが、目撃&卵を他の人からもらったのみ。しかもその卵は孵化したのに気付かず結局死なせてしまいました。

まずはキリシマの採卵から。アカガシのひこばえの休眠芽に産みつけるのでひこばえを探して芽を一つずつ丹念に見ていきます。

探し始めて数十分後、父が1個目を発見。しかし、なんだか違うような…。
b0178466_23251163.jpg
これ、すでに孵化してる気がするんだが…。
もう1個ありましたが、やはり孵化してるっぽい…。
b0178466_23254734.jpg

近くを探すと、明らかな殻が結構ありました。中には幼虫に食われたような芽の根元に産みつけられたものも…。b0178466_2326235.jpg
なんで中身が入ってるやつがないんだ…orz

その後夕方まで探し続けましたが、結局見つからず…。多産地じゃなきゃそう簡単に見つけられるわけないとは思ってはいましたが、せめて1個くらいは絶対に中身入ってる!と思えるようなものを採りたかったです。
また色々調べてリベンジしようかな~。

オサ掘りの方はちょっとだけやりましたが、ゴミムシすら出てこず、クロナガならいるだろうと思った朽木にも何にもいなかったので、まだ早かったのでしょう。今度は11月になってからか?

さて、時間が来たので再び牛糞を仕掛けた所へ移動。ヤマトエンマは来てるかなー?

まずは1個目。ひっくり返してみますが、ミドリセンチ・センチ・ナガスネエンマのみ。ミドリセンチは色の奇麗なものだけ確保。糞虫オンリーでドイツ箱作りたいもんだねえ…。

2個目も同様。ここまででめぼしいものはミドリセンチとナガスネエンマ。ヤマトエンマはいなくなってしまったのか…?そういう事態も想定はしてたけど、いざそうなるとなんかショック…w

さーて3個目はどうかな~?
糞をひっくり返すと…
キタ―――――\(゚∀゚)/――――――!!!!!!
b0178466_23271777.jpg
ヤマトエンマコガネ Onthophagus japonicas
以前と比べると1頭目を見つけるまでにだいぶ時間が掛かりましたが、とりあえず見つかって良かった…(/Д\)
さらにほじっていくと(笑)、また見つけることができました。
b0178466_23281937.jpg
どうやら1,2個目は掘り返す深さが足りなかったようです。

4個目でも発見。
b0178466_23291032.jpg
いいねー、エリトラ綺麗だねー。
エリトラ真っ黒だったらカドマルエンマと大差ないけどw

1,2個目を改めてシャベルで掘り返すとやはり採りこぼしがいました。あぶねえぜ…。

結局ここでは俺6頭、父4頭採集。まあ2桁いけたし、上々かな~。
b0178466_23321918.jpg

次は2か所目。
前は1か所目の方が採れたけど今回は…。

1個目は見つけられず。
2個目で糞の下に穴を掘ってそこに収まっている個体を発見。
b0178466_23331469.jpg

ここのオオセンチとセンチの比較。
b0178466_23342570.jpg
俺は以前オオセンチとセンチの体色の相関について調べていたことがあり、センチの体色はその地域のオオセンチの体色と相関があるということが分かりました。
これが面白いくらいに一致してるんだよな~。多少色が違うセンチもいますが、ルリセンチの地域は青色のセンチ、ミドリセンチの地域は鶯(うぐいす)色のセンチ、ミドリセンチとオオセンチ(赤)の中間(鈴鹿山脈)の地域は銅色のセンチ、オオセンチ(赤)の地域は紫色のセンチが多いです。また、オオセンチの体色の変化はグラデーションがあるのに対し、センチの体色は今の4つしかないことも分かりました。
交雑とかしてんのかな?可能だろうけどそれだと色々矛盾もあるんだよなあ…。

結局ここでは俺2頭、父1頭採集。
b0178466_2335439.jpg
2か所合わせて13頭採ることができました。
只今匂い採り中。

今回は一番の目標であるヤマトエンマを採ることができましたが、他2種についてはうまくいきませんでした。キリシマについてはもう一度勉強し直してからリベンジしたいと思います。

採集結果

ヤマトエンマコガネ、ナガスネエンマコガネ、オオセンチコガネ、センチコガネ
[PR]

by taiyaki-i | 2009-10-19 23:37 | 採集記