6/14 長野県某所 ギガンの下見   

2009年 06月 15日
日曜は長野へ…。

朝は6時発。あんま早くてもカミキリいないし。
最初はギガン(オニホソコバネカミキリ)の下見へ。着いたのは8時半くらいだったかな~

あらかじめ調べておいた桑畑の地図記号が書いてあったことろを廻ります。元桑畑のところでそのまま放置されて桑が巨大化してるところがあるはず!!

最初は桑畑が見つからず大苦戦。で、車から降りて探してみたらどうやら最初のとこからすでに桑畑はすでにない様子。栗畑に変わってしまったらしい。
その栗畑の奥をのぞくと、一本だけ大きな桑が!調べてみるとちゃんとうろもありました。んー、こういうのにいるんかな…。(写真は撮り忘れました…。スマソ)

その近くで見つけたアトジロサビカミキリ。
b0178466_201559.jpg
アトジロサビカミキリ Pterolophia (Pterolophia) zonata (Bates, 1873)
何故にタラ…。

その場所へ行く途中に材置場があったので見ていくことに。しかーし何もいない!
その道の奥に桑らしき木が見えたのでそっちも寄ってみることに。これが良かった!!
その場所はこんな感じ。(何気に「その」三連発(笑))
b0178466_2024247.jpg
なーんか良さげじゃね?
木を一本一本調べてみると…
おおっ?
b0178466_2031876.jpg
やっぱり、
b0178466_2042594.jpg
ここは、
b0178466_2053248.jpg
良いかも…。
b0178466_2061423.jpg

うろのある木がたくさん!!うひゃひゃ(笑)
近くにいたヘリグロベニカミキリも採集。もう1頭それらしいのを見ましたが飛んで行ってしまいました。

その近くにもいい木の集団がありました。
どちらかと言うと後に見つけたまとまりの方が日当たりがよくて良いかも。網も振りやすそうだし。

ついでにフタスジチョウも採りました。
b0178466_208912.jpg

ここで急に雨が。ここって雨降りやすいんだよな…。一応去年ルリボシやトラフを採った材置場へ行くことに。この時期何がいるんだろ?

…雨で何もいませんでしたorz

さらに追い打ちをかけるように近くの国道が事故で通行止めのアナウンス。…早いとこ解除してくれないと帰れないんすけど。

このあたりは見終わったので、ひとまず通行止めに影響がない他の場所へ行くことに。
にわか雨なんで移動し始めたらすぐに止みました。というか晴れた!!
近くの駅に着く前には晴れてました。なんだこの天気…。
b0178466_20102831.jpg

まずは向かう途中から脇道にそれて桑を探します。
いい桑はありませんでしたが、ピドニア、ヒトオビアラゲを採集。
b0178466_2093968.jpg
コトヒメハナ?セスジヒメハナ?

いよいよ目的地の土場に着きました。
写真撮り忘れましたが、やっぱしすごい!アカマツと団栗系の材が中心です。
まずはカラフトヒゲナガカミキリを採るためにマツの半枯れの枝を探しますが…無い!!
全く無い!!いっぱい粗朶が置いてあるとこもあったんだけど、なぜかマツがない!!
なんで、仕方なく材を見ていくことに。
探し始めて数分後…。
b0178466_2011206.jpg
カラフトヒゲナガカミキリ Monochamus (Monochamus) saltuarius (Gebler, 1830)

おおーっ、こいつがカラフトヒゲナガか~。カッコ良いな~。大きさはヒメヒゲナガくらいしかないけど、模様はシラフヒゲナガみたいなのが良い!!えらくカッコ良い害虫だな、オイ。
その後エグリトラを1頭採って父に成果を尋ねると知らない内にカラフトヒゲナガとコトラを採ってました。コトラは俺が言うまでコトラと気付かなかったんだとか。やっぱしムキになって探してる人のとこには飛んで来ないのか…?

その後ムツボシタマムシを見つけるも逃げられたり(前来たときも逃げられた気がする…)、変なタマムシみたいだけどゴミムシっぽいヤツ採ったりしてると、俺の前にコトラが!!
材の奥の方に入りそうだったのですかさずキャッチ。前に採ったやつよりは小ぶりだったけど黄色い線がハッキリしている個体でした。しかも完品!前来たのが7月後半だったから3頭中1頭だったんだよなー、完品。嬉しいです。写真はありません…。完全に採集に集中してた…。

その後もう1頭コトラを見つけるも逃げられてしまいました。2度も出てきてくれたのに…。父はもう1頭採集。
1時ごろからは雲が多くなってコトラは二度と現れませんでした。

日が差さなくなるとカラフトヒゲナガがどこからか湧いてきました。中には近くのアカマツの木の周りを飛び回るやつも。
その他オオマルクビヒラタなどを採集。
b0178466_20141624.jpg
オオマルクビヒラタカミキリ Asemum striatum (Linnaeus, 1758)

ラギウムっぽいのを見つけたんだけど、逃がしちゃったのが惜しかったな~…。

2時頃に移動。天気良かったらもうちょっといれたのに…。
最後は帰り道の途中。桑は結構いいまとまりがありましたが、集落のど真ん中。そんなとこにもいるのか…?いたら調べやすくていいんだけどな~。

今回はギガンのいそうな桑も見つかり、コトラやカラフトヒゲナガも採れ、満足できる採集でした。う~ん、木曽谷は行けばなんかいい虫が採れるのがいいな~。
今度木曽谷へ行くのは再来週のゼフ採集になりそうです。場所は離れてるけど、早くゼフが採れたら土場に行けないこともない…かも。

採集結果

ヘリグロベニカミキリ、コトラカミキリ、カラフトヒゲナガカミキリ、セスジ(コト?)ヒメハナカミキリ、アトジロサビカミキリ、ヒメナガサビカミキリ、エグリトラカミキリ、オオマルクビヒラタカミキリ、ナカバヤシモモブトカミキリ、フタスジチョウetc
[PR]

by taiyaki-i | 2009-06-15 20:15 | 採集記